前略、沼の中より

行き着く先がいつもだいたいアラサーな20代女が書き散らかすブログ

「おっさんずラブ」第3話における超ハイカロリーで個人的な考察

世間はGW真っ只中、鬼エンジョイでぶちかましてますでしょうか。

私は今のところGWらしいことをしたかと言えば、仕事して見れない昼間やってるテレビ(主に徹子の部屋)をしこたま見るくらい。

とりあえずGW中の目標は美味しい紅茶とタピオカを気が済むまで飲むこと。鬼エンジョイぶちかましJKやJDに混じって貢茶で飲みました。あの行列さえ無ければ毎日通うのに。しかし先日、妥協してタリーズのタピオカ飲んだけど普通に満足できるレベルだったからタリーズもアリ寄りのアリ。あとは業務スーパーの冷凍タピまで手を広げてます。あれもアリ。

 

どうでもいい私のタピ愛をかましたところで、おっさんずラブ第3話……の前に、先日頂いたマシュマロで「部長がやってることって普通にセクハラでパワハラですよね?」っていうのがありまして。私は部長に対してそんな捉え方をしてなかったもんですから、そう言われればそうかもっていう。理性をかなぐり捨てて全身全霊で人を好きになるのって素晴らしいことであると共にお互いリスクを負うというか、危険なことでもあるよなと気付きました。

しかも春田の場合は、それを何となく受け止められちゃうのがヤバい。部長に対しても牧に対しても、春田の中にある「人としては好き」がどこまで広がるのかっていうのがまた面白くて今後の展開が楽しみなところです。興味深いマシュマロをありがとうございます。いつでもお待ちしてます。

 

長くなりましたが、今度こそ本題。

前回の終盤で、部長の奥様に大きな動きが。奥様は営業所に乗り込んだわけですが、春田はまさか奥様とは知らずに対応します。えげつない鈍感。

広めの1LDKを探す奥様と共に部屋を内見する春田。住民との関り多めと聞いて「テラスハウスみたいね!」という奥様に「そうです!やすらぎの郷みたいな」と言い出す春田。え?私そういう年齢にみられてんの!?失礼な!!と思う奥様ですが、なにせこちらの局がテレ朝ですから。少しだけ多めに見てあげて欲しい。

営業所では武川様がほこりを取る。カウンターの来客の記入表を見て「春田ァ!」と呼ぶも奥様と内見中。ひょっこり出てきた瀬川姐さん「あらやだ!!!!部長の奥様じゃない!!!!」ちなみに部長は国立住み。

不審がる武川様に、瀬川姐さん「一人暮らし用の部屋を探しているという事は……チーン!別居!離婚!」と名推理がさく裂。計算が早い。まさか部長のところに限って!という武川様に「熟年離婚!!!!」と完全な正解を導き出す瀬川姐さん。そんなやり取りをうっかり聞いてた牧が「離婚って……」とドン引き。

内見中の春田と奥様、道端でおばあさんに道を尋ねられる。春田はすぐさま説明してあげますが、バス停のあたりからややこしすぎて結局おばあさんに「一緒に行きましょうか!ね!」って言っちゃう。奥様には「ちょっとだけ待っててもらっていいですか!すぐ戻ります!」って言うけど、おばあさんの足取りからして絶対すぐ戻れないやつでした。笑うしかない奥様。HPにある春田の性格の「お人好し」を思い出す。

内見した物件のベランダで奥様と一緒に「え~~すげ~~~!」って新鮮にリアクションする春田。オーイ仕事中だゾ☆って思ってたら奥様ぶっこむ。「君の会社にはるかさんっていう子いる?」と、果敢にも不倫相手を探す奥様に「私共の営業所にはいませんが……」と応える春田。じゃあ本社にいないか調べてくれない?という依頼に安請け合いする春田。NOと言えない日本人。

~この時の俺は、戦慄の泥沼離婚騒動に片足を突っ込んでいることに、まだ気づいていなかった~……と、春田も言ってますが、今回の騒動はマジで泥の加減がすごかったんで、とりあえず楽しんでいきましょう。ウェーイ。

 

営業所のミーティングで牧をチラ見する部長。あっこれ完全にピリついてる!あのケンカの尾を引いてる!!っていう顔で二人を見る春田。ここの目の泳ぎ方が天才の田中圭

本社からはおひとり様、独身者向けを強化するようにとのお達しがきたとのこと。キャリアウーマンをターゲットにしてオフィス街の宣伝に力を入れたい武川様「麻呂、サンドウィッチマンやってくれ」サンドウィッチマン??な麻呂ちゃん。「春田も付き合ってやってくれ」という武川様に御意!な春田。

