前略、沼の中より

行き着く先がいつもだいたいアラサーな20代女が書き散らかすブログ

「おっさんずラブ」が連ドラになって帰ってきたので第1話における超個人的考察

ここ数日でブロアク(ブログのアクセス数)が、万アク(1万アクセス)を爆超え(大幅に超えている)してて、ちょっとはてなさん!これバグじゃね?!(すみませんはてなブログ様、このアクセス数はバグが起きているのではないですか?)と思ったら、おっさんずラブのせいでした。

どうやら深夜に2016の年末のやつを再放送してたらしい。おっさんずラブでググってみると不思議なことにこのブログが検索結果上位に出てて、あらやだ皆さまうっかりアクセスなさりあそばせてる。大したことを書いてなくてすいませんね、本当……。

今回は単発からの連ドラということもあってなのか、なかなかプロモーションに力が入っていて六本木のデジタルサイネージとか、渋谷のエレベーターとか、西武池袋線のラッピングトレインだとか色々やっててすごかった。きっと出たんでしょうね。そこそこの予算。

私が一人で年始に開催したTVer再生回数ガン回しウィークも功を奏したでしょうか。これからも回していきます。だって我が家で視聴率を計測してくれないからやるしかないよね。今週も回すぞ〜〜。

おっさんずラブ|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

 

 

さて、やっぱりおっさんずラブの妄想とか考察とかなんかもう色々好き勝手やるんですけど(初回から一万字を超えている)、正直まさかの月間の万アクの爆超えでビビってる。何回もアクセス数のところ更新してみたけどマジで超え方が爆でいってんすよ。公式に見つかったら気まずくないかな?とか思ったんだけど、応募した試写会はあっさり外れましたし、冷静になったらそんなものは取り越し苦労に過ぎないので気にせずいきましょう。このドラマは楽しんだもの勝ちです。見るときのテンションはブチ上げ。ドラマ見ながら食べたいのはから揚げ。イェア。

 

冒頭、何やら仰々しいBGMと逆光からの春田創一(田中圭)。なんだか忙しそうに仕事が出来そうな電話対応してやんの。からのキビキビした武川政宗(眞島秀和)が指示を出してたり、不思議な愛嬌とにかくブチかまし芸の瀬川舞香(伊藤修子)、3000万円の物件をサクッと売ってウェイな栗林歌麻呂ちゃん(金子大地)。そして完全にデキる部長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。

私は改めてキャスティングについて一言物を申したい。これは激アツ。最高だと。なんという勇気なんだと。まずここに吉田鋼太郎を持ってくる勇気が最高にパネエ。

単発の時にも見ていて思ったことなんですけど、このドラマの作り手が楽しそうで何よりですよね。セクシャリティについてはデリケートなところだったりもしますけど、これはいい意味でちゃんと面白がっていて、エンタメとして面白いものを作っていこうっていうのがいいと思います。私はとても好きです。大人が全力で真剣にバカなことやってるのってなんかいいんですよね……少年の心的な部分がくすぐられてしまう……。

さて営業所としての目標を達成したことで部下を褒め、甘んじることなく会社を牽引する存在になろう!と職場の士気を高める部長。いい。そして営業成績が伸び悩む春田にもちゃんと挽回のチャンスを与えてくれる部長。とってもいい。それで「期待してるぞ」って言われて書類を落としてしまう春田、拾ってあげる部長。そして触れる手。何てことなく立ち去る春田を目で追う部長。ここはさすがの吉田鋼太郎大先生、そのへんの表現力は天下一だもんな。

仕事終わりにせっせと合コンに出向く春田たち。「春田創一33歳!恋がしたい!ので、肘なめま~~す!」……まあ当然のごとく場はややウケ。そしてアパレル女子相手に「CAさんっていいっすね~~」とか言って早々にやらかすの巻。いやお前CAって言ってたじゃん!?と大焦りの春田さん、どうやら自分の肘とかなめる前に一回り後輩からベロンベロンになめられてました。お疲れ様です。

続いて自己紹介した牧凌太(林遣都)は本社勤務の超イケメン。林遣都って、やっぱり顔がすごくいいんだよね。苦し紛れのセルフフォローも虚しく終わった春田のターンとは打って変わり、イケメン!と色めき立つ女子。春田創一さん、残念ながら今回も早々にあっさり負け戦決定です。お疲れ様でした。ぶすっとした顔で牧に「……はじめましてぇ」と挨拶する春田。一方「よろしくお願いします」とニコニコの牧。こういうところに差が出てるんですね。

