前略、沼の中より

行き着く先がいつもだいたいアラサーな20代女が書き散らかすブログ

「HiGH&LOW THE WORST」どう考えても令和一アツい鬼邪高の夏が来た話

お元気の方もそうでもない方も色々いらっしゃることと思います。なんか日本の天気とかおかしいよね?

私はと言いますと、まったく常に気持ちがどんどん追い込まれていってしょうがない感じでやってらんないので、サブスクに登録しまくりました。LINEミュージックが切れたんで、Spotifyに出戻り、Hulu、FOD、ヤフーのプレミアム会員、Amazonプライム……。

イヤ~~~登録しすぎてサブスク破産~~~~カード明細見るの怖~~~~とは思いつつ、私の心のカンフル剤として機能してるんでそこはいい。やっぱり人生においてお金の使いどころってあるじゃないですか。ケチっていいところとケチっちゃダメなところ。例えば教育とか、食べ物とか、誰しも自分なりにそこケチったら終わりみたいなポイントがある。

私は何だかんだでエンタメ。エンタメis心のビタミン。エンタメis心のカンフル剤。病from気。気っていうか主に自律神経ですよね。自律神経はとても大事。

と、自分の出費をいい感じに正当化させたところで、みんな大好きハイローの話をしまーーす!!!!!イエーイ!!!!

 

地域によっては放送が始まっているハイローザワースト、エピソードオー。

https://high-low.jp/drama/episodeo/assets/img/p2pexus8.jpg

https://high-low.jp/drama/episodeo/

最初エピソードゼロかなと思ったんですけど鬼邪高なんだからエピソードオーですよね。トリッキー。私が何でHulu入ったかって言ったらこのためです。

今のところ、どの角度から見ても最高でした。私の令和が始まった。

ぜひHulu登録して見ていただきたい。一話が地上波放送されてるけど、二話まで公開されています。どんなサービス精神??????私、映画何回見るんだろう???

あとついでにクローズの予習もできる。

いやぁ、ありがたい。これは実質タダみたいなもんですわ。

 

で、今回のドラマについて。

わりとガッツリめにネタバレしてますんで、まっさらなまま見たい方は読まずにとりあえずHuluに登録してください……。

そもそもあのコンテナ街の戦いの後を描いてくれるということのありがたさ。どんだけホスピタリティ。私が最高を確信したのは、関ちゃんが村山さんに「鬼邪高やめちゃうんですか???山王入るとか言うし」っていう、あの鬼邪高のオタクが一番知りたかったことを一番最初に切り込んでくれるところ。そしてあの轟ちゃんのナイスアシストを振り返る。

「村山ぁ」「村山さんだろ、バカ野郎」突然の名シーン……。

ということで、ヨッシャ!!村山さんを鬼邪高に繋ぎとめるゾ!!というわけで開催された全日ステークス。一方で村山さんが開催されてたの知らなかったの草。関ちゃんに何で言ってくんなかったの?!な村山さん推せ……推せ中の推せですわ……。

しかしまあ今回の村山さんは人の母性本能をえぐり取らんとばかりです。シンプルにかわいい。屈折した見方しなくてもただかわいい。ほのぼの。

最近の轟ちゃんの状態の良さをちゃんと知っているし、全日ステークスで轟ちゃんにバチーンと一か月を賭けるところは頭を抱えました。現在の轟ちゃんのことをバッチリ認めてるってことは定期的にタイマンやってる。

轟ちゃんが見てたらどんな顔するんだろう……と考えただけで二泊三日は持ちます。多分嬉しさで勢い余って村山さんにデコピンしちゃうかもしれないね……。「あっテメ、マジでデコピンしやがったな!寸止めするだろそこはァア!」「うるせえ!!!耳元で叫ぶな!!手が滑ったんだよ!!」って訳わかんない入口でタイマンに発展してください……。

 

……さて、このドラマにおいて推せるポイントは無論パーフェクト推しキャラ轟ちゃんのヤバさであることは言わずもがな。

中の人も今をときめいてる中越が一年を仕切ることになって、轟ちゃんたちのところに挨拶に来た一年に対して「挨拶なんかいらねえ」と爆裂の蹴り。

辻と芝マンがどうする?中越を俺らの下につけるか?全日の頭だってこと教えてやんねえとな??と、持ち掛けますが、轟ちゃんはソファーに腰かけて特に興味ないご様子。

「全日とか関係ねえ。定時も含めて鬼邪高だ」

そう!!!!!!お察しの通り、轟ちゃんって打倒村山!!!!で頭がいっぱいですので、まずは村山。中越はまだ眼中にない。

それに、かつてドラマのシーズン2、あまりにも鮮烈すぎた轟ちゃん初登場回で辻・芝マンとやり合った後に「俺がSWORDのてっぺんを取んだよ」発言もある。

轟ちゃんが本当に欲しいのは、鬼邪高の頭の先にあるSWORDのてっぺん……。

あれはただのビッグマウスじゃなくて、努力(筋トレと格ゲーで技を習得)の上に成り立ってんの激アツだったな。ていうかあの定時知らなかった轟ちゃんうっかり案件だったな……と思ったけど、轟ちゃんの中で定時そのものを認識せずに来たんだろうなって思いました。正直世間知らずなところに萌えを覚えます。すいません。

そして、ずっと村山の言葉「拳が強えだけじゃだめなんだよ」を引きずりまくって強めの思想系本を読みまくる……素直……。力じゃない方向からのアプローチっていったら頭を使うしかない。どう見ても拳だけでどうにかしてきたっぽい村山さんにそこツッコまれたらハッとしちゃうよね。そこを気付かせたコブラちゃんは偉大だし、村山さんの消えかけた炎を焚きつけた轟ちゃんは最高。

指摘された自分の弱点は何が何でも潰して、強くなることに貪欲。それが轟洋介という男である。抜群。推しが最高パーフェクトエクストリーム。ありがとう前田公輝。

三話以降が超絶楽しみ……今はもう完全に轟一派が私のアドレナリンスイッチ握ってる状態なんで……。轟ちゃんと辻・芝マンとの間に生まれた絆がめちゃくちゃ育まれててオタクはハッピー。

辻と芝マン、多分轟ちゃんに影響されてどんどんクレバーになっていってそう。朱に交われば赤くなるとはよく言ったものですけど、鬼邪高が朱なんではなくて、轟ちゃんの方が朱だったっていう……たまんないな……革命だわ……。

あと個人的な注目株はヤスキヨです。

ぼーっとしてると泰志の顔の可愛さに注目がいきそうになりますが、清史が大声バカなフリして意外と頭脳派っぽいところが激ヤバ。新キャラの濃さにワクワク。

今回のエピソードオーではフジオと司がメインだから、メインのキャラも負けずに色濃く出るのを楽しみにしています。とりあえず元気を出してよ司……。

 

あと地味に注目すべきポイントとして、ドラマ最後のクレジット、泉谷しげるの後に山田裕貴が並ぶっていうのがたまりませんでしたね。

これはつまり、山田裕貴あっての村山であって、村山あっての鬼邪高である!!!!!要するに、山田裕貴がいなきゃあ、この物語は始まらないんだぜ!!!っていう熱さを勝手に感じ取りました。粋だよ日テレHI-AX。愛されてる山田裕貴

今年もハイローで良い夏にしましょう。イエーイ!!!!燃えあがったらまた書きます。

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ

もう疲れた

仕事をやめたい。

朝6時に起きて、それなりに人前に出られるだけの化粧をして、食欲無くても適当に流し込んで、何も考えずに駅まで歩いて、満員電車に押し込まれて、足を踏まれて、背中を押されて、たまに外道に手の甲で尻を撫でられて、8時間近く拘束されて仕事をして、また満員電車に乗って、疲弊して家に帰ってきて、夕飯を食べて、風呂に入って、次の日の準備をして、次の日のために日付が変わる前に寝る。

その間になにかに思いを馳せて、現実逃避をしてやりすごしてるけど、この前ふと我に返って発狂しそうになった。

こうして仕事に費やしている時間で、自分がやりたいことをやりたい。できることなら一日の中心は何かを書いて、何かを勉強して、何かに感動して生きていたい。

だけど、仕事をやめたらお金が稼げない。お金が稼げなければ生活ができない。自分が望むことだけ、綺麗ごとだけでは生きていけない。書くのも、勉強するのも、感動するのも、食べるのも飲むのも、生きる上で何をするのにもお金は必要で、仕事をしないという選択肢はない。私はこの先の人生を一人で生きて、一人で死んでいくことを考えたら、できるだけ長く仕事を続けていかなければならない。