麻呂ちゃん「いやサンドウィッチマンってどっちやればいいんすか?」春田「どっちって何だよ。漫才じゃねえぞ」「……ウン、ちょっと何言ってるか分かんないっす」「なんだよ!お前が勘違いしたんだろ!今!」ここで春田がトミーの伝家の宝刀ボケを理解してたかどうかは微妙だけど、私も麻呂ちゃんはトミーだと思うよ!ちなみに私トミー派!そんな完成度微妙なコントを見てクスクス笑うみんなの中、一人明後日の方向見てる牧……切な……。

そしてキャンペーンのお疲れ会を春田に任せる部長。席を立った部長の手が牧の肩に当たる。これはわざと。絶対わざとだよ。そういうのはよくないぞ!!部長!!!さすがに公私混同の私情はさみ揚げ!!

思わずビクッとする牧に「ごめんな」と言いながらそっと肩に手を添える。ああ、いじめないで……どうか牧をいじめないであげて……傷ついてるから……ほぼ毎日春田のせいで傷ついてるんだから……。ミーティング終わりにみんなから囲まれる春田。牧は席を立ち席に戻っていきます。元気出して。

「どうだったの!?どんな様子だった?!」と問い詰められるも全然ぴんと来てない春田に武川様が「いやいや、奥さんだから。部長の奥さん!!」「エェエエエ!?!?」仰天する春田を押さえつける武川様。「離婚の素振りあった?」と瀬川姐さんに聞かれ「エッ!?!?」と仰天する春田。

f:id:flatfaces:20180506011712p:plain

この顔芸めっちゃ気に入った。もはや気安く顔芸とか言っちゃいけない気がしてきましたよね。だからと言って別名が思いつかないんで顔芸でいきます。

部長から打ち明けられた「離婚の話をしてきた」というのを思い出して呆然とする春田。女性問題か?不倫か?ドロドロ~!フゥウウウ!!!と話が膨らんでいき「相手は誰だよ!?」と激おこの武川様。え?そんな怒る?すごい沸点低くない??と戸惑ってたら麻呂ちゃんが「この営業所の中にいたりして……」と的確な推理をさりげにかます。もう完全に気が気でないので、えっ相手俺やん……と白目剥く春田。武川様に「くれぐれも下手な真似はするなよ!」とくぎを刺される。

全然関係ないけど、この時の麻呂ちゃんのセーターがパステルイエローちゃんでテーブルの黄色い花がいい感じに被ってて紅一点♡って感じになってた。そしてさりげに春田の肩に手を置いてる麻呂ちゃん。

部長の奥様の物件探しをする=離婚の後押しをする?という図式に、ホワイトボードの前で舞うように困惑する春田。えええ?!と困った先にいた牧にすがりつく。選りによって牧を選ぶあたりが本当に春田。「どうしよう!?」な春田に「知らないっすよ、離してください」と腕を払う。ここで思い返すあのデコちゅーと「普通には戻れないです」と言う言葉。「なんだよお……結構普通じゃん……!」っていう春田。あ~~~察せてねえ~~~やっぱり察せねえんだわ~~~。多分あの麻呂ちゃんのトミーの伝家の宝刀なボケも察せてなかったなと確信しました。すると、武川様からの「牧、ちょっといいか」とお呼び出し。とりあえずついていって牧のジャケットの後ろめっちゃ引っ張ってアピる春田。いやもうね、ここまで来ると才能だと思うの。鈍感の権化的な存在もやぶさかじゃない気がしてきた。渡辺淳一もびっくり。

武川様「これ更新されてないんじゃないか?」牧「あっすみません」「何でだ?」「すみません……」まったく踏んだり蹴ったりの牧に、しつこく春田が必死に助けを求めます。牧は「もう何なんですか?!切り替えてくださいよ」とあしらう。そんな二人をチラ見する武川様。もうこの辺からガンガン予感してきますよね。ついに刀抜いちゃうぞって。政宗だけに。自分でもちょっと何言ってるか分かんないですけど。

 

居酒屋でお疲れ会を開いた春田。部長は急に来れなくなっちゃった展開。いやあ、武川様のスーツ姿って本当に惚れ惚れとしますよね。性癖です。瀬川姐さん「やっぱり奥さんと揉めたりなんか!しちゃったりして!ハハハハ!!!!」ここの高笑いでスピーカー音割れしました。発声がすごい。みんな舞台で培っちゃってるから。

