前略、沼の中より

人生はネタだらけ

怖くても散るのさ、華麗に美しく

熱狂のPRODUCE101JAPANが終わりました。

振り返ると結構長かったはずなのに、終わるときはあっという間すぎて実感がないっていう。日付が変わってLINEとギャオで投票するのが習慣になってて、無駄にギャオ開いてしまうので一旦消しました。

マジでもう虚無がやばくて、心によなともの亡霊とかYOUNGの亡霊とかなんか色んな亡霊を飼ってしまったので、このブログで成仏させたいと思います。

PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK (ヨシモトブックス)

PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK (ヨシモトブックス)

 
【Amazon.co.jp 限定】PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK Amazon限定カバーVer. (ヨシモトブックス)

【Amazon.co.jp 限定】PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK Amazon限定カバーVer. (ヨシモトブックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2019/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

日誌ガアツすぎて消化不良起こしそう。

 

地上波の生放送でグループ名はJO1に決まり、デビューする11人が決まりました。

 

その前にデビュー評価があって、YOUNGとGrandMasterというオリジナル曲をそれぞれ披露したんですけど、全員びっくりするくらい美しかった。研ぎ澄まされてた。曲もいいし。

YOUNG

YOUNG

  • アーティスト:PRODUCE 101 JAPAN
  • 出版社/メーカー: Genie Music Corporation
  • 発売日: 2019/12/12
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
GrandMaster

GrandMaster

  • アーティスト:PRODUCE 101 JAPAN
  • 出版社/メーカー: Genie Music Corporation
  • 発売日: 2019/12/12
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

PRODUCE 101 JAPAN|♫YOUNG@#12 デビュー評価
PRODUCE 101 JAPAN|♫GrandMaster@#12 デビュー評価

 

さて、私がちょっと前から推し確して最後の方はもう人権を失いながらも布教して回った與那城くん、YOUNGでまさかのサブボーカル6という見せ場少な目のヒヤヒヤポジションだったわけですが、正直あんまり関係なくて笑った。ビジュアルでぶん殴りにいくスタイル選手権、優勝おめでとうございます。

ファイナリストのオーディションの映像とかも流れて、あの河野純喜の衝撃的なナヤナが強すぎてさすが奈良の男、ピョンピョンやってくれるなって感じ。音楽ガン無視で独特なテンポ貫いちゃうので、見てる天才ダンサーヒコの気が狂いそうになってました……かわいそうに……。

あとはまるっと未経験の碧海ナヤナも相当パンチ効いてたけど、地味にダンス審査なのにセットアップお兄さんかましてくる與那城ナヤナがすごいツボ。ほぼパジャマ安藤とセットアップ與那城。やっぱりあのセットアップは勝負服なんでしょうか。験を担ぐタイプなのかな。気持ちめっちゃ分かるけど。

安藤ナヤナは気持ちの強さがすごい伝わってきたけど、とりあえず足にフィットする靴を履いてほしい。靴が安藤ナヤナの躍動についていけていなかった。ABCマートさん、どうかひとつ彼にぴったりの靴をよろしく……。

 

さて、楽しかったのはここまで。楽しいが終わるの早。

順位が発表されてステージから席へと送り出すファイナリストたち、次々に席が埋まっていくのを見るのは、国民プロデューサーとしてとてつもなく気が気じゃありませんでした。

マジで自分の大学受験よりも余裕で緊張したね。だって人生がかかってるわけじゃないですか……私の大学受験もわりと人生かかってたけど……。このスマホのタップひとつで人の人生ひっくり返せるんだというそれはもう責任が重かった。

與那城くんを推すうえで、やはり安藤くんの存在はとても大きく、デビュー圏内の順位にいる安藤くんのもとに押し上げてどうにか一緒にデビューさせてあげなければと思っておりました。

 

発表の時、特に鶴房くんが5位で発表された時が一番地獄だった。なぜなら次の4位が埋まれば、3、2、1位は予想するまでもない。

ここまで與那城くんと安藤くんは呼ばれていないということは、どちらかが4位を獲れなかったら二人でデビューの可能性はゼロ。

正直、この時の私はもう職場で人権を失うほど布教したせいで與那城くんが11位以内に入らないわけがない。間違っても11位では絶対に呼ばれると賭け、とにかく安藤くんが呼ばれるのをめちゃくちゃ祈りました。