 

社会で生きている人間たちは何かしら我慢して、理不尽なことにも耐えて生きているもんなんだよ。自分だけがそんな自由に生きていけると思ってるの?自分だけが特別だと思ってるの?バカじゃないの?いい歳して甘ったれてんだよ。現実見ろ。

大学まで出してやったんだから、叶いもしない夢なんかのために今までの人生無駄にするなよ。

 

仕事をしていたら自分のやりたいことができない。自分のやりたいことができないから苦しい。苦しいけど今手にした安定を手放す覚悟もない。自分の気持ちを押さえつけて、社会の中で擬態して生きてくしかない。できる限り目立たないように息をひそめて、何にもない日々をどうにかやり過ごすことしかできない。この社会では一度でもはみ出したら二度と戻れないと脅されて、必死にしがみついていくしかない。

他人の無責任な言葉は信じられない。何かあったって面倒見てくれるわけじゃない。

でも自分のことも信じられない。才能も技術もなにもかも自分の中にあるのかどうか、何も手ごたえがない。そんな私が夢を語っても、周りに理解されるはずがない。

 

もう後先を考えて不安になるのは疲れた。こんな社会で生きていくのも疲れた。

毎日色んなことに耐えていくことに精いっぱいで、抵抗して立ち向かっていくだけの力は残っていない。

理不尽な事があっても、やりたくないことばっかりでも、これは自分が生きていくためだと心の感度を麻痺させて、できるだけ気に留めないようにするしかない。

不器用で要領が悪くて甘ったれてるなりに、やっとの思いでこの世に生きている誰かと同じような日常を過ごす。何か変な事をしでかさないかと監視されて、息苦しさから逃れるために心を殺す。

何もかもに疲れた。何もやりたくない。

まずは仕事なんてやめよう。お金を溜めて仕事を辞めたら、しばらくの間は今までやりたかったことが全部できるはずだ。

……で、そこまでして私がやりたいことってなんだっけ。何を読んでも、何を見ても、心が死んでるからよく分からない。何の勉強がしたかったんだっけ。周りの声にめった刺しにされて、結局私には何にもなくなった。中途半端に年を取って、今あるところから飛び出すのが怖くなって、結局そのまま静かに死んでいくだけの未来でしたとさ。めでたしめでたし。

 

ということで2019上半期のデトックス終わり。ここからは余計な外野の言葉はフルシカト。腹くくって生きていこう。

Vtuberにハマりそうで怖い令和

さて、毎週書いてきたドラマの超個人的なブログなんですけども、今回ドラマ「きのう何食べた?」の感想についてはここでお休みします。なんかもうめちゃくちゃ中途半端で気持ち悪いんですけど、ここで一旦。

休む理由は全く大したことじゃないなりに、一応理由が2つあります。まずシンプルに仕事とか色々と心に余裕がないぞっていうこと。

いや〜〜本格的に満員電車が無理になってまいりました。しかも地獄の夏。5月でこれだもの。

いやいやみんな乗ってるんだから……何を甘ったれたことを……と言われますが、もうしょうがないの。私は私。人と分かり合えないこともそりゃあるよね。スワイプ!

数年間ほど社会人生活してますけど、慣れる慣れないとかそういう話じゃなかった。人に踏まれ寄りかかられ、時になんか中年男性によく分かんないエロ画像を延々と見せつけられるという新手の痴漢?ちょっと新手すぎて痴漢なのか何なのか分かんない……前にエアドロップ痴漢とかあったけど、淡々と見せられるのも痴漢なの?何なんだろ?意図は?スワイプスワイプ。

あと仕事以外にも何かとやるべきことが増えまして、キリッキリもキリッキリですよ。もう家庭が激ムズのエクストラハード。

とりあえず一刻も早く会社勤めから解放されたい……なんか私たちの世代になるともう年金とか払われなくなるかもしれないって言うし……80歳まで生きてるか分からないし……そもそも不景気…………思わず軽めの韻踏んだわ。

二つ目の、書かなくても平気だな?というのはどういうことかというと、いやそんなお粥をそこまで噛み砕いてどうする?ということです。唐突なお粥の例えすいません。

基本的に私はドラマの内容を消化し血肉とするために感想を自分で書いてきた訳なんですが、多分このドラマに関してはあんまり自分で書いたりする必要ないかもしれないな〜と思って。

マジでそもそも消化が良すぎるじゃないですか。このドラマ、質がいいうえに消化がすこぶるいい。

穏やかで何か派手な事件が起こったりはしない。ただ一緒に暮らすゲイカップルの慎ましくも温かな食卓を中心に描かれるドラマ。そこがこのドラマの尊いところであって、幅広い視聴者のアツイ支持を集める理由なわけですよ。最高の金曜の夜だもん。そして飯テロで余計に消化が促されてる。内臓的にも。

つまり、この誰でもどんな体調の時にも食べられる完成度の高いお粥を、わざわざすり潰すような真似するのは無意味なのではないか。

普通に味わって食べて満腹になって、ぐっすり寝る。最高。それでいいし、それがいい。

これは私の私による私のためのブログですので、自分が勝手に始めただけだからこそ、密度のないものを書いても仕方ない。オタクの熱と密度のない話ほどつまんないものないから……。

この前、過去の記事読み返してたら「いやぁ記録って大事だな!!」と思うのと「え?過去の私は何を言ってる……?」ってなるのとありました。お察しの通り後者が8割。

というわけで、ドラマのブログ一旦お休みのお知らせでした。毎週丁寧に私の感想に感想を送ってくださる方にはありがたみと感謝と感動とありがたみしかありません。主にありがたみ。よ、良かったら個人的にやり取りしましょう……。

で、普通のブログは何かとキャパ超えした時に書こうかと。前ノートにやってた雑談な感じでガス抜きもする。今年は久々に面白そうな3次元の推しができ、宇宙一顔がかわいい山本亮太の初主演舞台は決まり、映画おっさんずラブはあるし、ハイローはあるし、という猛烈にコンテンツ祭りだから追いつかない気もするな……怒涛の令和……。

 

ここでやっとタイトルの話になりますけども、通勤中Vtuberにハマりそうで怖いです。カナメとハルキー。一方がネカマ社畜くんという設定が独特すぎる。あっネカマやってるのってそんなおおっぴらにしていいんだ……令和……さすがの令和……。

まだ令和を噛み締める機会とかがないけど令和なんだなぁ。みつを。あゝやっぱり相田みつを大先生を添えると締まるな、と思ったところで以上です。

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ〜。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ

もしもヒプノシスマイクの世界にジャニーズJr.がいたら

以前もしもハイローの世界にジャニーズJr.がいたら、とか考えたことあったんですけど、それは普通に引いちゃう2016年。

いや私……3年経っても相変わらず……成長とは……って事ですが、今回ももしもシリーズやりまーす!(エアホーン3回)(あのパリピのうるさいやつ)

普通にこういうこと考えてる時間が一番尊いよねみたいなところあるじゃないですか。気持ち荒んだ時はこういう遊びするに限る!ウェーイ!

