読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

ハイロー5話と6話におけるキジーとカイトの超個人的な考察

現在土曜日の深夜に日テレで放送中のHiGH&LOW season2。

ここにきて超絶濃いキャラが現る。5話と6話で恐ろしい存在感を見せ話題沸騰のオカマちゃん、ホワイトラスカルズのキジーです。
f:id:flatfaces:20160605034313j:image
センターのロッキーの向かって右側。そしてその右側隣にいる背中合わせになってるのがキジーの相棒カイト。

突然ですが、知ってる人は知っているテニスの王子様に山形出身ビューティーさくらんぼキャンディー王子こと観月はじめというキャラがおりましてですね、かつて私はリアルに観月はじめ狂いだった青春時代を送っており……という非常にクセが強い嗜好を持っていますので、あのキジーのキャラはクリティカルにクリーンヒットしたよね。しかも戦い方に無駄がないし、アクションがとにかく綺麗。稲葉友はすごいな。ニチアサ特撮仕込みのアクションってこういう感じなのかな……いいな……頑張れ同い年……。
5話ですっかり一目惚れ、6話では日常を支配されるところまで急速に行ってしまったので一旦このブログにキジーとカイトの考察を吐き出すことにしました。つーかマジパネエキャラ設定作ったのどなた??イオンで菓子折り買って持っていくけど??
 
Hulu配信もされてるので大いにネタバレしますが、キジーには無口で無骨でファッションショーに出てそうな超モデル体型のカイトっていう相棒がいる。謎の二人組っていう話だけどステディでしょうね。どう見ても。あと稲葉友のインタビューで劇中さながらに惚れた、って言ってたからステディ。
元々ホワイトラスカルズと敵対関係にあるダウトという悪いスカウト集団に所属し、二人が揃うと手に負えないと恐れられていたキジーとカイト。二人がどう出会ったのかという描写がなかったので勝手に都合よく妄想します。以下だいたい妄想です。オフィシャル設定ではないので詰めの甘さなどはご了承……。

まず、二人はダウトで知り合ったと仮定。二人とも協調性やチームに対する仲間意識があんまり感じられない。実際に彼らはチームをあっさりと抜けているのでダウトそのものに興味や執着がない。
キジーは裕福だけど何かと厳しい家庭で育っていて、男たるもの強くあるべしとか言って空手や剣道や柔道などを一通りやらされていた。本当はお母さんの化粧品とか、可愛い着せ替え人形で遊んだりしたかったけど「男の子なんだから」って言われ続けて嫌々道場に通う。痛いのが嫌いで誰かと戦うのは苦手という激弱のキジー少年。学校でも「やーい!オカマ〜気持ち悪ぃ〜!」とかひどいこと言われたりいじめられていてメソメソする日々。そこで賢かったキジー少年は、人生に絶望する寸前でふと気がつく。「誰も助けてくれないなら、自分の身は自分で守らなきゃ…」それから本気を出して黒帯、有段者へ上り詰めちゃう。素質はあった。
おかげですっかり喧嘩も強くなる。強くなったキジー少年はいじめっこをケチョンケチョンに叩きのめし、いじめられなくなったのであった……と、そこで終わればよかったものの!喧嘩で相手を打ち負かすことに快感を覚えてしまったキジー。自分の中の乙女心を隠す生き辛さ、フラストレーションを発散。技巧と拳で淡々とのし上がり、いつしかダウトの構成員に。女に対する嫉妬、男に対する憎悪の両方があってダウトに所属することになった……的な。
6話のダウトの構成員として動いていた時のキジーは女には一切触れていないんですよね。男はガンガンぶっ飛ばしてるんだけど、黒のワゴンに二人の女を押し込むのはカイトが一人で行っている。キジーは柱に凭れながら気だるげにネイルをいじっている。
本当は自分も女だし女にひどいことをしたくないんだけど、自分が欲しいものを全部持っている女に対して嫉妬していたりして複雑な心境……勝手に切ない……。
相棒であるカイトは小さい時に親に捨てられて孤児院育ちという仮定。というのはロッキーの辛い過去の回想シーンでカイトの目線がロッキーへ動くところがあって、カイトがロッキーに共感できるポイントだったんじゃないか?という深読みからです。親に捨てられたことで心を閉ざしてしまったカイトは一人で孤児院の中で生き抜くため、だんだん喧嘩を覚えていく。喧嘩によって腹の中に溜め込んできた気持ちとか感情を発散する毎日……そして次第に喧嘩がカイトの自己表現の一つになった、みたいな感じ。成り行きでダウトに所属することになったけど、あまりにも無口だからダウトの中でも浮いているような存在だった。そこで、キジーが「ねぇあんた、ここでずっと一人でいるつもり?よかったら私と組まない?」ってアプローチをかける。それは恋愛感情って言うよりは、お節介で放っておけないっていう母性からのスタート。まぁでも下心は無きにしも非ずか。なんとなくキジーの好みは自分よりも背が高くて喧嘩が強くて美しい男って感じ。そしてカイトだけには女の一面を出すキジー。何故ならカイトは絶対に誰にも喋らないって分かっているから。二人で行動するようになって、ずっと憧れてやりたかったネイルもメイクもじわじわ解禁。
一方、初めて自分と同年代の人に話しかけられたカイト。ずっと誰かと一緒にいるのは煩わしいだけだと思っていたけど、そうじゃないんだっていうことを知るわけです。例えば髪型。あの編み込みはキジーの仕業で「ちょっとあんた、こんな髪型じゃちゃんと前が見えないでしょう。私が綺麗にしてあげる。手先は器用なの。……ほら見て!すっごく似合うじゃない。キジー天才!」そんなぶっ飛んでおてんばさんなキジーに振り回されながらも、誰かと時間を共有することの楽しさを初めて経験。
……なんか突然の少女漫画的展開ですみません。私はベタ展開が好きです。
とにかくカイトは喧嘩ができればそれでいい。キジーと一緒だったら加えて楽しい。キジーはありのままの自分を何も言わずに受け入れてくれる人が近くにいてくれればいい。そういうスタンスで、二人はダウトの構成員として活動していた……。
 