最後に栗林歌麻呂ちゃんの自己紹介。春田を同じ営業所の同僚と紹介し「いや一回り上!」と律儀なツッコミ。さてはこれ毎回やってんな。「ちなみに春田先輩はマザコンです」「ていうか俺、上司な!上司!」「彼女は5年いません」ドン引きする女子。多分この流れも毎回やってんな……と思ったら案の定、運命の恋に巡りあうために何回も参加してるっぽくて笑いました。

一方、良さげなレストランで結婚30年を祝う部長と奥様。そしてバラの花束を渡す部長。いい部長でもありいい旦那でもある。「あなたと結婚してよかったわ」と幸せそうな奥様。しかし何となくパッとしない表情……これは悩んでる……絶対悩んでる顔だもん……心配……。

 

合コンはカラオケ二次会に突入しようというところで、呂律も回らず自分で立てないくらいぐでんぐでんになった春田。やはり序盤に負け確定してやけ酒のコースだったんでしょうか。それとも調子乗って飲みすぎっていうあれでしょうか。そんな春田を抱きかかえて介抱してあげるイケメンの牧。そんな中でスマートにタクシーを止め、春田をタクシーにぶち込んでシートベルトまでしめてあげる。何やら吠えてる春田はタクシーと共に去る。

見送りながら牧が一言「こりゃあモテねえわ」

牧を見ながら私が一言「こりゃあフラグだわ」

春田みたいな男ってまあ確かに万人にモテはしないかもだけど、放っておけなくて気になってしまうんですよね。分かる。そういう男が年上だったりすると尚更そうなるよね。これもまたギャップなんでしょうか。

そして帰宅した後の玄関から廊下に行きつくまでの春田が超面白かったのでそこだけ3回見ました。あの動きのGIFが欲しい。

翌朝、今までのダメっぷりが頂点に達してついに堪忍袋の緒が切れたお母さんから「このままじゃダメになる!あんた今すぐこの家出ていきなさい!」と言い放たれた春田は、まともに取り合わずにいると「じゃあお母さんが出ていく!」「どうぞ!」って言っちゃう。安定感のある顔芸が見られて嬉しいです。「お母さん本気よ!!」「ウルサァアアイ!!」と裏声で応戦する春田。これはマジもんのろくでもなさ。

そして二日酔い気味ながら仕事に遅れないよう朝からガンダッシュする春田。悔しいけど全然かっこいい。普通に。だって田中圭だから。どれだけろくでなくても見た目は田中圭だから。どうにかバスに乗って息を整えていると、隣に立っていた女性から突然の痴漢騒ぎ。「えっ……」と戸惑う春田、「触りましたよね!!次で降りてください!!」と攻めの姿勢を崩さない女。これはもう絶体絶命かと思われたところで、救世主が現る。なんとバスに居合わせてた部長。運だけはいい春田。女に対し春田の潔白を証明してくれた部長に半べそ状態で感謝。ふえ~~ん!よかった~~!と安堵したところにバスの運転手が急ブレーキ。よろけてハグする二人。これはもう春田の運がいいのか、部長の運がいいのかがよく分かりませんが、ハグした時の顔がすごかったので私の中では部長がラッキーだったんだと思います。でもうっかりスマホ落としちゃってロック画面が大口開けて麺類を食らう春田っていうのが春田にバレる。思考停止。この春田の困惑している時の顔が凄い好きです。ていうかその写メのチョイス、なかなか独特じゃない……?