あと、えらいもんで2018年、いい感じにハマり始めた時とてもザックリしたファーストインプレッションなブログを書いていて、この時に突然の金子ノブアキブーム来てたらしいけど全然覚えてないな……。

冷静に自分で読み返して見たけど、文を組み立てようっていう気がなさすぎて勢い重視にも程がある。

 

そもそも、このブログを読もうっていう方はとっくにご存知情報かなと思いますが、エッ!ジャニーズJr.しか知らない!という方がいると仮定してザックリとヒプマイを理解するための必要条件な情報をお知らせいたします。ドドーン。

ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-

ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-

 

このプレイリストでそれぞれのディビジョンのテーマ、ソロ曲を網羅しています。

ヒプノシスマイク アニメ・ソングス  in Prime

ヒプノシスマイク アニメ・ソングス in Prime

 

 まずヒプノシスマイクとは、男性声優によるキャララップバトルというヤバいプロジェクト。

キャラデザをオトメイトらへんが手掛けているため女性向けなイケメンキャラとアングラな雰囲気の漂うラップという一見相容れなさそうなジャンルをミックスして爆誕。本気出したら億をも動かすという億り人ならぬ億りコンテンツとなりました。

始まった当初は立ち絵と楽曲とドラマトラックのみという少ない情報量だったにもかかわらず刺さるところにしっかり刺さって話題沸騰。

……正直、私あのタニタとコラボして歩数バトルするあたりからよく分かんなくなっちゃってるんでアレなんですけど、漫画の連載が始まり、近々ゲームが出るらしい。漫画読んでみたんですけど、登場人物の名前も中身もややこしくてただシンプルに私のバカが露呈しました。つらーい!!!!実は無花果様の時点でちょっと諦めていました。すみません。

ヒプマイの世界では武力による戦いが根絶されてて、何かやり合う時は精神に直接攻撃できるヒプノシスマイクを使ってラップでバトルをする。で、男性を完全に排除して女性が政権を握ってる中央区があり、男性はそれぞれのディビジョン(イケブクロ、シンジュク、シブヤ、ヨコハマ)で生活をしている。

そんなディビジョン同士でラップバトルをして、勝つとその領地をゲットできるという激アツな戦いが繰り広げられているわけです。しかもチーム戦。アツイ。

今回のブログではあんまり関係ないんですけど追加情報として、かつて存在した伝説のチームThe Dirty Dawgという存在。その散り散りになったディビジョンのトップが組んでいたチームで、とにかく曲が良いんでよかったら聞いてください。

ヒプノシスマイク The Champion/T.D.D LEGEND

ヒプノシスマイク The Champion/T.D.D LEGEND

 

 

 

今回、私の毒牙……取り扱うジャニーズJr.のユニットは、宇宙Six、MADE、トラジャ、今私の中でジャニーズに出戻る確信が生まれつつある7MEN侍で、超独断と偏見で超個人的な感じで妄想を繰り広げてまいります。

何よりも強調しておきたいポイントとしまして、本当にただ単に心が荒み気味の私が一人で楽しくなるやつなので、いやここ?!それは違うんですけど!?!?みたいなところはまあサラリと流して頂ければ幸いです。いかんせんノリと勢いの女ですから。ウェーイ。

 

まずイケブクロ・ディビジョン。ちな新曲すごく楽しい。

まずここは平均年齢が低めで、山田三兄弟でやってる。二郎と三郎の一郎に対する若干行きすぎなリスペクトもいいです。一郎のラップ抜群だもんな。TDD時代に英語部分を一手に引き受けてるだけあって抜群。あと最近中の人が掌幻さんと一緒にやりはじめてて見事にヘッズ。

宇宙Six松本幸大、MADE申樹、とみけん、トラジャ七五三掛、侍りんねって感じ。

このイケブクロの洗練され過ぎないアットホーム具合みたいなものを感じる人たち……というか、萬屋山田でバイトしても馴染みそうな人たち人選。

やっぱり萬屋的にりんねの脚力はアツいし、多分一郎をリスペクトする気持ちに共感して二郎と意気投合。

とみけんさんは何かと三郎とキャッキャしてて、しめさんは二郎とよく分からない方向でキャッキャしそう。二郎はしめさんのこと相当かわいがってくれる。「なんか急によく分かんねーこと言うけどおもしれーヤツなんだよな!マイメン!」みたいな感じ。

申樹はなにかとオトリ役になりがちで、大事なところで失敗しそうになると毎回一郎が助けてくれる。一郎に優しく叱られてちょっと二郎と三郎にうらやましがられる。

幸大さんは一郎といい感じにやっていく気配しかしない。気付いたら一番弟子。あとイケブクロは東映が近い。

 

続いてシンジュク・ディビジョン。これリミックス版で、なんかすごい壮大な仕上がりだし、映像がバチバチでいい。

ここのメンツは医者、社畜、ホストという平均年齢は高め。新宿の光と影……というか闇を強く反映した感じで、なかなかパンチが効いている。社畜とホストは幼馴染で同居してるという刺さる人にはすごく刺さる案件。私の友達はすごい刺さり方して結果突き抜けました。おめでとう。

宇宙Sixは原、目黒、MADE大河、トラジャのえる、うみんちゅ、侍ぽんさん、大光さん。基準は闇の中でも生きていけそうな、もしくは闇に負けない雰囲気……まあフィーリング。フィールフィールです。

原くんは一二三と同じクラブで働いてて、上位を虎視眈々と狙いつつ敏腕女社長とかに急に気に入られて調子に乗る。しかしだんだん実力も伴ってくる。目黒さんは原くんの隣のキャバクラの黒服とかで、クラブの道端で酔いつぶれた原くんを文句いいながら回収してタクシーに押し込むね。足で。そこは足で。

大河さんもホストで、みんなで店盛り上げてこうぜ~!って言いながら闘志がものすごそう。ラップを毎晩自主練。のえるさんとぽんさんは完全にオアシスな医者寂雷先生の枠。のえるさんは美容外科の開業医だけど、訳アリが多い夜から早朝まで診療してる駆け込み寺のような病院でも働いてたりする。ぽんさんは社畜独歩の取引先の病院の外科医、将来的には院長になって独歩とめちゃくちゃ契約してくれる。

大光さんはナイトクラブで踊れるバーテンがいいな……ヤダ、私ってば未成年になんてことを……??!

 

気を取り直してシブヤ・ディビジョン。こちらエモ散らかすというパワーワードを持つディビジョンです。他のディビジョンとはちょっと雰囲気が違っていて好き。

猛毒可愛い系デザイナー、昭和レトロの小説家、強気すぎて臓器も危ういギャンブラー。こちらは闇というよりは、パッと見は明るくてポップで原色バチバチキャンディーで、出来心で舐めたら猛毒即死みたいな感じ。一番危ない。そして私が一番好きな飄々とした顔して煽りもさらっとかわしつつカウンターかまして勝ちに行くみたいなスタンス。推しはギャンブラーの帝統ちゃん。デッドオアアライブ。人生ギャンブル上等。

宇宙Six亮太さん、江田さん、MADE稲葉様、トラジャ松松、侍は嶺亜、今野くん。

この一筋縄じゃ行かない感?ポップだけど毒もちゃんと持ってるゾ☆みたいな……まぁ言うまでもなくこれもフィーリング。

亮太さんは確実にデザイナー乱数と波長が合う。稲葉様も乱数が「わ~~いなぴのセンスい~じゃん!!」って共同ブランドを立ちあげよう。成功する。

江田さんは帝統ちゃんと仲良く公園で猫を可愛がったりしながらパチスロの朝の行列で合流してほしい。でも絶対連絡先とかは知らない。松松はよくスナップ撮られる読モだったけど、ラップがぶっ飛んでてバズる。

嶺亜はとにかくスケボー乗り回してて基本全員と顔見知り。連絡先を知らない帝統の居場所を嶺亜が知っている。今野くんは激エモなストリートミュージシャンで、幻太郎が書いた小説の主人公っぽいと話題になる。激エモ。

 

続いてヨコハマ・ディビジョン。これもリミックスの方が好き。そして類まれに見る、奇跡的に体育会系の良い所で構成されている。これは奇跡。

メンツがヤクザ、警官、元海軍というゴリゴリ感がすごいし、ドスを効かせがち。所属しているところが縦社会要素が強いので全てをパワーでねじ伏せ系か……と思われるところですが、意外とそうでもない。そしてこのヨコハマだけがヤクザなリーダーがチーム最年長ではないっていうのが刺さる……私がこういうの好き……。ちなみに私はここの警官・銃兎が好きです。見た目はすごいインテリクール系と思ったらラップですぐテンション上がるのがかわいい。イルマティック!!!!

