前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

この世はあまりにも生きづらい

さよならって言えなくてごめん。まだ悔しくて腹が立ってしまってごめん。物分かり良く、あなたのことを見送ってあげられなくてごめん。遺書を読めば読むほど、誰かが引き止められたんじゃないかって思えてしまうのが嫌だ。誰かがここに繋ぎとめようとした手を振り切ってでも遠くに飛び立ったあなたは、本当に幸せになれたのか、そんなことを考えてしまって本当にごめん。


 
いやあ、縁起でもない本当に嫌な夢を見ましたよ。あのジョンヒョンがそんなこと、あるはずがない。いつもキラキラしていて、才能に溢れて、他者に与えてばかりで自分が不幸になるくらい優しくて、末っ子のテミンが大好きで、感情を乗せて人の心を揺さぶる歌を歌うことができる、そんなジョンヒョンが、まさか。
18日の夜。Yahoo!ニュースに「SHINeeジョンヒョンが自殺」という見出しがありました。は?いやいや、何だよその見出し。まさかなんかの新しいコンセプト?ふざけやがって。悪趣味にもほどがある。そうしてニュースを開いたけど、頭の中が理解することを拒むようで何にも分からなかった。ジョンヒョンって、あの、SHINeeのジョンヒョンのことなのか、それともどこかにいる違うジョンヒョンの話なのか、それすらも理解に時間がかかる。パソコンがデータを読み込むように頭がぐるぐる回ったまま。
SNSを開くとそこはジョンヒョンの容体についての情報が溢れかえっていて、嘘なのか本当のことかわからない言葉が飛び交っていた。とめどなく流れ続けるタイムラインをひたすらスクロールしているとき、まるで濁流の中にひとりだけ放り出されたみたいだった。困惑や混乱とも違う、妙な焦りにも似た感情が腹の底から迫り上がってくる。
 
SMエンタが公式にジョンヒョンの死を発表した時、また深く嫌な夢の中に潜り込んでいくようでした。
私はSHINeeだったらキーくんが好き。いつもキーくんの近くにいたジョンヒョン。ソロ曲のチョアとかデジャヴとかダウンロードしてめちゃくちゃ聞いてて、やっぱりすごいなあと思ったんですよ。ジョンヒョンは天才だ。SHINeeってすごい。こんなに多様な音楽性を持つアーティストでありアイドルであるなんて、本当かっこいい。真面目で勤勉な優等生。みんなどこに出しても恥ずかしくない。周りが不安定な時もSHINeeだけは安定していて、最近不穏な動きはあったけどそれでもSHINeeは5人。1人欠けるようなことがあっても、4人がちゃんと5人であることを存在させてくれるグループ。SHINeeはSMエンタの唯一無二の奇跡だ、なんて皮肉交じりに思ったこともありました。
でも、当然のことながら全てが順風満帆なわけがなかったんですよね。目に見えていなかっただけで。

ジョンヒョンは孤独だと言っていました。いくら周りに人がたくさんいても、ジョンヒョンの心に寄り添ってくれる人がいなかった。常にそばにいて欲しかったはずの家族、そして家族同然のメンバーや親しい友人ほど、心に取り憑いた闇を打ち明けられなかった。つらくて苦しくて悲しくて寂しくて冷たいところでずっともがいていた。夜は眠れないし、いくら悩みを吐露しても死にたくなるくらい。生きていることが死ぬことよりもずっと苦しかった。本当は苦しんでることに気づいて欲しいのに、知られることが恐ろしくて自分から言えなかった。誰にも知られずに、ジョンヒョンだけにしか分からない何かに雁字搦めになってしまった。

何をすれば正解なのか、これ以上に何を求められているのか、こんなにも苦しいのに生きることだけが正しいことなのか。自分以外何も見えなくなるほどに追い詰められていたんだと思うと心底やるせない。そして、もしジョンヒョンを追い詰めたのが音楽だったんだとしたら。

 

才能なんてものは、必ずいつか枯れる。全てにおける才能は永遠に湧き出る泉なんかじゃなくて、知らず知らずのうちに消費されていくものです。

だから、才能の代わりになる"経験"があります。努力を重ねて勉強をしながら、才能を使っていたところを今度は自分の経験で十分に補っていける。積層された豊かな経験は才能のように無くなることはない。だからジョンヒョンは自分の才能や将来を不安に思ったり恐れることなんかひとつもなかった。実際、ジョンヒョンは今まで休みなくストイックに努力して音楽と向き合ってきて、グループやソロで豊かに経験を積んで、世界中のファンに愛されて認められて評価されているわけだから。

大きすぎる孤独とは戦わなくてもいいと言ってあげたかった。あんなものとまともに戦って勝てる人なんかほとんどいない。何もかも全てのことから逃げたってよかった。もっとサボったり道草してもいい。それは決して悪いことや無駄なことじゃない。たとえ休んで立ち止まっても誰もジョンヒョンを責めたり咎めたりしなかったと思う。こんなにも頑張ってきたんだもん。それに周りはジョンヒョンの才能だけを愛していた訳じゃないと思う。顔、性格、声、仕草、ジョンヒョンの全てが愛されていたこと、頭が良くて察しのいい君ならちゃんと分かっていたと思う。

 

これが夢ではなかったんだと頭で理解してからは悔しくて悔しくて、ジョンヒョンの冥福なんか祈ってたまるかと思っている。悔しい。私とたった3歳しか変わらないジョンヒョンが、自分の手で人生の幕を下ろすと言うことが現実に起きたなんて。なんなんだよ。なんで心が優しくて正直で真面目な人ばかり追い詰められて、最終的にこんな選択しなきゃいけなかったんだよ。そりゃあ腹立たしいですよ。こんなふざけた世の中で苦しめられて、優しくて真面目で心が美しい人が割りが悪い。神様は人間よりもずっとわがままで欲張りだ。

もしジョンヒョンが自分でしたことを少しでも、意識を失う前の一瞬でも、後悔してたんじゃないかと思ったらめちゃくちゃ腹が立つ。もっとやりたいことたくさんあったんじゃないか。アイドルとしてだけじゃなく、ひとりの人間としての人生をろくに歩まずに幕引きなんかしやがって。そんなのアイドルとしてあまりにも綺麗すぎる。


だけど、ジョンヒョンのことはジョンヒョンにしか分からないことです。冥福なんか祈らないって言ったけど、やっぱりジョンヒョンには幸せになってほしい。ずっと幸せになりたかったんだもんね。ジョンヒョンにとって暖かくて安心できる場所で、大好きな家族や友人と自由に楽しいことだけをしていくことは、もうこの世じゃ叶わないことだったのかもしれない。

 

いやあ、本当にこの世は生きづらい世の中です。こんな私でさえも毎日朝と帰りの満員電車に揺られながら、この世って心底生きづらいところだなって思うんだもん。でも私はこんなにも生きづらいからこそ、この世で生きていく価値があると思っています。今、私がどんな些細なことでも喜びや幸せを認識できているのは、この世に生きているからこそだと信じている。だってそうじゃなきゃ。

 

最高のアーティストであり最高のアイドル、ジョンヒョン。どこにいようともジョンヒョン自身が幸せでいることを願ってやみません。ご冥福をお祈りします。

今までありがとう。よく頑張ったね。本当によくやった。お疲れさま。これからはずっと自由にジョンヒョンの思う楽しいことだけをしていけますように。