 

会社での朝礼で、クレーム報告の中で麻呂ちゃんが道に迷って物件にたどり着けなかった問題が浮上。あ、これから栗林のこと麻呂ちゃんって呼びますね。てか栗林って読み方……クリリン……って思っちゃって、そこからドラマの内容がちょっと入ってこなくなった。無駄にトリッキーな名前だね、麻呂ちゃん。しかし既に麻呂ちゃんにだいぶ愛着が湧いてるこの現象は一体何だろう?「なにやってんだよ麻呂~~」っていう武川様。あれ、武川様……麻呂呼びなんだ……ふーん……。

「春田さんがくれたマップが間違ってたんです」としゃあしゃあの麻呂ちゃん。春田は自分でもちゃんと確認しろって!!と言いますが、なんなんすか?!と逆ギレをかます。今の若い子は怒鳴るとすぐ辞めちゃうから!と瀬川姐さん。私、伊藤修子さんのこと好きなんでこのポジションは嬉しいです。大喜利が面白いから。あと私と大学が同じ。

「はあ!?こいつが怒鳴ってきたんですけど!?」っていう春田に麻呂ちゃんは「辞めますよ?辞めますよマジで」とか小さい声で言っちゃうのかわいい。麻呂ちゃんはただ素直に謝れないだけなんだよね……これがバブみかな……と思ってたら新しい仲間がやってくる。牧です。

ここでちゃんと春田にしっかりアイコンタクトしていくあたり、抜かりないぞ、牧。入社3年目で仕事ができるエース。そんな牧にぴょーんと体当たりしに行く春田。なんだこの心の距離の詰め方。

春田は部長から春のキャンペーンの引継ぎを頼まれて、部長のパソコンからデータを探していると、謎の意味深フォルダ「spring」。開くとそこには春田の隠し撮り写メが死ぬほどぶっこまれてる事件。その中にはロック画面にしてた麺を食らう画像もあったね。ちなみに私は窓際で遠く見つめてる写メの方が……いや、待って。こんなフォルダをデスクトップにさらっと置いちゃう部長、とんだうっかりさんでした。

嘘だろ?!と言いながら自分の隠し撮りをクリックする手が止まらない春田。これ夢?夢ェ?と思いながらトイレで春田創一の自問自答大会開催中のところで、後ろから部長が迫る。

部長「……見た?」「いやっ見てないです」

勇気をもって一歩前進する部長「見た?」「見てないです」

一歩どころか全く歩みを止めない部長「ていうか何を?」「わっ、分かんないすけど、見てないです」「そう……」

と言うわけで、ここから一気に始まる春田のモテ期。おっさんずラブ。ここで一旦お知らせしますが、ここまで開始10分です。ボリュームがすごいな。

 

さて、牧にポスティングのポイントを先輩風をビュンビュン吹き回しながら指南する春田パイセン。ドヤりながら「やってみー」っていう男子高校生感。ポスティングしてたマンションの管理人さんとばったり遭遇して、春田がもういい歳だからってお見合い話まで持ってくるレベルまで打ち解けてることにニヤニヤする牧。「次は大丈夫だから!あなたの好みの大きいの!」っていう管理人さんに「いや違う、俺が好きな大きいって言うのは胸だからぁ」と大真面目に申告する春田パイセン。そこで頷いてる牧。これ完全に心のメモ帳にメモってる。「春田さんは大きいのが好き」ってメモったよね??ねえ牧??

その後も相変わらず先輩風ビュンビュンな春田は「営業所は町とか人が好きじゃないと成り立たないからね~~なんつて」など、どことなく薄ら寒みのあるテンションで言ったりしてますが、牧くんは春田に尊敬のまなざしを向けます。「成績ドべだわ。嫌味か?」ってネタっぽく言う春田……。

突然の武川様からの電話。なんか麻呂が担当のマンションでトラブったらしいけど、あいつ何言ってるか全然分かんねえんだよってことで、春田が行かされる羽目に。ポスティングを任せて向かうとガチギレの住人。なんとなく謝ってるけど反省の色がない麻呂ちゃんはすぐスマホ見ちゃう。春田がこいつの人生観変わるくらいお仕置きしとくんで!!って言って丸く収める。……え?春田パイセンってそんな引き出し持ってるんですか?

 

夜までかかって会社に戻る春田パイセン。なんなんだよこいつ~~と文句を言いながら営業日報を開くとめっちゃ丁寧な部長からのコメント。字が超キレイ。やっぱりユーキャンかな?