トラジャ宮近、閑也、侍はいがれおさん、矢花くん。

いやこれは迷った。宮近はうっかりヤクザになったものの、とにかく怖すぎて隙あらば逃げようと画策。しかも警官の閑也とつながってて上手く俺を逃がして……って言ってるけど、サマトキサマにビビりつつ必死に鉄砲玉役みたいなことやってたらだんだん周りから根性を認められ始めてしまい困惑。一方、閑也はハマの交番勤務でヤクザの抗争とか見ちゃって苦い顔して「はあー……ヤなもの見ちゃったな……」って言いながらスルーしてかわいいスマホゲームに興じてほしい。

矢花くんは音楽好き高じて楽器自作しはじめて、いい響きの木を探してるうちに森に迷い込む。ヤベ……死ぬかも……(白目)ってなってたら理鶯に見つけてもらって命拾い。まあ根が民族(7 MEN 侍「速報」 | ISLAND TVを参照)でいらっしゃるのでナチュラルに共に暮らし始める。基本、森にあるものをなんでも楽器にして演奏し、夜中にすごい完成度のSAMURAIが聞こえてくるとニュースで取り上げられる。そのニュースを見ていがれおさんが「俺のパーカッションがあればもっといい曲になる……」っていう気持ちが抑えきれずに森で合流。SAMURAIのクオリティが上がる。めでたしめでたし。

 

はい、というわけで以上!

……なんか急にヨコハマだけクセが強いかな?っていう気がしますが、まぁ概ね私の中の好きがこぼれ落ちた結果です。私の趣味をリミッター外して前面に押し出された結果だと思っていただいても大丈夫です。今の時代クセなんか強くてなんぼじゃん?ね?千鳥も言ってるし。自分のブログで自分のクセを出さずにどこで出す?

あー、久しぶりに超楽しかった。これ、それぞれの楽曲聞きながら考えるとより面白いのでオススメです。現実逃避は心のコラーゲン。定期的にやりたい。

こんな私のおふざけにお付き合いいただきまして、大変失礼しました&ありがとうございました!

最後になんか最近帰り道に聞いてる名曲Hoodstarを置いておきます。最高のフロウ。

Hoodstar

Hoodstar

 

 

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ

「きのう何食べた?」第6話について超個人的な感想

我々は今までシロさんの妄想ジルベールばかりを目の当りにしてまいりましたが、ついに今回モノホンのジルベールが登場します。

モノホンのジルベール航を演じる磯村くんは自分と同い年で、うっかり92世代の仕事に感動した。原作を愛する人々からの期待をさらりと応えつつ、何なら飄々と超えてくるあたりがいいです。何て言うんですかね、あれは……小悪魔っていうんですかね……声のトーンもいい……。

それで、山本耕史が上から下までバッチリ天才だから、もう相乗効果が止まらない。あれはもうイノシン酸グルタミン酸。いや~~~どっちがイノシン酸かな?カツオに含まれてるからイメージ山本耕史かな?ちなみにグルタミン酸は昆布で、残りの一つは干し椎茸のグアニル酸。突然の家庭科すみません。深い意味は……あ、あります……。

というわけで俄然興味が出てきた磯村くんのパーソナルブックかファースト写真集を……買……いやいや、さすがにまだ時期尚早では……と何度かせめぎ合っています。

ていうかkindleの気軽さってヤバイですよね?(買った) 

 

さて本編の話へ。

f:id:flatfaces:20190512010506j:plain

tver.jp

今回のメインはやっぱりモノホンのジルベールって感じではあるんですけど、シロさんも面白かった。

3月のシロさん、デスクでスマホを見ている。ラインの画面には小日向さんからのメッセージ。「食事の件、いかがですか」と誘われているシロさんですが、これは多分数回ほど断ってるやつ……案の定困るシロさん。

一方で、女性の司法修習生がやってくることに。筧先生なら安心だから担当に、と言われて「エッもしかしてゲイってバレている……?!?」と動揺するも、敬意を持って女性に接する男性がいるということを証明してあげて、と言われ安堵し「そういうことでしたら!分かりました」と引き受けちゃう。

そこに畳み掛ける小日向さん「来週なら僕は火曜と金曜の夜があいています」……。

「なんか、色々厄介だぞ……!?」シロさんって堅実でしっかりしてるけどふとした瞬間にちょっと軽率なところがありますよね。好きです。

家ではケンジに「でも、その司法修習生の子もかわいそう。指導してくれる先輩が年上のジェントルマンで優秀で、しかも独身だよ?若い女の子だったらその出会いに運命感じちゃったりするでしょ」ケンジの考え方かわいい。かつて私も年上優秀独身男性に指導される機会がありましたが、運命も何も感じずに終わりました。あまりにも私の要領が悪すぎてそんな運命感じてる余裕なかったね。

「でも、彼はゲイ……そんな切ないことってないよ」シロさん「お前のその乙女脳にはほんと感心するよ。でもさ、実際職場にそんな空気持ち込む人間なんてまずいないよ。みんな案外理性的だし。お前だってそうだろ?」

「まあ確かにそうそうそういう人間っていないし……だからパートナーって貴重なんだよね……♡」ここ!!!!!ここのケンジの顔がすごい2019!!!

そんなケンジに対して、シロさんも満更でもない顔して「うん……まぁな」とか言って笑うのがとっても多幸感の……かたまり……。

「でもなあ、シロさんにその気がなくても女の子の方が積極的かもしれないし……あ、俺今度の火曜、美容学校時代の仲間と飲み会でいないんだ」ここでシロさんの目が2回くらい死ぬの笑った。

「ねえ、その子に誘われたりしても一緒にご飯行ったりしないでよ」「しないよ(食い気味)」「油断するとパクっと食われちゃうよ?」「俺は小動物か(ピ〇チュウ)」

掛け合いのテンポ良すぎ案件でした。ありがとうございました。

 

そして司法修習生がやってくる。「(困ったな、とても感じのよさそうな子だ……)」って言ってるけど別に何も困ることがないよね?感じのいいに越したことはないじゃん??

司法修習生が笑顔を見せれば「なんだ今の笑顔は……俺の飾らない感じに好感をもってしまったんじゃないか……?」などといちいち過敏に反応してしまうシロさん。とりあえず落ち着こう。

というところで、シロさんにラインが来て立ち止まった背中に司法修習生が激突。危ない。倒れる司法修習生を起こしてあげようと手を掴み、司法修習生に手を掴み返されて、エッ今、な、なんか始まった……?!!?みたいな顔になるシロさん。

小日向さんからは「一度どうしても二人でお会いしたいのです」というメッセージ。

シロさんは「(なんか俺、モテてる……!?)」と、頭の中では完全にちょっと遅めの春の到来。愛くるしい……愛くるしいよシロさん……。愛くるしさがすごすぎてOPも味わい深いです……。しかし何度見ても天才のOPだな。

 

シロさん、結局小日向さんにまるめこまれた火曜日を迎えるの巻。

照明暗めの尋常じゃなく雰囲気のいい店で小日向さんを待ってる間に、ケンジから「飲み会が盛り上がってるから帰りが遅くなる」というライン。素っ気なく了解と返事をするなり「例の女の子とどっか行ったりしてないよね?」と言われ、行ってないよと返事はしますが「(なんだ、この罪悪感は……)」何なら、女の子とご飯行くよりももっと悪質なやつでは……。ていうかケンジのアイコン超いいよね。良い人感すごい。

そしてスッと急に現れる小日向さん。シャツから何からオールブラックでシュッとしまくり。スーツが似合う体格。そんな小日向さんを見上げるシロさんが完全に目がきゅるんきゅるんして……ないか……?ねえシロさん……??

小日向さんはグラスを回しながらジルベールの愚痴をこぼします。「とにかく航の仕打ちはひどすぎるんですよ……この間なんか二人で旅行にいくその日の朝になって着ていきたかった洋服がクリーニングに出しっぱなしだってギャンギャン泣くんですよ」

小日向さんの話を聞きながら咀嚼するシロさん小動物過ぎて笑った。小動物意識してない?大丈夫ですか?

