前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

ファンがアイドルにできること

空港での憔悴しやつれてしまった彼らの顔を見てなんとも言えない気持ちになった。
ヒチョルさんはSNSから離れることにしたし、ヒョクは沈黙を守ったままだ。
シウォンさんはいつも通りにしながらも楽しそうな君たちに会えるよねとメッセージを残していた。
トゥギさんのインスタでのプロフィールの言葉は重く、これが僕の夢だとパールサファイアブルーの海の写真を載せていたのには心を打たれるものがあった。
ソンミンは空港で黙って深々と頭を下げたそうだ。幸せそうに丸かった顔も体もすっかり痩せてかわいそうなくらいであった。それは結婚を控えた男の顔ではなかった。幸せってなんだろう。

かと言って、いつまでもセンチメンタルな気持ちでいても仕方がない。
アイドルを応援するのは、楽しくなきゃ意味がない。アイドルが楽しくなければファンも楽しくないし、ファンが楽しくなければアイドルも楽しくない。

もうすぐリパケ活動が始まる。
タイトルはTHIS IS LOVE。ファンへの感謝を込めた特別なアルバム。
まずシウォンさん安定のイケメンパネエと思ったら、どんぺろさんが真っ白なピアノの前に座っててあら?!そこリョウクちゃんではなく?!って思ったけどめっちゃ似合ってた。超王子様だった。目の前で一曲弾かれたら余裕で落ちる。イケメンは罪深いな。白いピアノなんて本当のイケメンしか似合わないもんな。
ドラマーヒチョルさん、かなりその帽子気に入ってらっしゃる……と拡大したら、なんかすごく髪が長い。坊主もロングヘアーも何でも似合う男、それがキム・ヒチョル。なんともお得な顔である。そんな美しくて儚い顔をしておきながらにっこにこにー。しかもちょっと照れながらはにかみにっこにこにー。ああキム・ヒチョルって最高。
そしてカンインさん、まさかの真っ白なコントラバス。とにかくとても包容力。本当に好きになっちゃうやつ。どっかのバーとかで演奏してたら絶対通ってしまう。と言うかまずコントラバス弾けるのかな。弾けるなら本当に好きになっちゃう。生まれ変わったら娘になりたい。
そしてメンバー別のジャケットになるんだそうで、ビジュアルもどうなるのか楽しみです。私はかっこいいアラサーの遊び心が大好きなのでMVとかも楽しみ。
SS6は残念ながらチケットがないので行けなさそうだけどきっと楽しい。

とにかくこれから始まるものを純粋に楽しんで、楽しませてくれてありがとうという感謝と愛をお金という形に変えて届けるしかない。
お金が全てじゃないけど、アイドルだってビジネスだ。
可能な範囲でお金を使い、彼らを取り巻くものを潤わせていかなければいつ無くなってしまうかもわからない不安定なものだ。
だってアイドルなんて、本当はあってもなくてもいい。アイドルが無くなっても私たちの衣食住に直接支障はない。
ではアイドルは何のために存在しているのか。
アイドルは人の心を潤わせることができる尊い存在だと思うのである。時にふさぎ込んだり落ち込んでいる人を救い、つまらない毎日に刺激と楽しみと幸せをもたらす。そして人の世界を変える力を持っている。所詮アイドルなんかとバカにされることもあるけど、アイドルはとんでもない力を持っているのだ。
アイドルは経済を動かす。アイドルは新たな文化を生み出す。アイドルの一挙一動で人を喜ばせたり悲しませたりできてしまう。それを今回のことで改めて痛感した。
やっぱりアイドルって超面白い。
これだからアイドルオタクをやめられない。

とうとうリア充に興味を失いかけてリョウクちゃんに共鳴しながらも、やはり寂しいスーパーシングル21歳女子大生のアイドルオタクは今日もそして明日もアイドルを追いかけるのだった……つづく。