ここで麻呂ちゃんのゆとり感ぶちかましの展開「あ、春田さん。チャンジャ」「なんで俺に言うんだよ」「え?幹事なんすよね?」「そうだけど、腹立つなあ!!」「お願いしまーす」もう私としてはパステルイエローちゃんだからオールオッケー。

瀬川姐さん「家では全部牧くんにやらせてるのよね?」という大爆弾のぶちこみ。ちなみに牧はずっと料理を取り分けています……涙が出そう……。「いやいや!やってますよお!」と説得力0の反論する春田。ていうかいつの間に同居がバレたの???と思ったら麻呂ちゃんが「どういうことっすか?」って超かわいい顔で聞いてくれました。

f:id:flatfaces:20180506014959p:plain

目とか口とかかわいいけど、その箸の持ち方は何なんでしょうか??まあかわいいからオールオッケー。

瀬川姐さんが「ルームシェアしてんのよね?」と大々的にばらす。「は、はあ……」と気まずさ丸出しで頷く。多分春田がペラったと思う。麻呂ちゃん「めっちゃ仲いいっすね!」武川様「楽しそうだなあ!ハハハ!」武川様がめっちゃ笑ってるしめっちゃ声通る。やっぱり舞台控えてるからでしょうか。スッと武川様から目線をはずす牧が隣の人に取り分けた皿を渡す……切ない。よく分かんないけどとても切ない。とりあえず律儀にオーダーしに行く春田、そして牧に声をかける武川様。

ちずの兄がとんでもないクエン酸ぶっこみカレーを作っててカーニバル開催してた。カウンターでため息つく春田にちずが「でたあ、春田の疲れたアピール」と呆れ気味。そして春田が部長の件など今日の出来事を相談します。離婚の理由は知らないみたい、という春田に「そりゃあ部長さんも全部は言えないんじゃない?」「どういうこと?」「だって、理由を言うってことはカミングアウトするってことじゃん」「……そっか」「普通の不倫よりは重いわな。しかも相手が春田でしょ?ないわ~~」

ここからカミングアウト問題の本格化。

部長の家では奥様の問い詰めタイムでした。「なんか言ってよ!」とクッション投げられても何も言えない部長。ただただ謝罪。別れる理由が知りたいという奥様に、言い出せない部長。これは割とつらい。

止まらない奥様「この30年なんだったの?なんでも言い合えるのが夫婦なんじゃないの?」とは言いましても、夫婦だからこそ言えないこともあるんじゃないかなって……私(スーパーシングル25歳)は思う……。何も言わないなら探偵とか興信所使うぞ!という妻に戸惑う部長。「理由も分からないのに別れるほど、私物分かりよくないから!財産のことだってあるし、私にだって……私にだってプライドがあるのよ!」と泣きながら言う奥様。つらい。葛藤する部長、絞り出すように言い出そうとしますが「うわあああ」ってなって結局言えず。あーここ普通につらい!

居酒屋に戻りますと、ビールを運びつつちずに「春田、ちょっと開いたグラス!」とこき使われていました。まるで熟年夫婦状態のふたりに瀬川姐さんが「二人はお付き合いしてるの?」とまたもやぶっこみます。切れ味の鮮やかさが抜群。「いやいや、幼馴染なんで」と否定する春田に、麻呂ちゃん「からの~~?」というダルノリ。「ないない。俺もっとロリで巨乳ちゃんが好きだから!」と理想の胸を手で見せつけながら再び否定。ロリで巨乳を好むヤツにろくなやついませんし、巨乳のことを巨乳ちゃんって言っちゃうヤツにもろくなやつはいません。これは偏見です(2016年のデジャヴ)。

とはいっても幼馴染とくっつくよね~っていう瀬川姐さんに「絶対ないです」っていうちず。そこですかさず麻呂ちゃんが「マジで俺、狙っていいですか?」とアプローチ。

f:id:flatfaces:20180506021702p:plain

からの「すいません!顔がドストライクです!」っていう麻呂ちゃんの顔が私はドストライク。そしてちずとあっさりと連絡先を交換できてうれしそうな麻呂ちゃん。よかったね。LINEふるふるしてるところで春田が「あれ、牧は?」と聞きます。武川様と外に出て行ったと聞いて、ちらりと様子を見にいっちゃう。