「あと30分で家を出ないと飛行機に間に合わないって時に……」「はぁ……」

ここでシロさんの妄想ジルベールが登場。もうお目にかかれないかと思っていたけどまたお会いできてうれしいです。あと回を重ねるごとに思いますけどシロさんの想像力の逞しさすごい。

大ちゃんなんで無いの!?と責めるジルベールに、床に正座して大きな体を縮めて謝る小日向さん。クリーニング屋に行って服取ってきてよ、というわがままジルベールに「店がやってたら今からでも取ってくるよ?でも今朝の8時だから……店がまだ……」

しかしシャッター叩いてでも取ってきて!!!と言われ、ダッシュで店に取りに行く小日向さん……そしてちゃんと言われた通りシャッターも叩く……。

「行ったんですか……?」「行きましたよ。でも当然、誰も出てきませんよ。それから出発までの間、すっかりむくれた航のご機嫌を必死に取って、ごめんねごめんねと謝りながら、なんとか成田エクスプレスに乗ってもらったんです」

ジルベールのご機嫌の取ってるはずなのに、ちょっと小日向さんのご褒美にも見えてきて自分で自分に困惑しました。とんだプレイを見せつけられたぜ。

シロさん「それはご苦労な事で……」ここで小日向さんがおもむろに口をナプキンで拭う……そして席を近づけワインを注ぎ「筧さん、僕ももう限界かなって思う時もあるんですよ……筧さん、初めて会った日、覚えてますか。僕、なぜか筧さんにはすんなりと航の愚痴が言えたんです」

小日向さんって何かと筧さん、って呼びかけるのヤバいよね……なぜかこっちに若干響いちゃってるところあるもん……。

なんかものすごいエロさでワインを飲み干す小日向さんを見ながら、シロさんの脳内「何だこれは……まずいぞ……彼氏との不仲を相談するというテイで俺を口説こうとしてるんじゃないか……!?まずい!!それはまずい!!何がまずいって、小日向さんは割と俺のタイプなんだ!!」突然自分に素直になって笑った。わりと最初から目が完全にそういう目をしてましたので、でしょうね!!!って感じで。

「筧さん……僕、何度もお誘いしたのは、筧さんに会って」「いいいいやダメです!!俺今、一緒に住んでるヤツがいて!!」「はい?」「え?」

からの「だいちゃ~ん!」ジルベールと分かると目の色変わる小日向さん、高めの声で「あっ、あっ、あっ航くん、こっちこっち~♡」すごい手招きしまくってたら、ひょこひょことやってくるモノホンのジルベール。はぁ……あなたでしたか……って感じで感動してたんですけど、「ごめ~ん遅くなっちゃったぁ」と言いながらぶっ飛びファッショ二スタ(針ネズミ)が降臨したので二度見した。独特すぎるシャツ。小日向さんの隣でへらへらしてるジルベール航をみて、目を見開くシロさん。妄想ジルベールとの高低差に驚きまくり。

「井上航、僕の恋人です」と小日向さんに紹介され、どうしても筧さんに会ってもらいたくて……と言われる。「あぁ~こんばんはぁ。航でーす。はじめましてぇ」……絶妙。これは絶妙に調整してきたジルベール

勘違いされたことを察した小日向さん「なんか、すいませんね……」

超恥ずかしいシロさん「やだなあ、小日向さん!ジルベールって(どうみても普通の青年じゃないか……)」

ジルベール「また大ちゃん、いっつもそれ言う~♡」「僕にとってのジルベールという意味です」それは分からない!!!小日向さんちょっとトリッキーすぎだ!!!

シロさんが小声で小日向さんに「限界というのは!?」と聞くと「それは僕が航くんの要望を100%叶えるには、体力的に限界かもと」「そうですか………」

ジルベール航がいるだけで完全にいい顔になっちゃう小日向さん。

ここからシロさんの逆ギレ劇場「(なんなんだよ……紛らわしいよ!あのテンションで来られたらこっちは誘われてんのかと思うだろ!?ていうか航、全然洋服とか構ってなさそうだし、普段その服で一体どんな服をクリーニングに出してんだよ!だいたいそんな善人顔であんな理不尽な仕打ちをしてるのか?本当に……)」

「あの失礼ですが航さん、おいくつですか?」「30になったばっかで~す!」「30……(そもそも美少年設定無理だろ!!!!)」

ここで小日向さんが「あっという間に時間って経っちゃったよねえ♡」「うん、経っちゃった♡」みたいな会話がマジでシロさんに追い打ちかけていました。

疲れ切ったシロさんが帰宅すると、ケンジがソファーで寝ている。「ケンジいたのか?!」とびっくりしつつ、様子を心配する。「あれ、シロさんも飲んできたの?」「ああ、おさむ先生と少しな……」鋭すぎるケンジに動揺を隠せぬシロさん、ウソをついてしまう。

 

シロさんの職場。母を医療ミスで殺された息子の依頼者が和解なんて受け入れない。取れるだけ取ってやると言っている場面。シロさんは裁判で医療過誤が証明できても欲しいものは得られないと冷静に諭す。

80の老人なんか死んで当然だと思ってんだろ!と依頼者に噛みつかれるんですけど、シロさんも年配になった両親の生死に直面して色々考えてたんですよ……と言いたい気持ちに。

至って冷静なシロさんは依頼者に「入ってくるのはお金だけです。本当に求めているのはお金じゃないですよね。担当医からのお母さまが亡くなられた経緯の詳細な説明と可能な限りの謝罪を要求しました」というなり、依頼者はハッと気が付く。

「裁判所は相手に金を払えと命じることはできても、謝れと命令することはできないんですよ」本質を見失わないシロさん。さすが優秀……。

その後、お昼を食べる司法修習生とシロさん。二人が医療過誤の訴訟について真面目な話をしていたところで、いやあ勉強になっちゃうな~~と思っていた矢先のことでした。司法修習生が尊敬のまなざしを向けていると、シロさん「(ちょっ、待って、こんなこと言っちゃう40半ばの弁護士、お好みでしたか!?)」と謎のテンションを見せる。逆のこと言ってフォローするも良いように受け取られ、焦ってご飯をかきこむシロさん。もりあがった司法修習生は理想の弁護士と出会えたとばかりに「先生!素敵です!」と前のめりになる。

どんどん悪い方向へ転がっていき焦るシロさん「(うわぁあどうしよう……困る!とっても困る!きっぱり言うべきだよな、そういうの困るって……いや、こんなかわいい子だ、きっと彼氏の一人や二人いるはず……いるだろ……いるよね絶対!?いてくれ、彼氏!!)彼氏、いるの?」……衝撃。衝撃だよ、これは。

いやあ、シロさんってホント土壇場の選択をすごい間違えるよね。安心させようとして佳代子さんに「私はゲイです!!」って言ったり、想像力がものすごいうえにチョイス誤るから本当に落ち着いて欲しい。

 

事務所に戻るとしっかりお叱りを受けるシロさん。「筧先生、独身ですもんね。その見た目だし……気にしないで。普通の人は男女関係何か持ち込まない。もちろん筧先生もね。でも、出会ってしまうってことはあるのよね。筧先生、ちょっと焦っちゃったかな?(笑)」そういわれても下手に強く言い返せない複雑な心。

「(二連続で全くその気もない相手からフラれるって……勘違いなのか?俺が自意識過剰だっただけなのか?ああ、もう今日は何もしたくない……)」

鶏もも肉の水炊きにしようと計画して中村屋に入るも、棚はすっからかん。

「神はどこまで俺を痛めつける気だ……」と絶望したシロさん、棚の奥を覗き込むと高めの比内地鶏手羽先がひとつ。高い……!!!無理だ……!!と思っているところに、救世主現る。淡々と半額シールという施し。神は見捨てなかった!!やったね!

ここから手羽先の水炊きを作るんですけど超おいしそうで死んだ。無類の鶏好き。

ぼうっと見つめているとあの恥ずかしい感じの記憶がよみがえり、居ても立っても居られずレンコンのきんぴらを作ることにする。これも超おいしそうで白湯をがぶ飲みした。無類の根菜好き。

料理を作りながらケンジの帰りを待ち、帰ってきたところでベストタイミングに具材を投入するあたり愛~~~愛を感じる~~~~!!!

鍋の蓋を開けて眼鏡曇ったケンジが「あれっシロさんどこ?どこなの?」っていうのが絶妙なキャラすぎて好き。揃いも揃って匙加減が上手すぎる。私、母が山のように塩焼きの手羽先を作ってくれて山のように食べてたので、シロさんとケンジの手羽先の食べ方が気になったけどさておき。

「うまいからって食いすぎんなよ!」「また腹八分目にしとけっていうの?」「この後があるからだよ」ニヤリ……シロさんの意味深なニヤリ……そしてケンジ……。

シロさんはレンチンした冷凍ごはんを取り出し、雑炊のご飯の用意をする。でも、さすがにさっきの笑みが意味深すぎて、やましい方のこの後を想像した方、絶対いらっしゃいますよね。絶対いるよね。ね?ねえ?