 

……まあ、人生そんなに甘くなくて、4位に安藤くんも與那城くんも呼ばれることは無く、11位の席が一つ残されているだけ。

まずい。枠が足りない。どちらかが入った場合を想定しては、いやそんなのやっぱり無理だと頭を抱え、これ究極どちらも入らなければ……とまったくもって失礼なことを考えたりもした。申し訳ない。これはあってはならない。

そして11位は「穏やかな性格、包み込むような歌声」というワードが読み上げられた時、私は思わず天を仰いだ。当てはまる練習生は彼以外に他にいない。これまでの彼の努力や全てが報われた瞬間になったと思いました。

同様にピンときた安藤くんは振り返って與那城くんを見ると、本人は小さく首を振っている。しかし予想通り與那城くんの名前が呼ばれて、周りの練習生が笑って祝福してくれる。色んな感情に押しつぶされそうな複雑な顔で安藤くんと抱き合って、たった一つの空席があるステージに向かう。

 

カメラの前では泣かない、気丈に振る舞ってきたあの與那城くんが泣きながら「一緒に頑張ってきたトモとデビューできなかったことがすごく悔しい」みたいに言ったのはものすごくショックでした。嬉しいはずなのに喜べないんですよ。

推してた私も、一瞬たりともこの二人が離れるようなことは考えてなかったし。割と本気で、特番の企画とかで二人が東方神起とかキンキとか歌うものだと思ってた。

当たり前みたいに隣にいて、経験が浅いダンスを二人で乗り越えて、グループの歌を二人でずっと支えてきた。自分たちの歌のコンビネーションの良さに自負もあったはず。だからあの「もう一回トモとやりたい」って言ったんだと思うわけです。

どんなところに置かれてもポジティブで、困難に燃えて目をキラッキラ輝かせながら突き進んでいく安藤くんがそばにいて、いっぱい励まされていたことがあったと思う……レッスンで出来なくて悩んだこととか、どうしても周りと比べたときに感じる焦りとか、そういうこともお互いに共有できてたのかなとか、考え始めるとキリがない。

穏やかで温かくて、ただ見てるだけで明るくなるような、まるで太陽みたいな存在の安藤くんに與那城くんは何度も救われてきたような気がします。

だから、そんな安藤くんとまさか引き裂かれるようなことがあるなんて夢にも思わなかった。どう考えたって、これからデビューした先に待つどんな困難にも、純喜と安藤くんと三人で支え合いながら立ち向かっていく未来を何度も想像したんじゃないかな。まさか三人の中で純喜と自分だけが選ばれるなんてあんまり考えてこなかったのかも。

練習生だけじゃなく、国民プロデューサーにとっても安藤くんがどれだけ大きな存在だったかは反響を見れば分かることです。

未練がましい激ヤバなオタクで本当に心の底から申し訳ないんだけど、もし、JO1に安藤くんがいたらどんなグループになったんだろうとか未だにちょっと考えちゃうもんな……それだけのことを成し遂げていった男だったよね、安藤誠明先生……。

 

やっぱりプデュにおいてケミなんてのは推すもんじゃない。これはサバイバルで少ない椅子を奪い合ってるのに、甘ったれた考えだった。これまでのプデュで何度もそういう場面を見ていたのに。

 

それでも、やっぱり私は與那城くんと安藤くんの絆に出会えてよかったです。だって、これは一生の別れじゃないんだし。

プエクでイ・ドンウク代表が言ったように、世界はまだまだ広い。そして生きている限り、「最後」はそう簡単に来ない。

いくら運命の悪戯があって今は引き離されても、表舞台で二人が歌う機会はこの先絶対に来る。予言します。当てに行くからな、私は。

つい最近、当時はもう二度とカメラの前では見られないかもと思ったSJのヒチョルと元SJのハンギョンが堂々と肩を組んで笑ってたし。ヒチョルの弾ける笑顔はさすがに泣けた。