他の人の日報には書かれていないことを知り、本日第二回春田創一の自問自答大会の開催。すると目の前に部長。これは心臓止まっちゃう系のサプライズ。すぐさま自問自答大会を再開。もしも部長がその気だったら、俺は部下としてどう対応したらいいんだ!?とか考えてる最中に、死ぬほどフリスク出して食べる部長。耐えられなくなってヒャアアア失礼します!!と会社を出ますが、春田!春田ァ!!!と追いかけてくる部長。いや発声。吉田鋼太郎の発声の無駄遣い。ここまで清々しい無駄遣いを久しぶりに見ました。

ギリッギリでエレベーターを閉める春田、部長からの「クリーニングのタグついてるお」えっ。ちょっと待って。部長はなんて不器用で繊細な男なのか。クリーニングのタグが付いてるってのを言うためにブラインド閉めて、死ぬほどフリスク食べてたと思うと、その不器用さに泣けてくる。部長頑張って。

家に帰って来たら母親はATARU君と輸入雑貨の店を開くために出て行っちゃってた。ふんわりと頭をよぎっていく中居正広の顔。他局。

自分の家のトイレットペーパーや洗剤の場所は分からないし、冷蔵庫には大根が一本。どうしようもないので居酒屋へ行く春田。その居酒屋は幼馴染の兄が経営するお店。サバサバ系の幼馴染、荒井ちず(レプロのだーりお)も働いている。飲み会で体触ってきた取引先の偉い人をぶん殴って辞職し、転職活動中。「誰でもいいから早くもらってくんないかね」という兄。さりげなく「じゃあさ、俺と結婚してみるう?」っていう春田に「やだよ~家事が増えるだけじゃん!」とバッサリ。ちずは結婚するなら執事みたいなイケメンって決めてるんですって。人生って常に超ハードモードだよね~~。

 

帰り道、ばったり牧と遭遇する春田。ウォーイ!つって。異動してから家探し中の牧。さらっと牧が持ってたビニール袋の中を見て料理すんの?と聞く春田。なんか無意識にこうやってさらっと相手との距離を詰める……君って無自覚にそういうとこあるわ……。

「簡単なものしか作んないっすよ。今日はから揚げです」「すげえじゃん!揚げ物すげえじゃん!!」完全に頭の中がから揚げでいっぱいな春田、あることをひらめく。「牧!あ…よかったらさぁ、うちに住まない?」と勢いに任せてルームシェア持ちかけるわけです。牧は「急ですね。あっ、から揚げ目当てですか?」「ばれたあ?」……あの、なんか春田って語尾がゆるいよね。そういうゆるゆるで隙だらけのところも春田の魅力です。だって私もう好きになってる。

数日後、わりとすぐに引っ越してくる牧。段ボール持って「これどこ置くぅ?」って聞くのが不覚にも可愛かったです。いやでも見た目が田中圭なんだから当然か。超マメで家事万能型の牧に軽く感動しつつ、二人の生活が始まっていきます。早々に洗濯で「マジ、ティッシュ」「ごめん……」とか、「ちょっと、お菓子こぼすとかガキじゃないんですから」「ああ、ごめんごめん」とか、牧と春田のパワーバランスが徐々に均等になっていきそうなところがポイント。そして数日ぶりの栄養バランスが抜群である料理が並び、下降の一途をたどっていた生活レベルも向上して大満足。

会社の昼休み、牧と一緒に昼食を食べながら割り勘でVRを買いたいという春田。完全にエロ目的のVR購入に「そっちかい!目的は……いらない!」と一蹴されます。すると背後から張り込みの刑事ばりの部長。突然の爆モテはつらいな。

部長に関して不安定な気持ちを抱えていた春田でしたが、奥様と仲良さそうに歩いていたという瀬川姐さんの報告にすっかり安堵して解き放たれる春田。なぜかとってもアヒル口。「自意識過剰にもほどがあるゾ☆」つってたら、日報開いたら部長からのまさかの待ち合わせ。

そこで部長が持っていたのは花束であった。のけぞる春田。完全に結婚30周年の奥様に渡したやつの倍以上あるバラの花束。からの「好きです!はるたんが、好きでぇえええす!!!」直球ストレート150キロの告白、やっぱり発声がすごい。

「ずっと自分の心の中だけにしまっておくつもりだった。でも、写真見たよねえ?見たでしょ?はるたんの写真!!!」発声に併せて圧もすごいので、涙目であっさり認める春田。「だから、自分に嘘をつくのをやめようと思ってさ!!!」突然頭を下げる部長に死ぬほどパニくる春田。部長は自分には結婚していて妻がいることを告げて「だから、俺がちゃんとするまで待ってほしい……春田、俺に時間をくれ!!!」と言ってバラの花束ドーーン。「ありがとう!!」と言うなり去っていく部長。なんのありがとう!?いやちゃんとしなくていいから!!!と頭を抱えたい春田は、さすがにいきなり牧に相談するわけにもいかないのであの居酒屋でしこたま飲むことに。

