読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

火花を散らして回る歯車

EXOの周辺がどうやら不穏に軋む音を響かせているようです。

波乱を呼んでしまったタオ父の文章や、レイに怒りの矛先が向き、リーダーのスホさんが責められたりしている。

勝手に感情移入して考えてみるとタオタオさんの痛々しい傷を見たら、頼むからもうやめてくれって思っちゃうだろうな。

なぜなら、タオタオさんがEXOの一員でいる限り、どんなに怪我をしていようともファンの期待に応えるために飛んで回ってくれるだろうと思うから。これ以上怪我したらアクロバットのみならずダンスもできなくなってしまうと言っても、タオタオさんは舞台に立てばやり続けてしまうような気がして怖い。

タオ父の判断は致し方ないと思わざるを得なかった。私がもしも自分の一人息子が身を削っているのを見たらどうかアイドルやめてくれと言うに違いない……。

タオタオさんは一体今なにを考えているんだろう。

これまで家族に心配をかけてしまったことに心を痛めているのかもしれない。家族と一緒に過ごしてほっとしているかもしれない。メンバーやファンの顔を思い浮かべているのかもしれない。怪我をした自分を責めているのかもしれない。かもしれないだけで、実際はわかりません。

なんにせよ私個人としてタオタオさんのことは責められない。タオ父のことも。

なんというか、SMエンタがそういう会社なんだと改めて思わされる結果になるような気がする。アイドルは商品。しかも消耗品。人気のままにアイドルたちを引っ張って引きずって削られていく。

韓国特有の、いわゆるお国柄的なところをちゃんと理解して腑に落としている人があの会社でアイドルとして生きていけるのかも。実際、肉体的にも精神的にもギリギリなところでしか見えない美しさ、鬼気迫る魅力は確かにある。見ている方からすれば心に響くしわくわくもするから。

強いインパクトを持つものを見たら、弱いものを見ても驚かなくなるように、その強烈な美しさと魅力を覚えてしまった私はSMエンタを完全に嫌いにはなれないだろう。……JYPってすごいな……。

 

さて、10人のEXOは一体どうなるのだろう。

音楽番組の1位を総なめにして、欲しいものはほとんどすべて手に入れたと言っても過言ではなさそうだ。なんでも手に入れようと思えば手に入れることができるところに届いている。

とにかく前に進むしかないのか。解けそうになっている指を振り切って行かなければならないのか。おそらく立ち止まることは許されない。これがエンターテイメント。

直前に東方神起が入隊を控えたSMエンタに残されたのは良くも悪くもとんでもない破壊力をもつ火薬であるEXO。今、爆発させなくてどうする。すでに彼らには東京ドーム、京セラドームが目前に控えている。

この目にも留まらぬ速さで回り続ける歯車が空中分解しませんように。

アイドルもファンも、なにか大事なものを失うことがないようにと祈りながら、遠くから見守っていきたいと思います。CMBかっこいい。