世界は何が起こるか分からない。一度でも深くよなともを愛したオタク、絶対長生きしよう。私はとりあえずまた筋トレ始めました。

ましてや、安藤誠明先生はここで終わる男じゃない。間違いなく。顔も性格も歌もよく、日プで鍛えられてダンスも踊れるようになった。最悪、磨き方を間違えても内面から湧き出る輝きたるや。大袈裟じゃなくて芸能界で台風の目になるような男ですよ。福岡のポテンシャルヤバい。

あの……もう正直に言って、あえて言葉を選ばずに言えば、ファイナリストの中でも安藤くんは一番敵に回したくない相手。マジで怖すぎる。あんな圧倒的な引力を持つ一般人いる?いない。いません。もう海どころか福岡にもなかなか帰せなくなっちゃう………。

そして、ほんの半年そこそこであそこまで仕上げてくる安藤くんが、もし手厚いサポートの元で貪欲にトレーニングしたらと思うとゾッとします……逃した魚、マジもんの本マグロ……。

まぁこの先の道を選ぶのはもちろん安藤くん次第だけど、所詮テレビの編集を通してではあっても安藤くんのことを見てきた玄人系ドルオタとしては、もうしばらくは陸にいて欲しい。もう陸が嫌だったらごめん……それでも私はあなたほど人として、歌手として、表現者としての素質を持ち合わせている見たことないの……期待ばっかりしてマジでごめん……。

安藤くんは音楽の力で全世界のたくさんの人を笑顔にできる力があります。色んな人を巻き込める力もある。そうやって考えたら、ここからが本当に限られた枠を奪い合っていくサバイバルなのだと思います。頑張ろう。生きるの大変すぎて私の人生50歳くらいで十分かな〜とか思ってたけど絶対長生きするわ。

 

しかしまぁ、どの場面を思い出しても常にシックスパックスは全員最高だった。

與那城くんはとりあえずデビュー記念にいい感じの新しいセットアップを着てください。最年長でリーダーだって言っても人間なんだし、まぁこれから無理しないでっていうのは無理だろうけど、どうか気負いすぎず、何もかもを背負いすぎずに、しんどくなったら純喜と碧海くんのすっとこどっこいナヤナを見たりして、たくさん笑って楽しく活動して欲しいです。

いや〜〜もう、あの純喜と碧海くんのナヤナ絶対語り継いでいこうな。しんどくても手っ取り早く元気出る。あの数ヶ月後にナヤナより難しいしGrandMasterしっかり歌って踊ってるのよ、アンタたちィ……。それにしてもあのナヤナで6000人から101人に残した運営の先見の明。

 

f:id:flatfaces:20191212221736p:image

全ての練習生に対してPRODUCE101JAPANに全力で挑戦してくれたことに感謝します。亡霊もまぁ二人くらいは成仏したと思う。

JO1デビューおめでとう。

PRODUCE101JAPAN 最終回を迎える前にファイナリスト20名大おさらい祭り

年の瀬がやってきて一触即発メンタリティの中、私が急激にのめり込んでいるのがPRODUCE101JAPAN。通称日プ。

一応初回からゆるく追ってたんですけど、佳境に向かうにつれてシックスパックス推しの友人からの布教もあってついに1pickを決めてみたら盛り上がってまいりました。私の気持ち。

そもそもこの日プとは一体何かと言うと、元はPRODUCE101という韓国のMnetで放送されてたサバイバル番組の派生番組です。

ざっくり言いますとタイトルに101とある通り、101人の「練習生」と呼ばれるアイドルを志す子たちがいて「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者もしくはライブの観客が、デビューして欲しいと思った練習生に投票をするというものです。

101人の練習生たちはパフォーマンス披露と投票という工程を繰り返してランク付けされ、最終的には11人まで絞られてアイドルとしてデビュー。

ちなみに、韓国の方の番組では裏で票の操作があったとかで色々ゴタゴタしていますが、この日プはその辺の騒動とは一切関係ないという 声明をしっかり出しているので信じましょう。闇営業の吉本興業も信頼回復ファイティン。 

【Amazon.co.jp 限定】PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK Amazon限定カバーVer. (ヨシモトブックス)

【Amazon.co.jp 限定】PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK Amazon限定カバーVer. (ヨシモトブックス)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2019/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK (ヨシモトブックス)

PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK (ヨシモトブックス)

 

このカバー、二種類ともジョジョ立ちしてるんで二種類買います。

 

