読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

第一回フェミニンっぽさが漂う男性アイドル選手権

私は主にそういうフェミニンっぽいアイドルが好きです。

彼らをちょっと衝動的にまとめてみたくなって、今私がフェミニンを感じる男性アイドル選手権を開催します。

フェミニンっぽさが漂うというのはどういうことかといいますと、まずわかりやすいのはビジュアル。共演した女優さんとか女子ドルと並んでセルカを撮ると、あれ?女より男の方が綺麗じゃない?みたいなアイドルが時々います。そういう人たちです。

あとは身のこなしとか仕草、性格の面。美意識が高いアイドルやガールズグループのダンスをものすごいクオリティで踊ったりするアイドル。そういう人たちです。

 

まずビジュアル部門にノミネートされた驚異的な美しさを自負しているキムヒチョル。自負しているところがいいです。普通に若々しい女子ドルと並んでも馴染んでしまう。自分の事を未亡人やらおばさまなどと言ってらっしゃいますが、年齢が不詳すぎてとんでもないなと思います。お美しいです。かと言って中身はすごく男らしく、義理人情を大事にする。お美しい。

JYJキムジェジュン。まず老いることを極度に恐れているということ。美意識が尋常じゃない。女性と並んでも引けを取らないのがすごい。ニットとファーを装備すると突然溢れ出すフェミニンに何度も驚嘆しました。今軍隊生活を送ってらっしゃいますが依然として肌が綺麗なのでまた驚嘆しました。健康そうでなによりです。除隊されたらまたグッと化けそうです。抑えているフェミニンを爆発させてほしい。

NU'ESTのレンことミンギさん。ミンギさんもまた美しさにかなり強い意欲をお持ちでいらっしゃるご様子。長い髪の毛の時のミンギさんは絶対女性と並んではいけない。誰でも公開処刑。体は細いし顔は綺麗だし喋ったら喋ったで声がふわふわしている。テレビで披露した女装ボーイズデイは恐ろしかった。そしてメンバーからの扱い。メンバーが持っている「モテ」を全部ミンギさんが受けちゃっている感。これからどういう路線でいくのか気になる。

 

ガールズグループのダンスがすごい部門はmiss AのBad Girl Good Girl 踊ってるところを見て選考しました。

ノミネートはSHINee万能鍵キーくん。バラエティ番組などでガールズグループを長らく第一線で踊られていらっしゃいます。割と正確にコピーしていて女性のしなやかさをよく観察しているキーくん。表情もしっかり作るところがプロフェッショナル。定期的にあのEXID踊るキーくんを見て元気を出しています。ありがとうございます。また一般人には理解しがたいほどのファッショニスタ具合、そしてマイリトルテレビジョンで明らかになった美肌への強い思い。いや、執念。もうあれは私からすれば執念のレベル。

U-KISSのケビン。アメリカンなノリもあって色々レベルが高い。フェミニンっていうかもはやフェロモン的な何かが…怖い…。母国語が韓国語ではないからか、ちょっと舌ったらずみたいな感じで常に甘えてるように聞こえる。あと悲鳴の声が高すぎる。しかもメンバー内でのポジションが娘。彼もガールズグループのダンスを踊っていますが表情がまた一番可愛いのは僕!とドヤってていいです。キーくん同様に見ていて気持ちがいい。ジェシカとバトってたケビン最高。あんたが優勝。

CROSSGENEのタクヤ。定番からニューカマー。控えめながらも腰つきが綺麗。全体的にしなやかに踊るし、なんか微妙に顔に恥じらいがあるのが日本人的である。それが日本人的であるし、なんか男が好みそうな感じもする。あっ別にThe Loverを引きずっているわけではございません!これからもあの腰つきを磨いていってください。

 

ざっとそれぞれ3人ずつノミネートしてみましたが、まだまだ選考の余地がありそうです。

ビジュアル部門はCROSS GENEセヨンさんとかプレディスの本気セブチのジョンハンとジュンフィもいるし、ガールズグループがすごい部門は超定番のグォンさんやVIXXのえねねん先生、シムチャンミンもとっても捨てがたい。えねねん先生十八番の24時間じゃ足りないは最高。また、あのSMTのボーイズデイで一番輝いていたのはシムで間違いなかった………。

 

というわけで色々ありますが、第一回フェミニンっぽさが漂う男性アイドル選手権グランプリはキムヒチョルに決定いたしました。

理由はBad Girl Good Girlを踊ってたからです。ちゃんと踊ってもいませんし別にうまいわけではありませんでしたが、ビジュアルに加えてガールズグループのダンス踊られたらみんな勝てない。はい、殿堂入り。

それでは我に返って私は3時半まで一体何をやっているんだという自責の念に駆られながらお別れしたいと思います。第二回フェミニンっぽさが漂う男性アイドル選手権でお会いしましょう。さようなら!