しめの雑炊も最高においしそうで……何度目かの死……。まあでも二人して幸せそうだからなんでもいいや……何度でも生き返るし……。

食後、ぶっ飛んだジルベール航の話をして盛り上がっている二人。ジルベールにウケまくるケンジに一安心。「(よかった、ジルベールインパクトで小日向さんと二人で食事したことはスルーされた。まあ、俺はケンジが心配するほどモテはしないんだ……)」ああああ愛。いまの愛溢れてたぁ。急に愛溢れるからマジでびっくりする。今回も前回より倍くらい尊い

 

というわけでまた次回。

次回も小日向さんとジルベールで大盛り上がりしそうです。

早くも折り返し地点にやってきてしまったのかと思うと寂しさ込み上げるところもありますが、そこはポジティブにいくしかない。私たちには無敵のレシピ本とマグカップがあるからきっと大丈夫……!!!!

さあ、この多幸感を糧に来週も頑張……その前に一人で世界の山ちゃん行って山盛りの手羽先を食べようと思います。イエーイ!手羽先ー!

あと、Googleのpixel3aに機種変……やっぱりpixel3aって買いですかね??わりと一日中悩んでいるので詳しい方いらっしゃいましたら、買いかどうかご一報いただけると幸いです。

 

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ

「きのう何食べた?」第5話についての超個人的な感想

10日間も休日があったっていうのに休めたんだか休めてないんだか分からない状態です。連休中はよ~~し!休みは気が済むまで寝てやるぞ!と思ってたけど、いざ休みになるとずっと寝てるのがもったいない気がしてくるの何なんだろ……悲しき性の貧乏性……。

ここまで休んだら社会復帰できないんじゃね???と思われたけど、振り返れば意外と休んでないからそれなりに大丈夫そう。ていうかキンプリ見たから大丈夫。いつも心にプリズムのきらめきがあるから☆☆☆

 

なかなかのポジティブプリズムクレイジーモードですけど、きのう何食べた?が相当尊かったんで今週も感想を語っていきます……こんな尊さを更新していくことってあるんだなって……。

完全に心はテレ東の回し者って感じで毎度お知らせしてますけど、公式ガイド&レシピブックはもうお手元にありますでしょうか?どう考えても必携なのでぜひ。一人暮らしでも実家暮らしでも使える。

公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ~

公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ~

 

講談社の素晴らしいお仕事に感謝感謝。 

 

f:id:flatfaces:20190506125056j:plain

冒頭はケンジの職場の美容院で「それって、家によって全然違うよね。うちは昔から塩だなあ、塩」「えー私味噌!味噌です」

ケンジ「俺も味噌!ぜーったい味噌!!」「ですよねえ!」「俺はしょうゆだったな」「店長っていっつも少数派ですよねえ」というサッポロ一番と言えば何味論争からスタート。我が家はどれかと言えば塩派……でもカップのシーフードヌードルの方が思い出深い……。

病院ではシロさんのお父さまが診察を受け、検査結果は問題ないとのこと。お母さまが大きめの声で感謝するのに、お父さまが「おいおい、手術受けたのは俺だよ(笑)」っていうの。そしたらシロさんがにっこり……いい家族……。

家に戻ってきて、みかんを食べながらお父さまを見てにこにこしちゃうシロさん「お父さんの手術のおかげって言うのもなんだけど、俺初めて夫婦っていいなって思ったよ」

すると母は真剣な顔で「そう思うなら、もっと真剣に考えた方がいいんじゃないの?矢吹さんとは一生添い遂げるつもりでいるの?あなたもう45なのよ。老後とか、そういう老い支度のことその人と話したことあるの?」「ないよ……老い支度ってすごい言葉だな……」「史郎さん!!」「何だよ……」「お母さん一度ちゃんとあなたと話がしたいの。今年の年末年始は帰ってらっしゃい!!」「分かったよ……」

意図せず胸に突き刺さる老い支度。はあ……老後、か……(小石を蹴る)

 

朝の自宅にて、シロさん「あーあ、帰りたくない。なんだよ、老い支度って。自分たちがそう言う歳になったからってこっちまで押し付けてくんなっての……そのくせ飯は高校生じゃないんだからってくらい作るし……俺が45って一番分かってないのあの人だよ……正月はただでさえ太るのに余計食わされる……それでグチグチ言われるんだからもはや苦行でしかないよ」と愚痴る。親からすれば、何歳になっても子供は子供である。言ったところでしょうがないことなんでしょうけど、その親の中の子のギャップって埋まらないんですよね……私は所詮子の分際なんで分かりませんが……。

ケンジがマグカップを両手で持ち、静かに見つめ「シロさんはさ、ちょっと贅沢だよね。シロさん前からお母さんのことケチつけてるけど、ゲイは恥ずかしいことじゃない。息子がどんなでも受け入れるって言ってくれるお母さん、俺すごいと思うよ。一人っ子のシロさんはもう孫の顔は絶対に見せてくれないって分かってて……例えうわべだけでも、理解ある言い方してくれる親にちょっとは感謝してもいいんじゃない?ともかく四の五の言わずにお正月くらい実家に帰って少しは親孝行してらっしゃいな」

いつもなら言い返しそうなシロさんが、ちらっとケンジを見ただけで何も言わずに朝食を食べる。こういう時に感じるケンジが一枚上手な感じがすごい。

シロさんは階段を下りながら、仕事をしながら「(怒ってた……珍しく真面目に怒ってたな、あれは……)」とちょっとへこむ。本当に怒ってる時は逆に冷静になるのあるある。それで美容院を経営している人からの相談を聞き、そういえばケンジの母も美容院をやってるって言ってたな……と思い出す。そして、そういえばケンジの実家がどこにあるとか、詳しく聞いたことがなかったと気付く。

 

ケンジが働く美容院の店長「俺もさあ、子供が生まれてからだもんね。毎年実家に顔出すようになったの」「そっか……実家なんか普通は行きづらいのか。シロさんにちょっと強く言いすぎちゃったんだよね、今朝」

家族のかたちや、家族との関り方、距離感って人それぞれですよね。最近自分の家族との距離感がほかの家庭よりも少し遠めらしいと知った。この歳まで全然気づかなかったけど。

ケンジが帰宅すると、料理中のシロさん。チャーハンを作っている……夕飯にチャーハンを……。

ケンジは意気揚々といただきまーす!と食べ始めたものの、ふと「どうしたの?俺の好きなのばっかり。卵使ったの2品もあるし、ガッツリ系のあんかけチャーハンに、こってりオイスターソース炒めなんて絶対作ってくれないじゃん」「まあ、たまにはいいだろ」

シロさんにおいてこの夕食とは一種の自己表現であり、相手に気持ちを伝えるための手段。これは繊細でよく気が付くケンジだから通用することで、シロさんなりの甘えっていうか、そういうのもいいですよね……尊……。ケンジに怒られてはじめて自分が贅沢な事言ってるのかもしれないって気づいて反省して、ケンジが好きなものをいっぱい作るシロさん。超かわいい。顔が良いだけじゃなくて中身すごいかわいい。

「……あのね、シロさん。今朝、俺」「俺さ、大晦日家に帰ることにしたよ」

この時のケンジの顔がマジで良く出来過ぎていてグッと心を掴まれた。からのシロさんの笑顔がまた思いやりすごすぎて尊すぎる問題。

「やっぱあんかけチャーハンってうまいな」「こってりメニューって最強だよね」

 

そして大晦日当日。「じゃあ俺行くけど、ケンジ本当に大丈夫か?鴨南蛮くらいでよかったら年越しそばの容易していくけど」か、鴨南蛮くらいで良ければ!?鴨南蛮大変じゃない?!ちょっと私分かんないですけど……。

「いいのいいの、うちギリギリまで店開けるし。夜はその流れでみんなで忘年会だから」「そうか?じゃあ行ってくる」「いってらっしゃい」

この、シロさんを送り出す感じ。温かさがすごい。最後、ケンジがおそらくシロさんの背中?に手を振ってるところもすっごい。シロさんはケンジのことを全然好みのタイプじゃなかったって言ってたけど、そんなタイプとかどうでも良くなるくらい好きになっていく気持ちめっちゃ分かる。ケンジもシロさんも愛が深い。

