前略、沼の中より

行き着く先がいつもだいたいアラサーな20代女が書き散らかすブログ

「おっさんずラブ」第4話における鬼のようにハイカロリーで個人的な考察

GWが秒で明けて、秒のうちに鈍り腐ったフィジカルとメンタルにバチバチのムチを打ちつつどうにか社会生活を送るエブリデイです。

これで7月まで連休がないと思うと毎週の土日をいかに有効に過ごすかが勝負になってきますよね。人生の勝負。しかしまぁ体がすごい疲れてる。ところでみんな鍼とかやってる?ここだけの話だけど個人的に灸やってる。千年灸。やっぱり人生25年目にもなると、そろそろ首も肩も腰も限界が来てんなっていうのを察しはじめまして。しばらく騙し騙しやってきましたけど、自分血流が死んでもうてんで!と肩からのSOSが強め。何かいい整体とかあったら教えてください。都内の。

 

さて、怒涛の3話をやっと乗り越えたのにぶっとんだ大波ぶちかまされの4話。普通に体力を全部持っていかれました。根こそぎ。

それにしても、おっさんずラブが全7話ってご存知でした?私つい最近知って「オメェこっちが知らぬ間にもう折り返してたな?!?」ってナチュラルにカミナリのたくみくんのツッコミしちゃうくらいのおったまげ。そういえば、たまげるって魂消るって書くらしい。え?おっさんずラブのせいで私の魂が消えるんだけど。テレ朝とアズバーズには責任を取って続編やってほしい。

全7話と知ってから何度か冷静になったんですけど、いや、足りないよね……7話は足りない……せめて10話……なんなら完結しなくてもいい……シーズン16……その頃には林遣都も上手くなってそうじゃん……主に顔芸とかが……。

 

今回のポイントとしては、武川様の独壇場って感じです。私の中で。メインのシーンは色々あるんですけど、武川様がぶちかましもぶちかましで、こっちに死者が出ようがなんだろうが構わずにぶちかます心意気を披露してくださいます。そうです。ついに眞島秀和が!!!!牙を剥くのです!!!これはファンが増える!!!覚悟しておいてよザズウ!!!!

と言うわけで、このブログにおいてまともな文章力とか語彙力とかは一切ないことを今回はあらかじめ書いておきます。基本的にぶちかましてぶっ飛んでるだけのノリと勢いの超個人的な考察と言う名の妄想。そして超長いです。今年一番のカロリーです。ってことでイエーーイ!今週は主に眞島秀和の祭りだよーー!!

 

前回の流れから部長の奥様にはるたんの存在がバレまして、春田は律儀に「はるたんこと、春田創一です……」と自己紹介。ドン引きの奥様。春田にぴったりくっついて離れようとしない部長。これは控えめに言って修羅場です。控えめに言わないとしたら地獄の沙汰。そして、奥様は大事なことに気付く。「これって不倫?」不倫ではありません。

はるたんの存在で大混乱する奥様はこれドッキリ?と辺りを見回しますが素人の修羅場の中にカメラなんてない……まぁすぐそばにはあるんだけども……。

奥様「どういうつもり?私を騙してたの?」「そ!!!そんなことは!!!」泣き叫んで否定する春田。春田から全く離れない部長。

f:id:flatfaces:20180513012227p:plain

部長の表情がマジで超ヤバすぎて、なぜかだんだん私のドライアイが自然と潤んでくるという個人的な事件が起きました。あと改めて見たら田中圭の顔もすごいですね。庇護欲と母性を全部持っていく顔してた。

「私が色々悩んでる時、心の中で笑ってたわけ?!」「ち、ちがいま「爆笑してたんでしょ!!」「違います!!」振りかぶって否定する春田にちょっと同情しちゃった。不覚不覚☆

そして「蝶子やめろ、悪いのは俺だ……」とやっと口を開いた部長にテーブルバーン!の奥様にビビりまくりで跳ねる春田。奥様が問い詰める姿勢になりまして「いつから?いつからなの?」「いつからっていうか、まだ何も始まってません……」「HA?」「本当にまだ何も、いやまだっていうか」「エ?HA??始まってないって何?!」

