前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

第一回ボイメンの推しを決めよう会議

新参者として順調にボイメンを勉強しています。こう見ますと、本当に世の中には色んな男がいるんだなって思いますよね。なにせ35億だもん。お察しの通りBGMはDirty Work。35億。

とりあえずご指南いただいたものや片っ端から動画を見、ラジオを聴き、ブログを読み、ワールドワイドウェブって最高!!!!と3分に1回は感じつつ、何となく全員のキャラやスタンスなどを掴めたような気がする。もうそろそろ推しを決められるレベルまで到達してるんじゃないかと思った次第であります。別に無理して推しを作る事もないとは思うんですが、やっぱり推しがいることによって焦点が定まる。ただでさえ散漫なんだから目線を向ける基準があったほうが楽ですよね。

………というわけで、満を持して私による私のための私の「第一回ボイメンの推しを決めよう会議」を開催しようと思います。

これまで色んなグループを好きになってきましたが、どうやって自分の担当・推しを決めたのかをあんまり意識したことがなかったので、今回はちょっと会議を開いて決めようじゃないかと。今回の会議に参加するメンバーについては割愛します。強いて言うなら私だけ。哀れみなどは不要です。慈悲はください。

 

さて、まず、その人の顔を好きになれないことには推しにもできない。何を見るにしても基本的に推しを視界の中心に据える訳ですから、顔・見た目は非常に重要。一口に顔とは言っても、とにかく造作が整ってるかどうかというよりはずっと見続けていたい顔かどうかである。もちろん表情も含めて。そのうえで内面がどうなのかっていう話になります。だって人は見た目が100%ですから。あ、ブルゾンちえみドラマ出演おめでとう。

やっぱりパフォーマンスでいうと、体の構造をよく理解して踊ってる人が好き。あとはよく分からぬ独特の世界観があるとか、なんかちょっと惜しい…とか、ワードセンスに優れてるとかの個性を感じてピンときた人を推す。そういう流れでやってみます。頭に思いついた順で。


トータルとして見栄えのよい水野さんがひとつ抜きん出る。導入として適しているシュッとした顔。何となくサッカーっぽい顔だなと思ったら本当にサッカー歴13年だそうで。完全にでしょうね案件。飼い犬のチャムを可愛がってるところはもうどう考えたって子煩悩パパなのポイント高め。そして目指す先が大泉洋。予想外の方向性でした。そうか、あなた大泉洋なのか。あとちょっと気が強そうな顔してるところが好き。生意気っぽい目つきがね。「うるせえ!!!!俺の意見が正しいに決まっとるやろ!!ぜってー曲げねえ!!かかってこいや!!」という方向性の気の強さを感じる。真っ向勝負バチバチスタイル。たまりませんね。私はそういう人をコテンパンに言い負かしたいタイプです。だけど、ハートはすごく繊細な感じしますわ。これは母性本能を引きずり出すポイント。男気が強くて頼もしいリーダーのビビりで寂しがりやな一面?ギャップは効くね。私はそこそこ効きました。


次点、辻本さん。そもそも辻本さんってすごくうるさいけどなかなか可愛い顔してません?すごくうるさいけど、顔をまじまじと見てみるとなんか普通に可愛いよね。本当にすごくうるさいんだけど、眉毛を八の字にして困惑してる時の顔が超犬っぽくて何とも可愛いなって。あれは柴犬かな?ビーグル犬かな?とにかく愛され顔。すごくうるさいことに変わりはないけども。私はとにかくうるさいのがとても嫌いなんですが、なぜか辻本さんは受け入れられる感じがある。何ならクセになってきている。誤魔化しきれないしおらしさ的な…。辻本さんは「ビジネスうるさい」みたいなところあるじゃないですか。まぁ…ただちょっと気になるのは、ちょいちょい垣間見えるM具合よ。周りからイジられたりしてるのを見てますと、表情に悦が見える瞬間とかがあって……いやもう、悦はちょっと……。特に水野さんからツッコミが入った時の顔。君、相当分かりやすいよ。なぜか時々視聴者の私が恥ずかしくなっちゃう。まぁ水野さんが辻本さんの飼い主か何かなんでしょうか。躾はほどほどにね……。

 

小林豊の顔はとにかくバイタリティを感じます。「見て見て!可愛いってこうだよね??ね??そうでしょ???可愛いでしょ???みんなゆーちゃむ可愛いって言って???」っていうアイドル的バイタリティの強さのある表情をするよね。心底思いますけど最高。我がジャニーズの推しである山本亮太と近しいものを感じます。そのアピールとかが少しでも可愛くなかったら大ブーイングをかましたいところですが、本当に可愛いから大歓迎です。彼らは可愛いの正解を知っている。マジでどう考えても可愛いもん。可愛さは全てを許すね。アイドルはあざとくてナンボ。天然で可愛いよりも、ちゃっかりあざとく可愛いアイドルが大好きです。だってそれは安定感があるから。年齢なんてちっぽけなものに負けず、ゆーちゃむはこれからもどんどん可愛くなっていって欲しい。打倒サンリオ。打倒しなくてもいいけど勢いは出していこうぜ。勝算はある。