さて、最終回もといデビューが11日に迫っている現在はどんな状況なのかというと、もう20人にまで絞られています。もう5分の1よ。

その大事な最終回はTBS系列で19時より放送されます。突然の生放送ゴールデン。そして多分この曲を全員で踊る。

ツカメ〜It's Coming〜

ツカメ〜It's Coming〜

  • アーティスト:PRODUCE 101 JAPAN
  • 出版社/メーカー: Genie Music Corporation
  • 発売日: 2019/09/03
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 これまで日プを全然見たことがない方も興味を持ってもらえたら、そして一般人からアイドルになった彼らが新たな一歩を踏み出すところを見守っていただけたら……っていうただのオタクの布教精神によるものです。そして11日の朝5時まで毎日投票受付中。

この投票はリアルに人の人生の今後を左右する一票にもなります。責任もって推しに投票するのめちゃくちゃ楽しい。これはもう選挙と一緒。そして推しがいると人生輝きますので。

 

11週現在の順位で一通り、私の超個人的な印象というか独断と偏見と余談と共にふんわり振り返ります。

 

 

1位 川尻蓮 22歳

https://web-m.webcdn.stream.ne.jp/www09/web-m/produce101.jp/shared/img/profile/028_kawashiriren.jpg
なんといってもダンスにおける実力がある。これまでの順位の推移を見たら1位と2位のみでした。強〜〜い。

 一番最初の課題曲ツカメのダンスを見て思ったのは、多分内面的にめちゃくちゃ繊細。

この「繊細」は「弱い」であるとか「不安定」であることとはイコールではなさそうなのがポイント。表立って自分から言わないけど自負や自信をしっかり持ったパフォーマンスです。

【川尻 蓮(Kawashiri Ren)】福岡l~ツカメ It's Coming~l推しカメラ

指先、つま先、着ているジャケットにまで意識がいっているし、かなり早い段階からカメラを通しての自分の見え方を意識しているという。完成度を上げに来てる。

PRODUCE 101 JAPANㅣ福岡ㅣ【川尻 蓮(Kawashiri Ren)】フリースタイルのダンスをプレゼントします!ㅣ@自己紹介_1分PR
そして、このどうみてもオラオラ強そうなカリスマ丸出してる見た目からは考えられないような喋り……。

あととんでもゆるい自画像を描きます。どことなくイノッチが描く絵と近めの……感性が柔らかくて優しい。

最初の方から既に他の練習生から蓮くん蓮くんと慕われ、ツカメのセンターに選ばれた時もものすごい歓迎されていました。ここまで慕われるパターンなかなかいない……。


【川尻 蓮(Kawashiri Ren)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

キャッチフレーズがとってもポエティックでかわいい。

 

2位 豆原一成 17歳

豆原一成

個人的に私は彼のことが最初から気になっていて、ものすごい化けるんじゃないかな?と思っていた一人です。川尻くんとトップを争いがち。

なんとメルカリで服を見ることが趣味という、親しみやすさの塊みたいな岡山の高校生ですが、パフォーマンスになるとギャップがあって見ごたえがあります。

【豆原 一成(Mamehara Issei)】推しカメラ|防弾少年団♬DNA@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

【豆原 一成(Mamehara Issei)】推しカメラ|防弾少年団♬FIRE@グループバトル|PRODUCE 101 JAPAN

この、DNAからFIREへの飛躍がすごいです……。

マジで急に豆柴からシベリアンハスキーみたいになってびっくりするし、見ていてワクワクするようないろんな表情が出始めててかっこいい。

このFIREで豆原くんの気持ち的にも一つ弾けた感じがします。高校生、こっからまた化ける気がする。


【豆原 一成(Mamehara Issei)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

甘酸っぱい初恋……好感度しかない……。

 

3位 鶴房汐恩 18歳

鶴房汐恩

最初の最初からトレーナーに対する態度が悪い、ヘラヘラ踊って目障りだ等と物議を醸しまくった鶴房くん。最初のはちょっと色々あって、心の武装を盛りすぎてただけみたいな。