よしよし、このまま経緯を説明できそうな巻き返しチャンスの到来か!と思われましたが、部長が「お前とのことをちゃんとしてから、そういう風に思ってる」とか言うからチャンスが秒で終わった。秒だった。

混乱の渦に巻き込まれる奥様、頭を抱えます。混乱した結果、メニューを何度かめくって閉じてを繰り返した挙句「卵買いに行きます。ああもう、こんな時間だし、スーパー閉まっちゃうし、行かなきゃ!」という奇行に走る。精神がめちゃくちゃです。かわいそうに……。そして呆然と奥様を見る春田と部長。スッと奥様から目をそらす部長。部長……しっかり……。

ここで突然に差し込まれる牧凌太のイケメンクッキングの時間。視聴者へのホスピタリティ感じる。箸を口にやったりしながら完成した華麗なるスクランブルエッグ。栄養バランスも彩りも非の打ちどころのない朝食です。あれ?もしかして牧ったらサイボーグかな?とか思ってたら、ものの見事な呆然自失顔でパンをかじる春田。「これまで真面目に生きてきた俺の人生、かつてこんな修羅場に遭遇したことがあっただろうか……」そしてキュルキュルキュルと夜へ巻き戻される時間。

ファミレスで部長は「変なところを見せてしまって悪かった……妻とは必ず、きちんと話をするから、もう少し待っててくれ」と春田に謝罪。春田は「そうおっしゃられてもですね、俺は一体……」としどろもどろながらも頑張って言い出そうとするのですが、さりげなく部長が春田の手を取っちゃう。脱力する春田ですがどうにか気を持ち直して「部長、僕は奥様のことを考えると心が痛みます……」と遠回しに言う。ここで部長の手の上に重ねるのどうかと思いますよね。無意識に思わせぶってる。春田が「どうか、奥様とのことを考え直してもらえないでしょうか……」と、言ったところで背後からシャッター音。撮ってる。撮ってるぞ!!奥様が証拠保全を実行してるぞって!!

そして、再びあのパーフェクト朝食のある朝に戻ります。俺はこの先一体どうなるんだ春田???と自問していると、台所でキッチリ洗い物を済ませている牧。どこまでもデキるぞこの男。春田としては、昨日の出来事を牧に相談しようにもあの武川様との一件で牧は怒ってるしな……とふさぎ込むしかない。そんな春田の前にドン!と突然の弁当。「作りすぎちゃったんで良かったら」

……え?嘘でしょ?ねえ、牧?ついに春田に手作り弁当とかやっちゃうの?え?あの屋上で部長に「手作り弁当なんて重いに決まってるじゃないですか!!」とか言ってたのに、結局手作り弁当やっちゃうんだ?!あーーこの男、全然サイボーグじゃなかったね!人の子でした!そんなぶっきらぼうでつっけんどんな言い方しておきながら結局は君も手作り弁当しちゃうんだ!?!って。ぎこちなさすぎる春田の「ありがとう……」に「じゃ、先行きます」って言って家を出る。

ここで牧の手作り弁当を大公開。

f:id:flatfaces:20180513020236p:plain

ちょっと待って。この弁当、愛情がすごいぞ。きっちりとオカズをシリコンのカップに詰め、白いご飯にはふりかけを掛けるこの細やかさは何なのか。……愛でしょう。どう考えたって愛ですよ。逆に愛以外に何かありますか?忙しい朝にこのクオリティの弁当を作るのって愛以外にありますか?ないです。こんなにも強めの愛情の込め方しておきながら「作りすぎちゃったんで良かったら」とか逆に分かりやすいこと言っちゃうあたりが25歳……ちょっといじらしいにもほどが……と思ってましたら、春田が資料を横目に食ってやがる。

ねえ、ちょっと嘘でしょ?この弁当どこからどう見ても、しっかりと噛み締めて味わうものでしょ?え?牧からの愛をちゃんと味わって食べてやってよ!!普通に消化にも悪いよ!!

