前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

アイドルを夢見る少年が覚醒する瞬間 〜PRODUCE101 season2〜

すっかり干上がったと思われた沼が私をズブズブ飲み込んでおります。単刀直入に言えばK-POPに出戻りそう。

ま~~韓国って恐ろしいことやりますよね。PRODUCE101です。

いや普通に考えてドルオタみんな好きでしょ。この番組は。みんな好きでしかないやつでしょ。このドキュメンタリー大好き女は、放送のタイミングからだいぶ遅れて足元を掬われました。恐ろしい………。

練習生を選抜してデビューさせるっていう番組が始まるのは知っていて、そこにデビューしてる人たちも参加するっていうニュースを見ました。そこにNU'ESTの名前があって、あーそうか……と複雑な気持ちになっておりました。

何を隠そう私は日本でデビューした時くらいにNU'ESTに興味があって、このブログにも記事を書いたことがあったのです。内容はとても薄い。

これを書いたのが21歳…え…???

 

当時はやっぱり外見が美しいみんなの姫ミンギさんが好きで、でも日本語が堪能だったガチめのトンペン・ミニョンさんもパネエと思っておりまして、無駄にディープなゆるふわっぽいアニオタJRのダンスが好きでした。好きなアニメがちょっとコアすぎて若干引いたけど、JRのダンスは好みだった。

どうやら彼らがデビューした当時にも感じていたようですが、ちょっと同期が圧倒的で埋もれちゃうんじゃないかな…という懸念。特にEXOは強すぎ。あとBTOBもうまくやってたし、VIXXもめちゃくちゃうまくやってた。荒波という荒波をガンガンクロールしていってたイメージある。

やはり日本と本国のバランスが重要になってくるじゃないですか。いくら円が稼げていたってグループの人気を保つには本国での活動を疎かにしたらまずい。本国のサポートあっての日本活動だっていうのにね…おいこらプレディス…。

で、そこを上手くやったのがセブチでした。まあ見せつけるがごとく最高のバランスでやってのけましたよね。本国でアルバムを良いペースで出して、日本でもコンサートやって…っていう。なんでこれをやらなかったかね?????え????やればできるんだからその辺考えてやろ?!?!

…今更感情的になったってしょうがないんですけど、やっぱり悔しいところはあるよね。後輩のセブチみたいになりたいなんて言わせてどうするんだっつって。マジみんなでクプスの気持ちも考えよ。

 

他にもデビューして参加するグループの子たちはいましたが、やっぱり一番ショックが大きかったのはNU'EST。だって本国で彼らは全然知られてなかったんですよ。マジしっかりしてプレディス。先見の明あるのに生かしきれないのとかマジしっかりしよ。よろしく頼むよ。

しかし練習生の間ではプレディスのNU'ESTは知られた存在で、これから有名人が来るぞとかささやかれているのもなかなか。それでも練習生としてやらなきゃいけない。葛藤と諦めみたいなものがないまぜになったようなミンギさんやドンホの顔よ。組分けの時のミニョンさん課題曲全然踊れてなくて衝撃。

JRのリーダーという重い十字架を背負って立ち向かう姿は頼もしかった。本当はそんなに強くないのかもしれないけど、自分はグループのリーダーで、アルバムの利益が出せなかったのは自分がリーダーとしてしっかりやれなかったからだ、なんていう責任を感じていたわけです。つらい。どれだけ苦しんだことか。メンバーが一様に苦しんで悩んで心の中でグループ解散までのカウントダウンをしていたんだと思うとさすがにつらい。

でも、そこで腐って全て投げやりになってしまうような人たちではありませんでした。プレディス先見の明。日本での活動だって地味なものだったり、あんまりやりたくないようなことも真面目すぎるくらい真面目に取り組んできた彼らは、他の練習生たちから慕われておりました。JRはやっぱりここでもグループのリーダーで、できない子がいれば根気強く寄り添って教えてあげる場面はぐっときた。JRいなかったらこの番組成立しないんじゃないの?????って感じだったわ。ま、贔屓目です。

 

NU'EST以外で言えば元プレディスのサムエルもいて、キューブからやってきたひよこちゃんたちは最高にかわいい。そして成長が早い。ユソノにたらふくご飯を食べさせてやりたい。クァンリンが父とそっくりなのマジ萌え案件。