ちずは「よかったじゃん!春田が告られるなんて何年振り?誰かに思われるってありがたいことじゃん?」とレモンサワー片手に笑う。「いや相手部長だよ!?」と頑なな春田に「好きになるのに、男も女も関係ない」と言い切ります。「嫌いなの?その部長さん」「上司としては尊敬してるし、部下の面倒見もいい。好きだよね、人としては」「じゃあ問題ないじゃん」いいぞだーりお、その勢い保っていこう。

結局酔いつぶれた春田を家まで運んであげるちずに「こいつねえ、俺に惚れてんだよ!へへへ!」「はあ!?何言ってんのよバカ春田!」セリフだけなら少女漫画です。そこで、ちずが「好きでもない人に迫られて困ってるんだって!」って言った後の牧の「え、何ですかそれ」っていう声のトーンよくなかったですか?え、何それ?俺の気持ちがバレてるってことか?いや、それはないな……つーか俺、春田さんからそんな話一言も聞いてないんだけど……っていう気持ちが見えてくるようで、さっすが林遣都だなって感じ。妄想ですけど。

それで、部屋でぐでんぐでんの春田がいきなり牧に何かを手渡します。プレゼント!と言って渡されたのは、虎の巻って書いてあるから虎なんだと思うけど虎と言うには大変微妙なイラスト付きの資料。これまで培ってきた営業のノウハウだとか、お客様の細かい情報が書いてある冊子。嬉しさを噛みしめる牧。とてもかわいい。

 

出勤すると、チラシの地図を間違えるという春田のケアレスミスが発覚。「お前何年目だよ!!」と怒る武川様。麻呂ちゃんが「うーわ、春田さんのせいで詰んだって感じっすね。大変だ、これ」と容赦なく攻め立てます。そこで部長はそれぞれに指示を出し、春田を手伝ってあげる……と、ここで二人きりであることに気付きまさか策略では?とこんな時なのに疑心暗鬼モードに入ろうとしやがって、その流れで作業中に思わず部長と手が触れて飛び跳ねる春田。飛び跳ね方が面白すぎるのでこれもGIFでほしい。あの、もう一人でやるんで……と言われたときの部長の寂しそうな顔……かわいそう……。

どうにかチラシを修正し、わさわさと着ぐるみを着る春田。端では麻呂ちゃんと武川様の小競り合いが。「どうしても間に合わないっすよ!」「それでもやれって言ってんだよ!」「だって春田さんのせいじゃないっすか!」小競り合いの間でなだめようとする瀬川姐さんに武川様が「ちょっと二人で話をさせてくれよ!」……ん?……ここで二人だけで話する必要……あるか。あるよね。あ、あるある……。

そこで部長の鶴の一声「もし、逆の立場だったらどうだ?春田がお前を責めると思うか?」「いや、責めないと思います……」「いいか、成功か失敗かは最後に決まるものだ。これくらいのミスで失敗に終わるような俺たちじゃないだろう!!」抜群に鼓舞がうまい部長。感動に包まれる。

すると、何やら設営がぐらついているのに気づきます。近くには部長。これは危ねえぞ!!!!と春田が駆け出し、なんと部長の身代わりに設営の下敷きになっちゃうっていう。ええ?こんな急展開あるんだ?!?と度肝抜かれました。どうやらそのまま病院に運ばれたようで、状況を連絡をする牧。待合室では「なんてことだ……なんてことだ春田!!!」と、完全に舞台俳優が丸出しの動揺をかます部長。診療室から出てきたナースが「まだ若いのにね……」なんていうのでより心配になる二人。医師は「できることはやりましたが」と言って去る。「できないことがあったんですか?!?なんてこった!!」とまたもや発声が舞台俳優が丸出しの部長。マジでこれすごい贅沢なことやってんな、テレ朝。

急いで診療室に入ると、ナースと普通にキャッキャしてる春田「なんかね、無傷だって」衝撃の無傷。「俺、脳年齢85歳だったんだって」それはそれでかなり深刻。若いのにってそっちかよ!なった牧がどうしようもなくなってドンと春田を突き飛ばしちゃう。「もう俺どうしようかと思ったんですよ!」とガチで心配した気持ちを春田にぶつけます。そんな牧に「牧もそんな顔すんだね」って言うのがマジ……春田のそういうところ!!!!なんか無神経に気持ちを弄んじゃうところがマジでそういうところ!!!