どこからともなくやってくる瀬川姐さん。奥様は引き続き物件を探しているとのこと。「あっ別に夫に捨てられてざまあみろとか、人の不幸を願ってるわけじゃないから!アハハハ!!!」「めっちゃ願ってるじゃないですか」この時ばかりは春田とツッコミがシンクロしましたね。昔の人は人の不幸は蜜の味なんてよく言ったもんです。

そして春田に弁当について聞く瀬川姐さん「あ、もしかしてちずちゃん?」「いや、あいつこんなのできないっすよ。牧がついでに作ってくれて」「あらあ、まるで奥さんみたいね!牧くん」そのやり取りをものすごい目で見ている武川様……切なさを含む目よ……。

そんなところで前触れもなくマイオアシスこと麻呂ちゃんがガッツポーズして立ち上がります。「春田さあん!!週末に……ちーちゃん(ちず)とぉ、夢の国に、行ってきます☆」と、しっかりデート行きます報告しちゃう麻呂ちゃん。多分そのホウレンソウは必要ないけど、かわいいから許します。それに対し「はぁい」と興味なさげな返事をする春田「え?週末さ、新婚さんの内見入ってなかった?」「あ、それ牧さんに代わってもらったんで」麻呂ちゃん。多分だけどそのホウレンソウが必要なやつだったと思うな。「お前なあ!!!!!」と一発かまそうとする春田先輩に「切り替え大事っすよ。働き方革命って知ってます?」「改革だよ」「ワークライフバランス」「だから知ってるって」「オーケーオーケー」「は?」ここでいきなり春田が猫、麻呂ちゃんの手が猫じゃらしになります。いいコンビだよね。M-1とかは獲れなさそうだけどすごくいいコンビ。そんなコンビ芸の最中に「はいはい、それ以上はパワハラだから!」と瀬川姐さんの助け舟。「いたい……パワハラだあ……」と当たってない手を押さえて去る麻呂ちゃん。「は?!ちょっと舞香さん、おかしいだろ!!!」って、瀬川姐さんのこと舞香さんって呼んでるんですね。さては鈍感の権化でありながら人タラシの権化だ????

そこで新規物件です、と同僚からファイルを手渡されますがイライラして全然めくれない春田。なんだよ……どいつもこいつもめんどくせえ!!と憤りながら弁当を食らう。いやだから!!!味わってよ!!!牧の手作り弁当を味わいなさいよ!!と私が憤ったところで、事件が発生します。

f:id:flatfaces:20180513023155p:plain

ん?

f:id:flatfaces:20180513023212p:plain

なんだこれは???「ここの区分は木造じゃなくて鉄筋だろ」え????この状況に混乱して弁当をのどに詰まらせたりして死にそうな春田。ついでに私も死にそう。

f:id:flatfaces:20180513023545p:plain

f:id:flatfaces:20180513023711p:plain

ここの武川様の「何年使ってるんだよ、このソフト」っていうセリフがエロくて訳が分かりませんでした。「このソフト」のエロさがすごい。前クールに引き続き、さらりと最高の仕事ぶちかます眞島秀和

それから春田は武川様から大した理由(フォントサイズの変更)でもないのに呼ばれ、偶然にしては多すぎる連れションに遭う。プライバシー的観点からスクショを掲載するのは差し控えますが、正直言って6枚はスクショしました。だって武川様が完全に春田の局部をガン見してるから。ここでチラつくのが牧の巨根ですが一旦思いつかなかったことにします。

作業をしている春田のPC画面をのぞき込み、「あれ?なんで全角と半角の数字が混じってんだ?おかしいよな」……いや、もうね、私としましては、眞島秀和氏に「全角」と「半角」と「数字」をエロく言わせたら世界一の称号を獲れる。そういうコンテストどっかでやってません?誰かザズウに教えてあげてください。

 

居酒屋にて。今日の経緯を一通りちずに話す春田。ちずは「春田、それモテ期だよ!!人生で三回あるとしたら、春田の場合は私の知る限り小5のとき、高1のとき、今だよ」「いや今、女子ひとりもいねえ」男からのモテ期に納得がいかない春田。お気持ちは分かる。しかし一回冷静に相手の顔を見てほしい。すごいラインナップだぜ。だからどうしろとは言いませんけども。