実家に戻ったシロさんは、よろけながら正月飾りを玄関に取り付けようとするお母さまを発見。「何やってんの、危ないよ」「いつもお父さんがつけてくれるんだけど……」「貸して、俺がやるから」「あら史郎さん、背が高くて助かるわぁ!」「あと何か無いの?家の壊れてる所とか」「(手パチン!)あるわ」「……」

ここぞとばかりに雨樋のとこの枯れ葉を掃除したり、電気を変えたり、スマホの使い方を教えたりと重宝されるシロさん。

 

居酒屋にてケンジの職場の忘年会。ビールで乾杯。

シロさんの家では豪華な具財いっぱいの鍋。まだクタクタに煮たものしか食べられないというお父さんが「悪いなあ、正月なのにあっさりしてて」「いや、45歳にはベストメニューだよ」大晦日の鍋っていいな……今年やろ……。

ケンジはささっと財布からお金を取ってこっそり隣の席の同僚に渡し「40過ぎてオールは無理よ。じゃ、皆さんよいお年を~!」と言って一足先に店を出る。後輩くんに「これから別の男に会いに行くんじゃないですかね……」とよからぬ噂を立てられているとはつゆ知らず、るんるんスキップして帰宅。

「みんなで話してからずっと食べたかったんだよね……よし、始めるか」台所にはサッポロ一番の味噌ラーメン。ケンジクッキングが始まります。

見る見るうちに飯テロとかいうレベルとはもはや違う次元の、バターと具だくさんでとんでもない味噌ラーメンが出来ていく……深夜になんつーものを見せてくれてんだテレ東は……ありがとうでしかない……。ちなみに私もシロさんから教わった生卵レンチン半熟卵の技試しました。料理は科学だよね。

料理の途中で携帯が鳴るけど今は無視!とラーメン作りに集中するケンジ。そして分量、味のバランスめんのゆで具合などが完璧な味噌ラーメンが完成し、最高の年越しラーメンと共に年越し。

ジャニーズ系の男の子を好むケンジ、しっかりジャニーズカウントダウンを見て「可愛い……でももうこんな若い子たちと付き合いたいとか思わないんだよねえ。いわば親戚の子供たちが頑張ってるのを見守るおばさんの気持ち」ヤダわかる~~~~~~どうしようめっちゃ分かるじゃんそれ~~~~~完全に私。見守ってメモりたい。

「大好きなサッポロ一番味噌ラーメンを食しつつ、かわいい男の子たちを鑑賞して年越し……いいわあ」分かる~~~~~!!!!!分かり過ぎて分からなくなってきた。

スープを飲み干して、テレビの中のカウコンと一緒にハッピーニューイヤー!っていうケンジ。ていうかカウコンの映像けっこう凝ってません?テレ東のそういうところをこだわるの好き。

再び電話が鳴り、やっとケンジが電話に出て「あ、シロさん?あけましておめでと~」って言うんだけど、あの電話を出る時の操作の指もいい。キャラがしっかり出てるところが。

電話越しのシロさんは「おめでとうじゃないよ。お前なんで電話に出ないんだよ。さっきから何度もかけてるのに!」「ごめんごめん」「一人で年越しするのはさぞ寂しかろうと思ってかけてんのにお前は」「サッポロ一番食べてた」「……サッポロ一番じゃ仕方ねえな」「でしょ?」「作ったら即食べだよな、あれは」

価値観が合うって大事ですわ……。シロさんはケンジのことタイプじゃないって言ってたけど、何と言っても一番重要視する必要があるのは衣食住の価値観が合うかどうかってとこじゃないかなって。

ささっと洗い物を済ませながらケンジ「ま、こうして一人の年越しが寂しくないのは、シロさんがちゃんと帰って来てくれるって分かってるからなんだよねぇ」そして1つの空き袋をじっと見て捨てる。……ここで寂しさを感じさせる技。尊い。尊くて切ない。全ての質が良すぎるから最終回終わってからも春夏秋冬ごとに単発のスペシャル放送して欲しい。

 

筧さん家であけおめ。超豪華おせちが立ち並び、名前入りの箸袋まで用意されている。すごい……と思ったら突然のお隣さんの子供たちとが来訪。

戸惑うシロさん。筧さん筧さんと懐く子供たちと、子供たちを可愛がる両親を見て「(そうか、うちの親たちはもう……孫の代わりにお隣の子供たちを可愛がることに決めたんだ……)」こうして、親は親なりに折り合いをつけようとしていたのでした。

お隣さんからの大量の餅を譲り受けつつ母に「あのさ、老い支度の話してないけどいいの」「ああ、もう分かったでしょ」親の愛の深さ。

シロさんは帰宅するなり、大量の餅を消費することに。辛味餅、きな粉餅、くりきんとんを頬張る二人。まったくこの人たち甘辛を交互に食べるの好きすぎ。

「帰って良かったよ、実家」「うん」「分かったよ、色々」「俺もよかったよ。一人サッポロ一番味噌ラーメン、めちゃくちゃうまかった」

するとシロさんはふわっと笑って「サッポロ一番はやっぱ味噌だよなあ」「うちもずーっと昔から味噌一択。親父が機嫌良いと作ってくれて、それがすごく美味かったんだよね」「そういえばケンジん家って」「ああ、大丈夫。おふくろは上の姉ちゃんと同居してるし、親父は昔からふらふらしてて音信不通だから」「えっ!」

ケンジの知られざる家族の秘密がさらりと明らかに。ケンジは「全然!そんな暗い話とかじゃないから。お袋も姉たちもテンション高めの人たちで、ずっと楽しく暮らしてきたから」「そっか……」「姉たちに子供もいるし、俺は本当に気が楽なんだよね。それなのにシロさんに偉そうなこと言って、ごめんね」

ここでシロさんが笑って「そうだよ!隣ん家の子供が来たときの俺の居心地の悪さ想像してみろよ。地獄だったよ」「シロさんの顔目に浮かぶわぁ(笑)」

最高のほんわか具合。二人がお互いに相手を気遣う様子が本当に優しくて幸せな週末を迎えられてることに感謝。まだ折り返し前だけど終わるのが怖い。

さて、次の日から餅を消費するという任務を背負ったシロさんによる怒涛の餅料理。雑煮、磯辺焼き、雑煮、餅ピザ。それでも冷凍庫にはぎっしりの餅。餅。餅。

「さて今日の餅料理は……」と、餅を取り出したところで肩を掴まれるシロさん。

ケンジ「お願い、シロさん……パン食べさせて、パン。あの憎い女の店でいいから。餅以外の炭水化物が食べたい!!!」ケンジの両手で顔ガシッ!!!!シロさん顔グニャ!!!

「食べたいの!!!餅以外ならなんでもいいの!!!」「わかった、分かった…!」

ということでトーストを2枚焼く。ちなみにシロさん家のトースターは多分これ。次買い替える時はこれにしよう。

 念願のトーストにバターオン栗きんとん。

「これ、お袋が作った栗きんとんの残りだけどな」「おいしいよ。また来年も食べたいな」「言っとくよ」ひ~~~~~~~最高に穏やか~~~~!!穏やかだけど変化がないわけじゃないところがいい。ゆっくりと二人の関係が前に進んでいってるところが超いい。

また餅に戻るけどな、とシロさんに言われて吹き出し「ひと月も餅なの!?」ってなるケンジかわいかった。餅地獄ファイティン……。

というわけでまた次回!突如爆モテになるシロさんと、ついに、待ちに待った、ジルベールが来る……今回は金髪じゃないモノホンの方だ……。

 

連休中に生活のリズムをバキバキにぶっ壊してしまいましたが、この何食べを見て心の優しさ補給して何とか社会で生きていこうと思います。とは言っても頑張りすぎるとだいたい後々でえらい目に遭いますんで、出来る範囲でやっていきたい。

まぁ私の心にはプリズムのきらめきがありますので、レディースパーキング!!!!!で何とかなりそう。なんか友達に「あんたも立派なキンプリヤクザだね」って言われました。良さを布教してこそオタクですから。なんか実力と個性と優良ビジュでお馴染みの賢プロダクションのスイートギャングこと畠中祐っていいですよね。急な話の転換はデフォルト。突飛なキャッチもデフォルトです。気にしたら負け。