 

続いて勇翔くん。そこはやっぱりビジュアルを担当してるっていうだけあって、顔がキリッとしている。そしてちょっと石原軍団的なエッセンスを感じるな。割と奇抜な髪型にしてもあんまり違和感がなく馴染む系の顔。お得ですね。そして寝顔が綺麗。まぁ仕事中には絶対寝ないほうがいいと思いますけど寝顔が綺麗だった。でもやっぱり起きましょう。仕事だから。あとなんか意思が強そう。水野さんみたいな気の強さとは違って、ただ静かに相手が折れてくれるのを待つみたいな…そんな強さ…?そしてこれは実際どうかは分かりませんけど、勇翔くんはボイメンの姫なのかなってちょっと思った。蝶よ花よ的に育てられて今に至ってるんじゃないかなって。ちょっと着火剤投げ込んだらものすごい化け方しそうな雰囲気ありません?とんでもミステリアスですよ。青髭ミステリアス。


本田さんはとにかく引っかかったらマズい系の顔。ロリポップ顔よ。着色料強めのロリポップを舐めるのが似合うという意味です。ジャンプの知念さんも同じ系統ですよね。アッ、カワイイ〜って軽率に近寄っていったら可愛い顔して腹黒くオタクの全財産をガンガン吸い取りに………と思って警戒してたら、そうでもなさそうでした。彼の腹は白くないとは思いますけど、一晩同じ部屋にいても過ち起こらなそうな感じがある。…あ、これは私に問題がある話ですね。大変失礼しました。典型的なオタクって感じするからかな?具体的に言うと電車男に登場してくるようなオタクのイメージです。伝えたい情報量が多すぎて早口になっちゃうのか、トークの中とかで間が空くのが怖くてとにかく喋っちゃうのか。おそらく喋りながらこれ言ったらこう思われるよなって考えながら喋ってるから、色々と保険をかけ過ぎて着地がふんわりしがちだったりして。で?それで?からの〜?とか言いたくなっちゃう。プライドをへし折りたいとは思わないけどグラつかせたいね。一矢報いたい。弓道部だけに。…あっ、これは座布団取られますね。勉強します。

 

いや〜〜ゆとりの吉原雅斗はチャラさがすごいね。具体的に誰だっていうのは思いつかないけど既視感あるチャラさなのよね。誰なんだろう。俺って面白いだろ?話術すごいでしょ?二枚目のみならず三枚目もイケてしまう俺ってどう?みたいな。ちょっと誰かは思い浮かびませんけども。確かに話し方が間をたくさん取って周りを自分のペースに巻き込んでいくタイプで、その辺のセンスいいんだろうなと思いました。誰かの懐に入る巧さもあると思います。ムラはあるけど世渡り上手系。しかし色々と見てますと、「あ〜〜もう、まぁちゃん!まぁちゃんしっかりしよ?!」という不思議な立ち位置から声援を送ってしまう。なぜか身内みたいな気持ちになりがち。大きなお世話私の内面が屈折してるんでしょうね。今までの積み重ねです。もし吉原さんがクラスメイトにいたら近寄らない。深い意味はないけど彼には近寄らないな。現実クラスメイトじゃないので関係ない話でした。ソーリー。


田中俊介さんは全体的に意外性があるよね。同じグループにいる小林豊とは対極に、取っつきにくさMAXな見た目。これがもし触れてはならない話題だったらどうか殺さないで欲しいんですけど、彼はなぜ坊主なのか。彼の中の何が彼を坊主にさせるんでしょうか。やっぱりそこは男らしさってことになるのかな。とは言っても実は中身にゃんにゃん系じゃない?違う?心開いて懐いた人間にはにゃんにゃん系になっちゃう人じゃない?ツンでれならぬツンにゃんという新たなジャンル?適当に言ったけどにわかに流行りそう。違ったらマジごめん。あと、見た目的に吉原さんくらいの低音ボイスを想像してたら全然ドスが効いてなくて個人的にはサプライズでした。突発的にギャップ萌えを頻発させる田中さん。推しというよりは、名古屋のリア旦那枠(TOKIO松岡くん)として思いを馳せたいかな…迷うわ…。


ふと気付けばとても長くなってしまったので「第一回ボイメンの推しを決めよう会議」はここでお開きにしたいと思います。残念ながら推しは決まらずでございました。いや〜やっぱりこういう新たに知り始めて考察して頭の中で会議開いてワイワイする時期が一番楽しい。何事もピークが早め。随所随所で非常にどうでもいい私の性格の悪さや性の癖が出ててしまっているのがアレですけども……人間みんな変態だもの………すいません……。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。近いうちに第二回でお会いしましょう。お粗末!