春田がちずと麻呂ちゃんについて聞く「え、なに付き合うの?」「いや別に」「お前にああいうチャラいのは合わないと思うけどねえ」「うわ!後輩の悪口!」「休みの日くらいゆっくりしなさい??」もはや何キャラだか分かんない春田に、ちずの兄より「春田、わんだほう今月いっぱいで閉店することになったから」という本当に突然のお知らせ。度肝抜かれる春田。閉店とはいってもリニューアルだと聞いて安堵からの「先言ってよ!!」というキレをかます。閉店パーリーも後日開催。なにやら立ち退き後にはタワマンを立てるらしく、その一階にテナントとして入ることになったとか。今よりも広くなるしとにかく夢がふくらみ、中途半端なメロディーが下りてくる兄。

春田「ねぇちず、閉店パーティーのときお願いがあるんだけど「やだ!!」食い気味のちずに「まだ何も言ってないじゃん!」「なんか嫌な予感するもん」その予感はしっかり的中しまして、「あのさ、その時さ、俺の彼女のフリしてほしいんだよね」問答しつつも全力で拒否るちずであった。

 

続いて部長の家。なんかこのおっさんずラブのスタッフの方、毎度毎度照明とかの小技に対する情熱っていうか作品への愛情がすごくないですか?部長の背景だけライトが♡になるとか、この月からの部屋の照明とか。最高のグッジョブを送ります。

部長が帰宅すると、台所でしこたまキャベツを切り刻む奥様。部長が「蝶子?……今日はとんかつ?おお、おかわり自由な、感じ?」と問いかけますが、とにかくキャベツを力いっぱい切り刻む奥様。刃こぼれが心配。

 

道端サンドウィッチマンな春田と牧。あー立川で中古マンション3950万円か……まあ間取りによっては妥当……と地味に計算してしまう自分がいましたが、突然のスキマスイッチ。本当にテレビ画面を二度見した。それで「また飲みに来ないか?」ってかの神曲のタイトルを織り交ぜてくるスキマスイッチ。あのMV超良いよね。何せ田中圭が出てるし。

スキマスイッチが去るなり、牧が「で、タワマンの話、詳しく」「え?」「タワマン!」このちょっと強めな口調からにじみ出るドS設定。私勝手ながら、鬼も驚くほどの健気なドSという新ジャンルを開拓してくれているんだなって思ってます。

牧「不動産会社どこですか?」「あ、聞いてない」「タワマンってことは、あの辺地主も多いし買収するの大変だったでしょうね」さすがエリート。目の付け所が不動産屋さんだよね。……ん?それ当たり前だな?

そして後ろから突然の「一枚下さる?」。振り返るとそこには奥様「あなたを訴えます。あなたさえいなければ、夫は私の元から離れることはなかった。あなたが30年間の夫婦生活をいとも簡単に壊したのよ。この破壊神!!」奥様に両手で押されてすってんころりんの春田。ここのマスコットがすってんころりんな演出も好きでした。小技に弱いので。

うっかり怪我した春田に甲斐甲斐しくバンドエイドを張ってやろうというところで、武川様の降臨「おいおい、先にちゃんと洗わないとバイ菌をすりこんでるようなもんだぞ」からの「やってやろうか?」。

f:id:flatfaces:20180513032617p:plain

「いや、いいですよ。自分でやります」からの、この顔で「嫌なのか」

……もうさ、どうする??マジ眞島秀和がギアを上げてきたけどどうする?3速から6速って感じだけどどうする??心の準備したところで全部ぶちかまされるので何の意味も為さなかった。

何なんだよ武川さん……!ってなったところで武川様が牧に資料をコピーしとけとの指示。ささーっといなくなる牧を確認したのちに、消毒液を傷口にぶっかける。

f:id:flatfaces:20180513033103p:plain

このシーンで、ん??やっぱり武川様ってどう考えても春田にベクトル向いてなくない?ていうか今週田中圭の顔芸少なくない?って思ってたら、今週の山場パート1が来ました。