 

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ

 

私のゴールデンウィーク~どう考えてもSparking~

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

と言うわけで、この平成と令和を繋いだGWに買ったものとか出会ってよかったものを列挙してGWの総仕上げにします。ウェーイ。

 

ワンダーコアスマート

これは大和ア……諸事情により腹筋を割りたいという込み上げる強い思いから購入に至りました。

でも諸事情とは別で、ま~~不思議なことに働き始めてから体重が激増。さすがに危機感を覚えてるところだったんで、これ絶好のタイミングでしかなくね!!!っていう。

冷静に考えてみて分かったんですけど、社会人になってからの摂取カロリーと運動量のバランスがマジで最悪。驚くほど釣り合ってない。そりゃ当然太るわ。何一つとして不思議じゃなかった。

ということで、母から運動に明るくない娘の私に対して「これ……何かに騙されてる……?」みたいな見方をされつつも実際に使用しています。

宇梶剛士先生のCMでみなさんご存じワンダーコア、確かに倒れるだけで腹筋ができる。なんか初めた初日は腹筋に効いてる感じも微妙だったから調子乗ってTRF聞きながら80回くらいやってみてて、それでも翌日はそんな筋肉痛も無く、エッヤダ……これもしかして本当に騙され……???と懐疑心に苛まれたけど、そんなもんは杞憂だったね。

腹筋やり始めてから数日後、予てより寝起きの悪さに定評のある私、朝起きて起き上がるときに腹筋が痛すぎて秒で目が覚める。まず寝返りでちょっと痛いし、アラーム止めようとして腕を伸ばした時にも痛い。些細な動きでも呻き声をあげそうになり、日常生活に支障が出かねないので、今はとりあえず半分の40回をヒイヒイ言いながらやっています。

とりあえず6月6日(あの人の誕生日)までに、腹筋を6つに割るまではいかずとも引き締めたい……頑張ろ……。

 

 よこすか海軍カレー

調味 よこすか海軍カレー180g(1人前)×2個

調味 よこすか海軍カレー180g(1人前)×2個

 

これも諸事情がらみの購入。何となくカレーが食べたくなった金曜日にサクッと買ってみたんですけど、個人的な感想としては家で作ったような懐かしいカレーの味っぽくてエモい味でした。これが大和アレ……いやあの人の……家庭の味……かもしれない……ね?……っていう。そういう話でした。

 

ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

ちょっと、春を吹っ飛ばして夏が来てない……?と思ってたら、心なしか頬骨らへんがヒリついてきた気がする。ハッこれってもしかして日焼け……ということで、日焼け止めを買いました。

店頭で見かけた時にパケが赤×黒でやけに強そうなのに対し、石けんで落とせるということで、それは言うことなしじゃない?つって。

他と比べると値段は高いけど機能性を重視してみた。化粧下地になるし。決め手はキン……諸事情とビオレがコラボしてるって聞いたんで。

使ってみた感想としてはジェルだから軽くなじんでいい感じ。匂いもない。サラサラの乳液みたいな感じで乾燥もそんなしない。ははぁ、これがビオレの努力……と噛みしめながら使っています。

諸事情抜きにしても普通におススメです。サラっとテクスチャーなのに水泳もできるってよ。やるよねビオレ。

 

天下の81プロデュース貫禄凄まじい低音の使い手・武内駿輔

キンプ……諸事情の中の、大和アレク……あの人のCVを担当されている声優さん。かれこれ色んな沼を渡り歩いてみたニワカにも分かる只者じゃなさ。

この只者じゃなさっていうのは、分かりやすく同じ声優さんで言うと松岡禎丞さんの声を初めて聞いた時みたいなヤバさが……いやごめん、それはちょっと違う……安元洋貴さんの方かな……低音だから……あの人も衝撃受けたな、ハチクロで……。

確かソシャゲか何かで聞いたことあって「へ~~武内駿輔さんって聞いたことあるような無いようなベテランいたんだなァ」みたいな感じで終わってたんですけど、今回大和アレクサ……あの人をやられてるって言うんで、ググったら97lineで度肝。情報を仕入れる際の油断がすごすぎて驚きが倍増。分かって聞いてもTRFのデビューの4年後に生まれたとは思えぬEZ DO DANCEじゃん?ちょっと聞いてみて?

EZ DO DANCE -THUNDER STORM ver.-

どう考えてもデビューから5年より前くらいに生まれたくらいの完成度………あーーもう自分の語彙力に心折れたんでやめます!!!とにかくパネエ低音。

ていうか、一応何となく濁してたんですけど、そもそもサムネイルからしてキンプリ知れてるってのに自分でなんで濁してんのかが全然分かんなくなってきたんでやめます。そして我ながら濁し方が下手すぎ。

 

大和アレクサンダー

KING OF PRISM by PrettyRhythm 大和アレクサンダー バトルスーツVer. 1/8 完成品フィギュア(月刊ホビージャパン2017年7月号&8月号 誌上通販、一部販売店限定)

これはつい最近再販して秒で売り切れたフィギュア。欲しかったぁ。

今、私が2次元の中で最も夢中になっていると言っても過言ではない男……大和アレクサンダー……アレクの女になった自覚として腹筋を割ろうとしている。

自分から運動をしようなんて到底思わぬこの私に、自発的に腹筋しようと思わせた記念すべき初めての男。オタクとして推して体が健康になれるとか最高じゃない?我ながら究極のWIN-WINにハマってて草。

彼がどういう男なのかとかは、早急にキンプリSSSⅢ章を公開してる映画館を探して観てください。アレクのバックグラウンド+成長が見れるから。ドキュメンタリー大好き芸人に刺さる刺さる。

あと私から言えるのは、アレクの女になると健康に近づけるし、アレクが絶対に幸せにしてくれる。そして一度信じた道を突き進み、一度受けた恩義とリスペクトは一生忘れない。そういう純粋でまっすぐで尊いジャンプを跳ぶ男です!!!!推せる推せる!!!!!

……しかしまぁえらいもんで、一回キンプリ観たら何かにとりつかれたように人に勧めるようになるわよとか脅されてて「イヤァそうは言ってもねぇ(笑)」なんて思ってたらガチだった。恐ろしい。

 

テレビ東京で月曜1時35分に放送中 KING OF PRISM ~SSS~

これよ。結局のところ私が一番したかった話これだったわけよ。

そこはかとなく匂わせてたんで察しの良い方は「ハイハイ始まったな」って感じかなと思います。柄にもなく回りくどいやり方した。

まず、カヅキ先輩とタイガきゅん(は昨日だけど)お誕生日おめでとうございま~~す!!ストリート系は最高~~~!!

ストリート系???な方は手始めにこちらのタイガきゅん回を見てください。アベマTVで見逃し配信もやってるらしいです。

最初はちょっと意味が分からないのにアツさで何回でも見れるし、欲望のままに何回か見てるとだんだん良さがぶわ~~っと湧き上がってくる。

ただすごさを感じるだけじゃなくて、頭でちゃんと理解できるようになります。私ができてるからみんなできます。

なぜタイガきゅんがカヅキさんをリスペクトするようになったのかが明らかになりつつ、プリズムショーとの出会いと、ウィンクに軽率すぎるキュン……時々チョロすぎて心配になるよタイガきゅん……。とにかく祭りを愛するタイガきゅんの心の成長がいっぱい詰まった尊い3話。ストリート系はみんなリスペクトを忘れないところが本当に好きでアツい。個人的にエンディングでその熱が爆発しました。天下獲りにきてる。あと顔の可愛さが抜群。

 

いやはや、こういう強い思いが宿った作品を見ますと、自分の知らない素晴らしい世界がいかに沢山あるのかをヒシヒシと感じるわけです。どうにも視野が狭い分、少しでも視界に入ってきたものは積極的に自分の中に引っ張り込まないと損じゃん?

やっぱり人生とは一生勉強であって、学びを止めた瞬間に世界の広がりが止まってしまうんだなって思うよね……この世に生まれたからには貪欲に生きたいから……自分で自分の限界決めてんじゃねーってやつですよ……。

さてまとめがスポ根ぎみになってしまい若干引いてますが、これが私のGW、キンプリでした(アナザースカイ調)Sparking!!