読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

アイドルの誠意と義理について

ジャニーズ的に大震撼させた田口淳之介の件に続き、K-POPアイドル界を大震撼させた出来事もありました。

現役アイドルが結婚するという報告ではなくて、すでに結婚していたことのみならず来年には父親になるという報告。朝からインスタでその投稿を見たとき、とんでもなく驚きました。よくずっと隠せていたな……というか隠す気がなかった……?みたいな。

 

なんの障害なしにアイドルが掴んできた幸せと普通の人が掴む幸せを両方掴むことが許される人は、ほとんどいないと思っている。

好きな女を守りたい、家庭を築きたいって思うのは男として立派だけど、そこでファンをないがしろにしていいことにならない。もしアイドルのままでいたいなら、ファンなしには成立しない仕事である以上は好きな女と同じくらい………とは言わないまでも、せめて友達くらい大事に考えて誠意を持つべきじゃないかなと思うのです。

そういうことを怠って、受け入れてくれないファンに背を向けるという行為はファンの心をズタズタに切り裂きます。そんなことする人はもうアイドルじゃない。私の中では。ファンすべての気持ちを汲み取れとは言えないけど、その行為によって傷つくファンがいることは知っておくべきじゃないのかな〜〜と思う。

だって、アイドルはファンに夢を売っているのです。そうしてお金をもらう仕事だと私は認識しています。どの仕事してたって、信頼関係は重要なことは共通していることであります。……ちゃんとした仕事をしていない私が言うのもあれですが(笑)

自分でその信頼関係を断つということは、アイドルをやる気がないって思われても仕方ないと考える。それでもまだアイドルやろうなんておこがましいって思ってしまう。

だって芸能界には普通の幸せを諦めてきた多くのアイドル、普通の幸せを諦めようとしている多くの練習生たちがいるのです。彼らの努力を思ったら、そんなことしてるなら次が詰まってるんだからそこ退いてって言いたくなってしまう。

だけどアイドルだって人間だから失敗をしたり間違えることもある。実際、失敗したことや間違えたことよりも、それからどんな態度をとるかが重要だ。そこに誠意と義理があれば、怒ったファンもいつかは許してくれるし支えてくれるように思う。というか、そもそも怒るのは強い愛があるからじゃないですか。好きだからすごく腹が立つんですよね。私も最近わかりました。

できればそうやって怒ってくれるファンのことを切り捨てないで大切にしていってほしいです。ウザくてダルいのかもしれないけど、できれば大切にお願いしたい……。

 

もしかしたら、アイドルでいる自分が当たり前になっていてどれだけ特別なところにいるのかを忘れちゃうのかもしれない。もはやパターンが出尽くしたようなアイドル業界。自分の代わりならいくらでもいるだろう。そう思っているのだとしたら大きな間違いだと声を大にして言いたい。確かに似たようなのはいるけど、代わりになる人なんかどこにもいない。あなたは唯一無二の存在です。

とにかくそこだけ忘れないでほしい。あなただけを見ている人がいるっていうところだけ忘れずにいてほしいものである……。

 

私は好きなアイドルに対して「あなたのことを好きにさせた責任を取って。責任を取って、なるべく長い間私の見えるところでアイドルとして歌って踊って笑っていて」と重くて厄介なファンという自覚があります。

別に本人と接触したいわけじゃなく、ただステージで生き生きとアイドルやっているところを見ていたい。たとえそれがダンボールの上だろうがなんだろうが、アイドルがアイドルをやってるところはちゃんとステージに見える。好きなアイドルを見ているファンってそういうものだ。だからどうかアイドルである自分に自信持ってアイドルやっててねと願う師走……。

そしてEXOの新曲で感動しすぎて死にそうな師走です。いい曲を放り込んできたSM、何だかんだ色々言いたいことはあるけど、とりあえずありがとう。そしてf(x)のコンサートが気になりながら空前のSHINeeの91ラインブームが来ている師走。

ドルオタのみなさま、よいお年を。