牧「……ということです」武川様「説明になってないだろ!!!」激怒。なんかその辺のもの蹴ったりしてものすごい激怒してる。牧になんの説明を求めたんでしょうか。やっぱりここは牧が春田と同居してたっていうところの説明かな?だって他にないもんね。とりあえず謝る牧に「そんな報告で通用すると思ってんのか?」と噛みつく武川様……ん?報告?ってことは、牧は武川様と既に付き合っていたんじゃないか説。牧の入社当時らへんに付き合ってて忙しくなって別れて、牧が本社から営業所に来たことでヨリを戻そうとしてるとか。まだ牧が春田を好きになってしまったことは知らずに。それなら個人的には合点いくんだけどどうだろう。

……もうね、正直言って全然分かりませんよ。私は勝手に武川様は牧を気に入ってると思ってるけど、やっぱモテ期の春田なのかもしれない。分かりません。分からないからこそ、このドラマ見るの超楽しいです。

 

春田家に帰宅。帰り一緒にスーパーかコンビニ寄ってたの地味にキュンとした。「風呂、先入っちゃっていいっすよ」牧がかもし出す生活感。しかし武川様とのアレが気になってしまう春田は「なあ、なんだったの?さっきの」と素直に聞く。「ああ、大した話じゃないんで」とかわしますが、相手は鈍感の権化です。「なあんだよ~、俺とお前の仲だろ?相談してみ?」……このデリカシーのなさ。いや、まず「俺とお前の仲」ってどんな仲か言ってみ?まさか友達とでも言うんじゃあるまいな?普通に戻れないって話聞いてた!?ねえ!!って話ですわ。春田はすっかり戻った気になってるんでしょうけど。「ああ、ありがとうございます。でも大丈夫です」と心のシャッターを下ろされて「ええ……でも相談してみればいいじゃん……」と小さい声で言う春田。いや春田、なにを勝手に寂しくなっちゃってんだって。すると部長からのお誘い。両手で返信する。全然かわいいとか思ってません。思ってませんので大丈夫です!!!

 

翌日。サンドウィッチマンやらされる麻呂ちゃん「これ超ダサいじゃないっすか……これ知り合いに見つかったらマジ悲劇っすね」そういえばサンドウィッチマンって生で見たことない。外出てすぐ外そうとする麻呂ちゃんに「外すなよ!」っていう春田。麻呂ちゃんのことはお見通し。すると、奥様からの連絡で「あああ……気が重いぃ……」な春田。

f:id:flatfaces:20180506024145p:plain

田中圭が確実に顔芸で一時代を築こうとしてる。顔芸の仕事がめっちゃ来そう。顔芸の仕事……?

そこで救世主。牧が「俺も一緒に行きましょうか」って。牧は健気さの権化。「え!いいの!牧~~!」って喜ぶ春田に「牧!!」とブチ切れの武川様。ツカツカと歩いてくるんですが、まあ足が長いから一歩が大きいんですぐ来る。遠近法が狂いそう。何やら書類の綴じ方が間違ってたらしく「すぐやり直せ!」と突き返します。「あっ……」てなる牧に、春田が「いいよいいよ!俺一人で行くから」と残念ながら牧を手放すことに。今回は武川様の勝ち。

大きめのグラサンにトレンチでいかつめの奥様にサンドウィッチマン春田がかけつけると「夫から離婚を切り出されたの」と打ち明けられますが、心の中で知ってますう~~ってなる。「この前話したはるかって女!」それは俺ですう~~「今まで私に嘘なんてついたことなかったのに……今までの主人を変えてしまったはるかのことは絶対に許せない」スナイパーさながらの奥様に身震いする春田。まずい。このままでは奥様にしめられてしまう。はるか探しを協力してくれと頼まれ、タイミングよく部長からのメッセージに極限状態に追い込まれます。

f:id:flatfaces:20180506025400p:plain

見事な極限状態。これはもう田中圭っていうか、人間ってこういう顔できるんだ?