武川様「ルームシェア、してるんだってな」春田「エッ」「どうせ面倒なことは全部牧にやらせてるんだろ」「いやいや」「飯どうしてんだ?」「ああ、だいたい牧が作ってくれます」「へえ。どんな?」からの脱脂綿ギュ―――ッってやる。真顔で。怖い……怖いよ……ていうかやっぱり完全に牧の方だ……と思ってたら、春田がふと過去の会話を思い出し、武川さんにはあの牧とのキスのことがバレているのでは?え?嫉妬?!俺をめぐる恋敵だからか!!と春田の中の点と点が繋がる。いやあ、私は違うと思うよ。そこ繋げないほうがいいと思うの。

f:id:flatfaces:20180513033950p:plain

顔芸少なくない?と思った矢先に秀逸な顔芸をありがとうございます。もはや尊いの域です。

 

春田も牧も色々ありながら帰宅。夕飯を囲みます。

f:id:flatfaces:20180513034258p:plain

この絶妙な生活感。もはや癒される。

疲れ果ててため息をつく春田に「濃かったですか、味付け」と聞く牧。これはもう完全に夫婦の状態でしかないよね。次に牧が「破壊神のことですか」と聞くとハッと顔を上げる春田。思い出したように「そうじゃん……」これは完全に牧と武川様のことで頭一杯になってたやつでした。

「訴えるってさ、あれ民事ってことだよな?刑事じゃないよな」普通に刑事訴訟は無理だと思う。「あれは奥さん本気じゃないと思いますよ」「エッ、マジ?」「だって実際に付き合ってるわけじゃないですよね」「いや付き合ってないよ。付き合ってないじゃん!!」「だったら訴えられる筋合いなんて無いじゃないですか。まあ引き金を引いたのは破壊神かもしれないですけど」密かに牧が破壊神にツボっててかわいい。しかし、色々と気が気でない春田は「ちょっと破壊神ってやめてくんない?」って言う。

「まあ結局は、夫婦の問題ですから」「あの奥さん何するか分かんないんだもん……」「まあ、ただ、春田さんも部長に対して曖昧な態度とってるのがよくないんですよ」「曖昧!?俺はっきりしてるよ、気持ちは。ブレてねえもん!」

「でもそれを部長にちゃんと伝えました?付き合う意思はない。恋愛対象としてまずないって、ちゃんと言いました?」

そして極めつけに「はっきり言わないことは、優しさでもなんでもないですよ」

このセリフ、全部牧が春田に言ってるんです。考えられますか?辛すぎて心中お察しとかできないレベル。だって牧はまだ春田が好きなんですよ。もう「普通には戻れない」のに、それでも春田に言われた「友達として今までみたいに普通に暮らす」っていうのを実行してるわけじゃないですか。春田の「お前が必要なんだ」っていう呪縛に縛られながら。いくら自分のことを必要とされていても、春田は自分と付き合う意思はない。ただの生殺しですわ。こんなものは。それで挙句の果てに春田への行き場のない気持ちを愛情満点の弁当にぶつけてしまうなんて……つらい……お願いだから幸せになって……。

 

居酒屋の閉店パーリー。和気あいあいとした雰囲気。今回は部長も参加しています。ちなみに武川様は春田の隣をちゃっかりキープして笑顔でわんだほうしてらっしゃいました。気まずい顔の牧。

いい感じに酔いも回ったところで、あのちずに彼女のフリをしてくれのターン。ちずにメモを手渡す。

f:id:flatfaces:20180513161918p:plain

春田ってトレンディドラマを見過ぎてない?って思ったら彼女らしいことが全然思いつかなかったとか言ってて笑った。どうしても漂ってしまうそこはかとない童貞感。ちずの「特上タン塩をおごってもらわないと割に合わない!」という主張を飲み、実行に移します。

鉄板焼きを持ってきた春田がいきなり「あっつ~~!!!」って叫ぶので、隣にいたちずがフーフーするわけですけども、その反対側にいた牧がしっかり反応していて大変健気でした。可哀想にもほどがある。