取り乱した牧がやや我に返り始めたところで部長がIN。予想の斜め上行く取り乱し方する部長に、牧に席を外すように要請。

f:id:flatfaces:20180422215956p:plain

泣きながら春田に抱き付く部長。「無事でよかった……」と言われ、今までの部長を思い返しながら部長の頭を撫でる春田。抱き付きながら、これは脈ある……?という顔の部長がすごいです。

続いてシャワー浴びてる春田、体の仕上がり方が丁度いい。単発の時はまあまあバキバキだったんでこれくらいが丁度いいよね。個人の感想です。部屋では何やら物思いにふけってる牧、ふと春田の営業日報が目につきます。こっそり読む牧、コメントには部長からの猛烈アプローチ。ここでハッとするわけ。ちずの言葉「好きでもない人に迫られて困っている」……好きでもない人って部長だったのかよって気付いちゃう。

一方、部長は家で奥様に土下座。っていうかあの満月と思わせての、部長の家の間接照明っていうカメラワークが地味に気になりました。トリッキーだな。「俺と離婚してほしい」といきなり言われて動揺。「あっ女!?女がいるの!?」と詰め寄る奥様に、ただただ土下座……部長……。

春田はシャワー浴び終わって牧に「牧~~バスタオル取ってくんない?忘れちったあ」って言ったら、すりガラス越しにバスタオル持ってる牧がやってきます。ドアを開ける牧。あ、ここで副題の「OPEN THE DOOR!」が効いてくるのか……からの壁をドン。おっと、これはまさか「好きだ」「え?」あ、くるぞ……これはあの、伝説のやつが……「春田さんが巨乳好きなのは知ってます。でも、巨根じゃだめですか」

はい、今回も頂きました。単発だった時も一回集合をかけてますが、今回も一旦集合しとこ。まずは私、牧くんに話がありまーす。多分あの初めてのポスティングの時に、君の心のメモに強めにメモってしまったんだと思うんだけども、別に春田は何でも大きいのがいいってわけじゃないと思うの。だから君が持っているアレが大きいからと言って、それをアピったからって好きになってもらえるってことは考えにくいよね?というか逆にビビっちゃうよね?現に春田は困惑しながらも君の下半身をちらっと見てる。だからどうか一度冷静にご検討のほどよろしく……とか、のんきに考えてたら、やりましたね。牧のヤツが。

f:id:flatfaces:20180422220427p:plain

いやーーー、顔に降りかかるシャワーを物ともせずに。なかなかガッツリやっちまいましたよね。ぶっ飛びアグレッシブ牧凌太、見所あるう。突き飛ばす春田。びっしょびしょの牧。そして次回へ。

 

私、単発の時に気付かなかったことにひとつ気付いたんですけど、部長はこのドラマのヒロインなんですよね。春田のヒロイン。一方で、牧は春田を守りたいと思っている。おそらく部長と牧の中での春田の捉え方に大きな食い違いがあるんですよ。予告で牧が「部長には春田さんを守れません!」って言ったのが決定的な感じで。これで春田がどういう立場に回るのか、春田がどう変わっていくのか、これから先の展開で非常に見ごたえがあると思いました。あーめっちゃ面白くなりそう。

あと、個人的推しの武川様と麻呂ちゃんは、春田との勝手な三角関係に持ち込まれそうな予感してます。厳しいことを言いつつ麻呂ちゃんを気にかけている武川様が、だんだん麻呂ちゃんが春田に心を開いていくところでジェラるパターンとか、何かそういうのありそうじゃない?無いかな?とにかく楽しみなことが多い。

えー、初回からこんな調子に乗ってぶっ飛ばしたペース配分で大丈夫なのかな?とは思っていますが、まあこんな感じに好き勝手ゆるくベラベラやっていきます。最後までお付き合いいただきありがとうございました。大変長々と失礼いたしました。来週も超楽しみ。

何かありましたらコメント、マシュマロ、お気軽にどうぞ。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