うっかり協力するってことになってしまい、悩む春田。部長の相手は俺です!と言うにも付き合ってるわけじゃないし、俺が勝手にカミングアウトするわけにもいかないよな……「マジで板挟みじゃ~~ん!!」身も心もサンドウィッチマンになりました。

だいぶどうでもいいけど立川の物件を豊洲らへんの海沿いでサンドウィッチマンしても捕まんなくないですか?狙うなら中央線で新宿とかじゃないですか?とか考えてたら、何やら視線を感じて振り返る。陰にはスーツの足元……めっちゃ良いふくらはぎ……。

営業所に帰ってきた春田が疲れたアピールしながら牧のデスクの付近を通る。これはうざい。春田は牧に「手伝おうか?」って言ってあげる。牧はバッサリと「いいです」と突き放しますが「手伝ったら半分で終わるじゃん」

春田って鈍感の権化だけど、手伝ったら半分で終わるよとか言ってあげるところは良いんだよね。人として弱いからこそ、周りに対して自然に優しくできちゃうみたいなところあるよね。食い下がる春田に、一瞬だけ牧が武川様のことをめっちゃ見る。何となく見る春田。全然察してません。

並びが50音順じゃなかったのでファイルを並べ替える武川様に春田が話しかけます。「牧のことなんですけど、何かうまく行ってないんすかね?」「ん?」「何か最近ちょっとつらそうにしてるから……」ここで武川様の眼鏡上げタイム、ありがとうございます。

f:id:flatfaces:20180506031004p:plain

鋭い眼光。そして「牧がつらいって言ってるのか?」圧がすごすぎてさすがに春田にも伝わる。もちろん圧だけ。「いやいやそういうわけじゃないんですけど、俺のフォローがよくないのかなと……」「牧はよくやってるよ」あれれ?なんだ?俺の勘違いか?ってなる春田。

武川様は俺の気持ちがつらいってことか?みたいな気持ちになってると思う。ヤバイぞ。

そんなところへ奥様からの連絡。今日の8時にデートがあるらしいから部長を尾行してほしいと。今日の8時は春田と会う約束。なんてダブルブッキング。しょうがなく本社前で奥様と共に尾行をする春田、部長が出てきたところで急な腹痛。33歳は仮病が通用しない年齢です。

上機嫌な部長はにっこにこでお店へ。六本木?どこ?尾行相手と待ち合わせるというカオス具合に白目剥く春田。当然のことながら、待てど暮らせど"はるか"が来ません。だって春田だから。

春田はとりあえず部長に連絡して都合がつかなくなったって言ってたら余裕で見つかる。そして、部長から中間報告を受ける春田。とりあえずペンディングの状態(保留)なんだそうです。すると部長が「はるたん……会いたくて会いたくて……震えちゃった……」と春田の手を取る。ここにきて西野カナパワーワード。「部長、だめですよ、部長」と気が気でない春田が手を離そうとしますが「ちゃんとするまで待ってくれって言ったけど、食事するくらいならいいかと思って……いいよね!?」という部長に軽率に頷く。この鈍感で軽率でロリの巨乳ちゃん好きを凌駕もしくは相殺するだけの魅力とは一体?

f:id:flatfaces:20180506032610p:plain

やっぱり顔かな。顔がすごくいいもんな。

そんなこんなで奥様がトイレより帰還。なーにバレてんだ!と文句を言われ、続いて部長がトイレ。今のうちに奥様を店から追い出すぞと急ぐも、鉢合わせの危機。とっさに横へ飛び込む春田と、ボーイからトレイを奪って隠れる奥様。奇跡。ここで春田が部長に「急用を思い出したので帰ります。すみません」とメッセージ。しゅんとする部長……かわいそうに……。

帰宅した春田が定位置のソファーにダイブして靴下脱ぎ散らかしてぶん投げたらそこには牧。「なに余計な事してくれてるんですか」

f:id:flatfaces:20180506033334p:plain

あっ!!これは牧のドSの顔!!!

「武川さんに俺がなんか困ってるって言いましたよね」「え?いや、なんかさ、最近武川さんに絞られてんのかなと思って」「だから?」ドSだ!牧のドS!!

「俺も先輩だし、なんか力になれることないかなあと思って……」「いやいや、なんでそれを武川さんに言うんですか?はあ……いや本当マジ、デリカシー」「武川さんって潔癖みたいなところあるからあんま気にしすぎないほうがいいよって」「俺のことなんかほっといてくださいよ!!」「ええ?!そんな悪いことした?!」悲しいかな、鈍感の権化には全然響きません。「あーあー、はいはいそうですね、もういいです。ありがとうございました!」ドSも終了。短い命でした。

牧はこの期に及んでまだ友達として!とか言ってる春田への気持ちをどうにかしようと考えてる時に、武川様からヨリ戻さないか?って言われて悩んでいるとする。春田を好きな気持ちは残ったままだけど、可能性ないのに春田を好きでいるわけにもいかない。それなら自分を好きになってくれた武川さんとくっ付けば、春田さんが言う友達に戻れる……?って色々悩みまくりのときに、このデリカシー無し男が武川様に「牧めっちゃつらそう」とか言うんで全部ぶち壊し。