フーフーしているちずを見る切ない牧、そして感情が読めない武川様、からの割って入る麻呂ちゃん。そうだよねえ!麻呂ちゃん怒っちゃうよねえ?!と思ったら今日のセーター真っ赤で笑った。スタッフの小技が光りまくり。

そんなこんなで春田が部長に「きちんとお伝えしたいことがあります」と言い、牧に言われたように部長に対してケジメをつけることにする。

そんな春田に「春田!口の周りにいっぱいついてるよ」とちずが声を掛ける。その時の部長の表情が超良かった。表情だけで感情が全部伝わってくるのが本当にすごいです。それで、めっちゃ雑に拭くちずにもうちょっと優しく拭けよ!!と怒る春田。やってらんねー!ってなったちずを引き止めようと腕を掴み、引き寄せてうっかりハグ。あ、あれ?……なんか、あれれ?みたいな空気になる二人。それを目の当たりにした部長は、あっこれはなんとなく察したんだろうな……っていう顔でした。切ないね。

一方、春田とちずの猿芝居を全部まるっとお見通しだった瀬川姐さん。しかも知らないところで新しい恋が始まっていた件。相手はちずの兄。全力で応援します。ここで今週の山場パート2。いきなり来る山場で完全に白目剥いた。

箸を床に落としてしまった春田が、テーブルの下を覗き込む。すると目の前には

f:id:flatfaces:20180513164328p:plain

武川様が、牧の手を、上から、強めに、握りこんで、いる

f:id:flatfaces:20180513164503p:plain

武川様が麻呂ちゃんに「自分が成長していくには~」みたいな大真面目な話してる下では

f:id:flatfaces:20180513164817p:plain

これよ。牧の手はゆるく逃げようとしてるけど、そうはさせまいとする武川様。あのね、とにかくすごい……すごい……エッッロい触り方してんだよね……。

もう一つ特筆すべきは牧の顔。至って平然と超涼しい顔してるところがすごい。と言うことで、とんでもない決定的瞬間を見てしまった春田。

f:id:flatfaces:20180513165404p:plain

え?なにあれ?つって。

家帰って顔を洗ってみるも正気に戻れない春田「なんか俺、すごい動揺してんだけど」動揺しすぎてエアコンのリモコンでテレビつけようとする始末。……あのさ、その動揺、私が解説してもいいかな?それって、牧のことを普通に好きになってたからだよね?何だかんだ言っても牧は自分のこと好きだと思ってすっかり油断してたところに爆弾ぶち込まれたから動揺してんだよね?ねえ!?何なの!!!???……すごく取り乱しました。失礼しました。

ソファーでぐったりしていると、春田がふと気づく。武川様は自分じゃなくて牧だったのだと。そして「え、じゃあ牧も俺じゃないの?!春田の勘違い!?」って。

f:id:flatfaces:20180513170739p:plain

あっ、かわいい。ついに顔芸のかわいい方面も開拓し始めた田中圭

大ショックを受けている春田に牧が「ちょっと話があるんですけどいいですか」って声を掛けます。弱弱しく「明日でもいい?」っていう春田に「だめ!今!」と強めに言いますが、春田はすっかり参ってるんで無理無理と首を振る。「ああ!もう!じゃあ明日ね!!」と強めに言って去る。

昨日からずっと胸がざわついたままの春田、仕事に全然集中できない。「いや、別にいいんだけど……うん、別に……」とか考えてたら事件発生。なんとタワマン建設立ち退きで騙されていた件。なんと実はタワマンは建たないという詐欺。

エリート牧はそのあやしさに勘付いておりまして、周りの店に裏を取りに行っていた。自社が管理している地域がちゃんと頭に入ってる牧……惚れ……あ、あぶなーーー今うっかり惚れそうになった。そして契約書を確認する牧。そしてメロディーが下りてくるちずの兄。ひっちゃかめっちゃかですわ。

家に帰ってきてもう一度確認してみますが厳しい状況。ここで「ちず大丈夫かなあ……こんな時に何もしてやれねえのか……」と心配する春田。いやだから……まぁ、つべこべ言わずに牧の顔を見て欲しいよね。全てが詰まってるんで。

ここでピンポーン。家も店も立ち退きでえらいことになってしまったちずの来訪です。牧はちずのためにせっせとパスタを作ってやりまして「残り物で作ったんで味は分かんないですけど」とか謙遜しちゃうの。感激しているちずに「お前この家に住み着くなよ」とかいう春田。完全に我が物顔です。激うまのパスタに感激しているちずに対して、そうなんだよ!うちの牧すげーだろ?!って。そこで春田が「牧、俺も食べたい」って言っちゃうの完全にアレ。独占欲が丸出し。そんな春田に「あげないよ」っていう牧。フゥウウウウ!!ドSがキテる~~!!!

