前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

ドルオタがフリースタイルダンジョンにハマった話

もう2月が終わりそうです。 私は2月に何をやっていたんだ?って感じなんですけど、まぁ多分何もやってなかったんだと思う………。そして自分でもびっくりするぐらいの無気力に襲われてはいますが、ここにきてニューマイブームがやってきました。

 

テレ朝のフリースタイルダンジョンが超面白いです。

深夜にふとテレビつけてたらフリースタイルダンジョンっていう番組が始まって、それが超面白かった。

ただのドルオタでHIPHOPとか全然知らないくせにいきなり何を言い出すんだって感じなんですけど、リズムに乗った言葉が相手に向かってバッチバチあたっていくのがすっごい面白かった。品こそ無いけど、かなり高度な言葉遊びをしている感じが興奮します。あーーー面白い!!なんで今まで見てなかったんだろう!?!?と片っ端から全部YouTubeを見ちゃった。明け方まで一気見。山下新治ことACEさんのことすごい気に入っちゃった。モンスター枠にいらっしゃる方々の言葉の引き出しの多さ、ラップを構築していく様が見ていてものすっっっごく気持ちいいんですよね。思いもかけないような韻を踏まれてしまうと、脳内でアハ体験が起こる感じ。私の頭の中でアハが爆裂する。そもそもアハとは一体。

チャレンジャーのバックグラウンドにも時々胸を打たれたり、お前ちょっとそんな調子乗ってどうする??大丈夫??みたいな人もいてすごく面白い。あの審査員の評とかは知識がないのでよくわかりません。なんとなくKEN THE 390さんは好きです。

片っ端から見ていて思ったのが、ラッパーの人たちってよく分析をしていて、こういうスタイルだからこういうスタイルをぶつけていこうとか瞬時にバッと考えてぶつけるのがグッとくる。あといろんな人のラップをサンプリングしているっていうところも超いいなって思う。いろんな人のラップ勉強して自分で再構築していく、温故知新的なところに猛烈に好感。なんかもうすごく文化的だった。川柳とか短歌とかそういうのと根本的には同じようことである。とっても文化的。

あの、時々よく高架下とかにブワーーっと描かれているグラフィティでめっちゃ上手いやつを見つけてびっくりすることがあるように、主にアングラで行われている文化ってものすごいパワーがあるなと思って感動しちゃった。軽率に。

 

私は嵐でラップをやる櫻井翔が元担でした。元担だったけど、私は翔さんのラップをあんまり真面目に聞いておらず……というかアイドルがなんでラップやるんだろう?とすら思っていた。あんまりラップ自体にカッコイイっていうイメージが無くて、早口で何言ってんの?みたいな。まあ斜に構えた高校生でした。もう斜というか闇がすごいことになっていた当時。そんな中でも、これは!!!って思ったラップの歌詞がある。

皆さんご存知の「COOL&SOUL」

そう 俺らが あくまで タイトなパイオニア

ya so cute 二番煎じ

これは気持ち良かった。私KAT-TUNのことめっちゃ好きだし、なんなら期間にしたら激短だったけど中丸担だったんだけど、これは痛快で好きだった〜〜。君は俺が切り開いている道を歩いているだけなんだよかわいこちゃん、的なの好きだったな〜〜。

今考えると、アイドルとかHIPHOPではないジャンルをやっている人たちが、自分の歌の中にラップを入れて歌うのが普通に受け入れられていく風潮に対して俺がパイオニアだって言う櫻井翔かっこいいと思います。全部背負ってやるぜ感。

 そしてソロ曲の「Hip Hop Boogie」

大卒のアイドルがタイトルを奪い取る

マイク持ちペンを持ちタイトルを奪い取る

hip-pop beat yo ステージ上終身雇用

「ステージ上終身雇用」がダイレクトでかっこいい表現だなと思った記憶がある。韻踏んでるし。

今は大卒でアイドルであることなんて珍しくもなんともないけど、当時は本当に珍しかった。大学いくなら普通の会社員になるっていう固定概念から、翔さんは全部両立させてきっちり慶応卒業して、それでなおアイドルを選ぶっていうのが相当かっこよかった。本人も言っていた気がするけど周りが就活をし始める中で、自分は就活しないでアイドルで食っていくっていうのは葛藤があっただろうから……それがもう今やキャスターもすっかり板につき、いろんな意味でタイトル奪い取っていった……。

 

というわけでアイドルという世界の中でもHIPHOPの世界の扉は開かれていたんだなと振り返ってみました。アイドルJ-POPとHIPHOPは対極の位置にありそうなものですが、すごく身近な形で扉があったという…。直感は大事だけど、食わず嫌いはあんまりしないようにしていきたいなと思った。あれだけ苦手だ嫌いだと思っていたけど、すっかりEXILEを受け入れるどころか一気に好きになっている私もいる………我ながらすごいハンドル切っちゃった感あるけど。とりあえず面白ければオールオッケー。楽しく生きます。