でも春田的には牧のことを思って言ったのになんでそんなこと言われなきゃなんねーんだという気持ちを持って居酒屋へ。そこにはパステルピンク麻呂ちゃん。俺のテリトリー荒らすなよ……ってなる春田。テリトリーでガツガツとちずをデートに誘う麻呂ちゃんにげんなりして店を出て行こうとすると、ちずの兄に引き止められる。

f:id:flatfaces:20180506125333p:plain

ちょいちょい挟まれるフリーアンジャッシュ児島タイム。それに顔芸で太刀打ちしようとする田中圭。今のところ勝ってます。

牧とのケンカの経緯を聞いたちずは「私は痴話げんかにしか聞こえなかったけど」そうだといいんですけども……。「お前こそ麻呂に気に入られてるじゃん!」「えー遊びじゃん?」と冷静に言いつつ「え?なんで妬いてんの?」っていうちず。貧乳に興味ねえから!という春田に「はあ?脱いだらすごいんです!!!ぷるんぷるんだから!」と手で表現。よくやってくれるだーりお。

続いて、部長の超サービスシャワータイム。そのすきに浮気の証拠を探す奥様。間接照明がすごい。奥様の気持ちに合わせて色がグラデになって変わるライトが赤くなるっていう演出。トリッキーで好きです。

奥様から春田に電話が。ついにバレた……?な春田が奥様から呼び出されてファミレスのアゼリアに駆けつける。ついに、はるたん観察日記を見つけてしまった奥様「はるたん、はるたんって……たんって何!?」それな。

しかし「主人の幸せ考えたら、はるたんがそんなに好きなら……こっちが引くしかないのかもしれない……」という奥様に、春田は「何も言わずに身を引くのは間違ってると思います!奥様の気持ちをちゃんと部長に伝えるべきだと思います!!」しかし私にもプライドがあるの、という奥様。走って奥様を探す部長。春田は泣きながら「30年間も一緒にいた夫婦じゃないですか!部長は現実から背を向けるような男じゃないと思うので!」と熱く説得。春田っていいことは言うよね。いいことは。

春田の言葉に心を打たれた奥様「君って本当にお人よしね……」

春田「いや、俺は違うんです、俺はお人好しとかいい人なんかじゃないいい~~~うえ~~~ん」号泣。自分のせいで部長と離婚されたらヤバイと思って、奥様を引き止めるようなことを言った自分に自己嫌悪。

というところで部長がアゼリアに到着。号泣する二人を前に大焦りの部長。状況を知らなければ完全な修羅場。ここでついに勝負を決める二人。今週の山場です。

離婚の理由を知りたいという奥様に、部長は奥様への気持ちに変わりはないが「好きな人が、出来たんだ……すまない」と告げる。すると奥様「相手ははるたんでしょ……」力強く頷く部長。「どこの子なの?」目線を春田に……苦し紛れの「サラダバー取ってきます」で、私の心の腹筋が割れた。どうにかしてサラダバーを取りに行こうとする春田を押さえつける部長に奥様は「はるかさんとは別れられないの?」と言う。「はるかじゃない、はるたんだ」「どーーーでもいいじゃないそんなの!!!」しかしそこが重要。

「どこの女よ!」「女じゃないんだ……はるたんは、女じゃない……はるたんは……男だ……今まで言えなかった……すまん!」ついに本当の気持ちを告げた部長。「蝶子のことは本当に大切に思ってる。だからこそ、本当の俺を知ってほしい……」込み上げてくる不思議な感動。度肝抜かれる奥様。

「俺が好きなのは……」春田を見る部長。今にも死にそうな春田をガッと抱き寄せて「彼なんだ」と告げる。奥様「まさか……君の名は?」春田「……はるたんです……」

f:id:flatfaces:20180506140608p:plain

ヒエ―――!!!と言う事で次回です。

意図せずカロリーがすごいことになってしまいました。見るだけでも体力使う。土曜日でよかった。

そして次回も予告からして激のアツだったので今回を凌駕する感じになりそう。とりあえず私は!!!牧の幸せな顔が見たいです!!!見たーい!!!

今回も長々と大変失礼しました。最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた次回。何かありましたらマシュマロかコメントまで。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