読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、沼の中より

行き着く先はいつもアイドル(だいたいアラサー)な女が書き散らかすブログ

アイドルと熱愛

別にいいじゃんって思う反面で、ふざけんなと思ってしまうアイドルたちの熱愛。

アイドルだって人間だとは言うけど、アイドルでいることを選んだことには非常に大きい責任が伴っていると思うからです。

 

人間なんだから恋をすることはある。魅力的な人が溢れている世界だから、惹かれ合うこともそりゃあ多々あるでしょう。

だけど、何万もの夢や幻想を背負って綺麗な笑顔を見せてパフォーマンスをするアイドルという職業に「熱愛」っていうものはやっぱり必要ない。

人を好きになって恋をすることは素敵なことだけど、それはアイドルがやることではない。アイドルという大きすぎる責任を背負ったままで恋愛をするのが可能な人はマジでメンタルがタフすぎる。

アイドルが24時間365日アイドルでい続けるというのはさすがに無理な話です。だからアイドルでない時に恋愛するのは多いに結構。だって一生アイドルでいられる訳がないから。アイドルを終えた自分のことを考えたら、恋をして結婚を考えたりするのは懸命なことだとも思う。


アイドルは歌って踊って人にキャーキャー言われるだけの職業ではない。ファンから愛してもらっている分、夢を売って幻想を見せて、それがたとえ一瞬であっても人を幸せにするのがアイドルなんじゃないのかなーーと思っています。

ファンからの愛を、形を変えてファンに還元していくのがアイドルの誠意。

ファンも誰も彼も見ることができるSNSで付き合ってることをほのめかしてみたりとかそういうことをされると、アイドルだと見えなくなってきちゃう。だってSNSはプライベートではないから。

この人は歌って踊ってキャーキャー言われたいだけの人なのかとか、魅力もなにも見えてこなくなっちゃうんです。

アイドルだからって恋愛くらいさせてやればいいじゃんって思う人もいっぱいいらっしゃると思うけど、アイドルやってるって言うのはどういうことなのかを考えたらなんて無責任なことするんだろう?と私はどうしても思ってしまう。某オレオくんは本当にそのへんをちゃんと理解出来てなかった気がするからすごい腹が立ち失望した。自分と同い年だから余計に…(笑)

 

しかし今回ソンミンさんが熱愛を報じられて思ったのは、なんか巻き込まれてないか?っていうのが第一印象。だって女の方から熱愛を認めるってなんか…(笑)

よく噂される熱愛で何か他のことを打ち消してるっていうのもなきにしもあらずなのかもしれない。

ヒチョルさんがインスタを更新していて、それが遠回しにまたソンミンさんを庇うような内容でした。ヒチョルさんの言葉には不思議な力がある。なぜかすとんと腑に落ちてしまう。

でも、なんかやっぱり別のことがちょっと仕組まれているような、そんな気がしてしまった。

俺たち本気で付き合っているんだけど?!!大きなお世話じゃない?!!と怒られそうだけど(笑)、ソンミンさんの女の見る目の無さが少々心配です。売名に使われただけとかまさかそんな…ねぇ…。

兵役にいく直前にスキャンダルが出ちゃうのは本当に空気読めてない気がする。だってこれから2年も表舞台から姿を消すことになってしまうというのに。

そういや先日ヒョクと映画を見に行った後のリョウクちゃんの意味深ツイートを振り返って、おいおいとんでもないタイミングで出してきやがってリョウクちゃん本当…あなたって人は…と思いましたが、もしかしたらあの休暇初日に事務所からソンミンさん熱愛に関することを知らされて、リョウクちゃんが「わ〜〜〜なんだよ!やっぱりみんな恋愛してるんだ!!!!!うわ〜〜〜僕だけが一人みたいで寂しい〜〜〜みんな慰めて!!あーキリンさんかわいい!!!」的なことだったのかもしれん。

リア充に鬼厳しいスーパーシングルリョウクちゃん…。

 

過激に言うなら恋愛するならアイドルやめろ。アイドルやるなら恋愛やめろ。

だっておそらく現役アイドルが恋愛して全てのファンに許される日なんてきっと来ない。アイドルを脱ぎ捨ててから恋愛を楽しんでください。まあ…アイドルという肩書きがないと恋愛できない人はどうしようもないし仕方ない。

ファンがアイドルに向ける愛は無償の愛じゃないんですよ。お金もかかるし、時間もたくさん割いている。自分に何かあったって助けてくれるわけじゃないアイドルに愛を向けていることがどれだけすごいことなのか。

まぁ勝手にファンになって好きでやってることだと言えばそれまでだけど(笑)、アイドルでいようと思うなら、その辺もちょーーーっとは考えて欲しいかな!!!?と思うのです。

 

以上、とうとうリア充に興味が無くなってきたスーパーシングル21歳アイドルオタク女の戯言でした。大変失礼いたしました。