牧が風呂に入っている時、春田とちずが二人きり。「何だかんだうまくやってそうじゃん」というちずに「いやいや俺はさあ……」顔を見合わせる二人。絶妙な照明の具合。そこで春田が「牧さ、武川さんと手繋いでた」と言ってしまう。このタイミングで風呂から出て、春田の話を聞いてしまう牧……待って……これ以上つらくさせてどうするんだよ……。「盛大な勘違いでした!」という春田に、ちずは「良かったじゃん、一安心だね」って言っちゃうの。これが悪かったよね。これが。完全に牧の頭の中で春田とちずが出来上がっちゃった瞬間。目を泳がせ、自室に戻っていく牧の切なさよ……つらい……。

春田は部長に対してもケジメをつけてくると言い「人としてちゃんと向き合わなきゃいけないんだなって思った」とか言っちゃう。いや、だから!!!!その前に春田は自分の気持ちとも向き合ってくれないかな!!!!人としてちゃんと!!!!

ちずの携帯に麻呂ちゃんから電話が。出ようとしたところで引き止める春田。「今、出なくてよくない?」「え、あ、うん……」は?何これ。すごい弄ぶじゃん。春田って人をすごい弄んでくるじゃん!?!?ついでに「一緒に寝る?」とか言うのマジ軽率。軽率の権化。

 

次の日。部長の奥様にも話をすることを告げて「部長と奥様にはまた素敵な夫婦に戻ってほしいんです」と言う春田……いい奴ではあるんですよね……憎めなすぎて……。

一方、牧と瀬川姐さんであのタワマン詐欺をどうにかできないかと奮闘する。詐欺の証拠でもあればいいんだけど……という瀬川姐さんにひらめく牧。すっ飛んでいこうとすると、そこには武川様が。はい、今週の山場パート3です。

武川様の前を通り過ぎようとする牧に対し「お前は今、不毛な恋愛に足を突っ込んでる……そう思わないか。完全にお前の片思いなんだろ?」「はい」「あっち側の人間を好きになっても、幸せになることは絶対にない」「分かってます、そんなこと……俺が一番分かってます」ここはつらい。つらみのピークが来てる。

「俺なら、あいつと違ってお前を傷つけたりしない」「……ですね」はい、つらみのピーク更新。武川様に会釈して去っていく牧。

前回の予想が地味に当たってました。牧と武川様は付き合っていて、牧が春田を好きになってしまったことがきっかけで別れることになったということがだいたい伺えます。あっち側の人間を好きになっても、幸せになることは絶対にないっていうセリフは刺さったなあ。牧はデリカシー無し男の春田にいくら傷つけられようとも、春田のことが好きなんてさ……つらい恋してんな……。

 

さて、部長と春田のターン。「部長!……あの「うわあああああ!!!聞こえない聞こえないあああああああ」ごめんなさい!!「あああああああああ」崩れ落ちる部長。

f:id:flatfaces:20180513180928p:plain

すごく小技が光っている!!!!物理的に!!!!