そこで彗星の如くフリーのスカウトマン、ロッキーの登場である。二人が女を連れて行く現場に遭遇して喧嘩を吹っ掛けるんですけど、キジーのキラキラのネイルを見てハッとする。語り継ぎたい名言「俺は女には手を出さねえ」。なんか最近は吉川晃司みたいにかっこよくなってきてる啓司さん。シンバルキックやりそ〜〜。
はたから見たらオカマちゃんだってバレバレなんだけど、キジー的にはカイト以外にばれないようにとガチガチに自分を鎧で固めていた。しかし、いとも簡単に心が女だと見抜いてみせたロッキー。そりゃあロッキーについていくわ。本当の自分を見抜かれたうえに、自分をちゃんと女として扱ってきたらそれはもう即決だわ。キジーはロッキーを尊敬している。
しかしカイトとしては、ロッキーの存在は面白くない。だって唯一自分が心を許しているキジーが、突然現れた知らない男と連むようになっていくんだから心中穏やかでないわけである。
ホワイトラスカルズを立ち上げる前、カイトのロッキーに対する目線がなんとも言えないんですよね。敵対視っていうか、嫉妬のような目線を向けているように見える。柳くんすごーい。地図にアイスピックみたいなやつが飛んできて驚いた時、そういうカイトの心境を察している賢いキジーは「もうやだ〜!キジーこわい〜」ってカイトにべったりくっつく……。
f:id:flatfaces:20160605141747j:image
OMG。とてもかわいい。そしてカイトが満更でもない。
いやはやフォローが天才的ですよ。ロッキーの前でカイトに優越感を感じさせるキジー天才。独身女にとってはいろんな意味で学ぶべきところが多いです。いろんな意味で。
そしてロッキーが「ダウトに借金を背負わされているのは誰だ」って聞いてキジーが「ちょっとあんた雑なのよ!」ってたしなめるシーンは、いじめられた経験から出た言葉じゃないかと。5話の「女の子をいじめちゃいーけないんだー」っていうセンセーショナルな登場セリフとかもまた然り。
あと6話をご覧いただければ分かりますが、キジーは割と快楽主義的?なのかとも思う。あのKOOの股間に手を伸ばしちゃうシーンとか、別に本気で狙ってるわけじゃない感じ(しっかりカイトと腕を組んだまま)だけどなんとなく貞操観念が薄そう。それを瞬時に阻止するカイトからしてセクハラ常習犯だな?イイ男がいたらちょっかい出したくなるタイプだ??ミホに食い気味にコブラちゃんの写真を要求してたところとかね??外でカイトを待たせて、ミホと二人っきりで話してるキジーは良いanegoだったな。
そしてやっぱりキジーはコブラちゃんもなかなか好きでしょ。ああいう多くを語らない、強くて無骨っぽい男が大好きなはず。顔が綺麗なら文句なし。なぜならカイトがそういう男だから。案の定コブラちゃんの去り際に投げチューしちゃってたし……カイトのこと弄ぶのもほどほどにしてあげよう……ちょっとかわいそうじゃん……?
まぁ良いチームワークの3人でスカウト活動していって、遂にホワイトラスカルズを立ち上げる時に彼らはやっとバディからステディになっちゃったっていう展開かな。二人がペアリングをつけたタイミングから推察。いやまさかカイトも同伴して、キジーが海外で工事も済ませてきたとは思いませんでしたけど。カイトとしてはキジーだったら別に男でも女でも関係ないって思ってるけど、キジーは身も心も女として愛されたいっていうところから工事に踏み切ったのでは。
っていうか本当にこの人たちいい設定を持ちすぎ………そしてロッキーはB専………何だよそれ………最高か………。
 
というわけで以上、考察という名の都合のいい妄想でございました。この物語はフィクションで、この妄想もフィクション100%です。大変失礼しました。色々と妄想できる面白さのあるハイロー。楽しいハイロー。
いや〜〜〜ちょっとHulu限定とかでいいからスピンオフとか何かしらでバックグラウンドが明らかになってくれないかな〜〜これだけ濃いキャラをいきなり投下したんだからしっかり回収してくれないかな〜〜してくれないか〜〜。そして7話の鬼邪高も激アツ案件だった〜〜轟さ〜〜ん。
映画が楽しみです。