最初のセンターを務めたデフィは私が結構好きなタイプのあざと強かさで大好き。デフィなら絶対勝てると思ったわ。あと将来は社長になりたいセウン先生と個人練習生ジェファン先生は大物感満載で見ごたえがありました。セウン先生が面白すぎて。

最終的に一番ぐっと来たのはペジニョン。超絶サクセスストーリー。最初のパフォーマンスで審査員の顔を見れなかったペジニョンが……最後には立派にセンターをやってのけて……そして見事に11人に入りましたよ。まあそもそも…君は顔が可愛いからさ……何も不安に思うことはないの…とりあえず自信を持ててよかった。

 

事務所でヤバいなと思ったのはブランニューやMMOとかマル企画とか色々あるけど抜群のウィエファ。これは相当強い事務所。可愛い子しかいなくてゾッとした。ジャスティンの顔がマジ超やばい。アンヒョンソプも将来が有望すぎるよPICK ME UP。ウィエファに伸びしろしかない。

あと実力のファンタジオからやってきたオンさんにリア恋状態です。モテしか感じないもんね。普通にモテでしょ。wikiのモテの項目にオンソンウ書き加えたいくらいモテ。

モテといえば神田ニエル、いやカンダニエルに言及しないといけないところですよね。あの釜山訛りめっちゃずるくないですか?怖いわ。あんないやらしいダンスに加えて、あんな柔らかい顔して……女を手玉にとるタイプ。間違いないわ。奥様、気を付けて。それでいて、ひとりで練習してたオンさんに声かけるとか……モテにモテが……類友……というかお調子者のオンさん意外と人見知りするのマジ萌え案件(その2)。

唯一の日本人練習生の高田健太くんは、放送分量のせいなのかちょっと印象に残りづらいな~とは思ったけど、歌もダンスもバランスよかったなあ。だから中上位圏に残ってきたんだと思うんですけども。やっぱり何と言っても彼自身がオタクだから魅せ方すごいうまいんだよね~~~オタクの好きなもの知ってるから~~~。努力の賜物ですね。

ソクフン先生(実は大本命)やユミ先生が推してくれていたように、すごい可能性がある感じがして今後も応援したい。やっぱり何だかんだいっても、当事者(オタク)だから見せられるものがあるよね……。

まだまだ好きな子たちがたくさんいるんですけど、1ピックするならオンさんかな♡ポッピン踊る人とても好き♡ポッピン習いたいクァンリンも好き♡あーだめだこれは♡

そういえば私LDHからクランプというダンスのジャンルを知ったんですが、マジでノテヒョンのクランプめちゃくちゃにかっこよかった。衝撃受けた。HOTSHOTもファイティン!!!

 

と言うわけで、この番組からWANNA-ONEというグループが生まれ、すでに広告に起用されるなど大人気の様子であります。

これは一応ドキュメンタリーだけど、バラエティ番組。全てがノンフィクションと言うわけではないのはさすがの私もわかります。どんなにひどい編集でもなんでも、練習生たちがこのプログラムに参加することに大きな意味があったんだと思います。理解あるいい先生たちに囲まれ、豪華すぎる作曲家陣が手がける曲を歌って踊れる機会なんて無いんだろうなーって思います。全てのプログラムを通し、練習生たちの何かしらの自信に繋がって自分の未来が明るく感じるような変化が誰にも起こっているのはすごく良かったです。

だってデビュー出来てない練習生だからと言って、何もかも未熟かと言えばそうではない。デビューした人たちよりも出来ることもある。何か出来なくても周りが助けてくれて出来るようになる。自分なら出来ると信じる。

どんな歌やダンスの技術にもまさるのは、自分自身を諦めないことなのかなと学びました。やらずに出来ることなんてたかが知れているんだから、出来ないことをやって、やりまくって、嫌になるまでやりぬけば、少しは出来るようになる。誰かによく頑張ったと褒められて自信がつくと、もっと出来るようになっていく。

練習生たちが成長し、覚醒していく姿を見て、色々と考えさせられました。私も何かチャレンジしてみないとな〜と思ったりなんかしちゃったりしました。まぁ何にせよ人間は自信持たないとまっすぐ前を向けないものですから…(突然の戯言)

 

とりあえず私は沼の中でオンさんとクァンリンに両足引っ張られながら生きます。

そしてNU'ESTの怒涛の反撃も期待。