泣きながら打ちひしがれる部長「ダメなのは、俺が上司だから?それとも男だから?!ねえ!!!」

f:id:flatfaces:20180513181345p:plain

涙模様……。「部長のことは上司としても人としても尊敬しています!でもそれは、恋愛感情じゃないんです。俺は純粋な部長と部下の関係に戻りたいんです!!!」それから泣きながら言う春田「こんな僕を好きになってくれて、ありがとうございました!!」つらい……。すると、部長はすっと立ち上がり、なんとすっかり部長の顔に戻るのです。ここの切り替えが鮮やかだったなあ。本当にいい上司。泣いちゃう。みんな泣いちゃうよ、こんなの……と思ったら陰で奥様が見守っていた件。何なら誰よりも号泣してた。

 

続いて、あのタワマン詐欺に立ち向かう春田と牧。この牧が首を鳴らして、よっしゃ一発かましに行くか感。ああ、やっぱりタワマン建設も達磨通さなきゃだもんね!!と個人的にテンション爆アゲでした。契約書を見せてもらう二人。サインと捺印バッチリで覆すのがムズイ案件。ここで春田ひらめく。署名の名前が本名ではなく芸名だった。ほらみろ!無効だ!と吠えて大見得切って突き付けますが、それでは覆りません。「はい、それは無理です」冷静な牧、ここで突き付けるのがあのボイレコよ。やっぱり達磨の……いや、牧はそういうとこが違う。

決定的な証拠を突きつけてチェックメイトでした。おい、春田……お前、今完全に惚れただろ……また牧に惚れ直したんだろ……!!!!

帰り道に電話でちずに報告し、盛大に感謝される春田。ちずと春田の「俺とお前の仲だろ?」に軽く傷ついちゃう牧。はーあ、俺も出ていく準備するかな……といった表情です。

部長宅では山盛りのキャベツを持った奥様。泣きながらとんかつを食べる部長。複雑な心境の奥様……もしかして、なんか新しい扉を開いてませんか?

助けてくれたお礼にケーキを買っていくちず。

春田の家では風呂上がりで上裸の春田が「何か寿司でも取らない?」とか言ってますと、牧が「俺、出ていきますね」と言い出すのです。「は?こんな時間からどこ行くんだよ」「武川さんのとこにお世話になろうと思って」「は?何で?」「別に、気分転換です」「……なんで武川さんなんだよ」

牧は春田とちずがうまく行くように、と気を遣ったわけです。好きな人の幸せ願っちゃったりしてたのに、それをガンガン踏みにじるのが春田。もはやそれでこそ春田だよね。しかも無駄にいい体してる。

出ていこうとする牧を呼び止めると、牧が「元カレなんですよ」「……え?」「春田さんは、ちずさんと幸せになってください」完全に自分が仕掛けた罠にやられた件。

f:id:flatfaces:20180513185314p:plain

春田はみんなに諦めてほしくてちずに彼女のふりをしてくれと頼んでおきながら、いざ思惑通りになって牧に「ちずさんと幸せになって」と言われたらこの顔ですよ。あの閉店パーリーのことを思い返してたまらなくなった春田はタオルを床に投げつけて

f:id:flatfaces:20180513185454p:plain

「行くなって!!」「えっ……」二人して頭が真っ白。それでちょっと我に返る春田「……あれ?」

そんな時にケーキを持ったちずが「ただいま~」って帰ってきまして、とんだサプライズぶちかまされる。ケーキも落下。

f:id:flatfaces:20180513185910p:plain

「神様……俺は一体どうしてしまったんでしょうか……」

……えっ、まだ?!この男、まだ気づかないの!?!?好きになってんでしょうが!!!なんならついさっき惚れ直してんでしょうが!!!と、ここで次回に続く。

 

ああ、長かった。書いてた自分もすごく長いなって思っています。だって何度か呼吸が乱れたもん。多分、誤字も脱字もぶっ飛び祭りだと思います。とりあえず武川様への愛だけはここぞとばかりに詰めました。眞島秀和は天才。

しかも次回がまた上を行く波乱を巻き起こす雰囲気出してて、おっさんずラブに魂消される前に息の根を止められるんじゃないかって怯えてます。本当に怖い。

こんな長ったらしいブログを最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。お礼とか何にもなくてすいません。ではまた来週、しっかりと生きてお会いしましょう。

何かありましたらコメントかマシュマロにて。あ、ちなみに頂いたマシュマロはツイッターでお返事しております。ツイート分かりにくいぞ!っていう場合はコメントでいただけますといいかな?なんて思いますが、諸々ご自由に!ありがとうございました。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