あと、ちょっと不器用だからか慣れない敬語を使おうとしたらこんがらがって、謎の上から目線になり誤解を生みそうになったりしてたのも今となってはいい思い出です。

本当の鶴房くんは、素直で誰よりも仲間思いでとっても心の優しい関西人……。

PRODUCE 101 JAPANㅣ滋賀ㅣ【鶴房 汐恩(Tsurubo Shion)】自分の元々の姿で参加しています!ㅣ@自己紹介_1分PR

あれっごめん、関西人じゃなくて……異星人の方か……ごめん……。

【鶴房 汐恩(Tsurubo Shion)】推しカメラ|♬DOMINO@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

キャラだけではなくてビジュアルもダンスも知れば知るほど沼。

笑顔がめちゃくちゃ可愛いところとか、一瞬でも気を抜くと一気にやられます。一貫して1位にこだわる強い信念を持ちつつも、まだ1位の座には座ったことがありません。

そんな鶴房くんのセンターに上り詰めるところが見たい。

動きのクセの強さじわる。誕生日ならセンターいくしかないっしょ………。

 

4位 白岩瑠姫 22歳

白岩瑠姫

どなたが名付けたか存じませんが、マジで華しかない名前してる。ルキ。当の本人も全然名前負けしていないのがすごくないですか?とても華。

元々ユニットを組んで活動していたり、場数を踏んでいることもあってか画面上でよく映えます。

【白岩 瑠姫(Shiroiwa Ruki)】推しカメラ|東方神起♬Why? (Keep Your Head Down)@グループバトル|PRODUCE 101 JAPAN

評価では驚きのセンター率を誇り、本当によく映えるオールラウンダー。

PRODUCE 101 JAPAN|♫Happy Merry Christmas@#10 コンセプトバトル

コンセプト評価は過程も結構エモいんですけど、とにかく見ている人の視線を奪いまくる白岩くんがすごいので全体バージョンを乗せておきます。白岩プロ。

そして16位の本田くんとの絆が激アツかったり、都内に練習生のバス走らせてたら白岩くんのお母さまが登場して分量もっていくなど面白なところもあるので見逃せない。


【白岩 瑠姫(Shiroiwa Ruki)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

これはもうルキ様とお呼びするしかない………。

 

5位 川西拓実 20歳

川西拓実

この人も華の顔。色々と未経験のはずなのに持ち前の勘の良さと努力で自分のモノにしていくという、既にアイドル性感じる川西くん。

練習生の中でも抜群に表情管理がうまくてチッケム見るたびに、うっわ~~川西くんのことカメラで撮るの楽しいだろうな~~~!!!って感じ。

【川西 拓実(Kawanishi Takumi)】兵庫l~ツカメ It's Coming~l推しカメラ

【川西 拓実(Kawanishi Takumi)】推しカメラ|♬DOMINO@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

当然のことながら期待されて課せられる課題の難易度が上がり、求められるものもどんどん高度になっていく中、ヤバイ壁にぶち当たっても負けない気合いを持っていそうなところがいいなと思う。見た目からは想像できないようなヤツ。なんかもうよっしゃ!ここからが勝負!!って言う感じで、磨けば磨いただけ光る原石。

そういえば川西くん先日企画で女装したんですけど、自分のこと「かわいいやん!!」という楽しい関西人でもあります。最高。江戸っ子なので関西人に憧れがあります。


【川西 拓実(Kawanishi Takumi)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

ずっと笑顔でかわいいサランヘヨ。

 

6位 安藤誠明 22歳

安藤誠明

嘘みたいな顔の良さ……顔が出来上がり過ぎて顔面国宝でバズった安藤くん。

私が布教されて推してる筋トレ歌うま集団、シックスパックスの一員(次男坊)であります。

この顔面を放っておくってどういうこと?世の芸能事務所仕事して?と思ったら、海で船のエンジニアをやっていたっていうオチ……陸にいなかったんかい……。

しかも、この顔面を持っていたらローランドもビビるナルシストでも怒らないのに、最初の自分の順位を101位って言ってしまう謙虚な性格です……嘘みたい……。

【安藤 誠明(Ando Tomoaki)】福岡l~ツカメ It's Coming~l推しカメラ

初めてこのツカメ見た時は、顔は良いけど未経験なだけあってどうしても動きとか固いか……余裕がなさそうだ……とか、なぜかリアル運動神経0の人間が偉そうに思ってたんですけど、再評価からすごい頑張ってここまで仕上げてきたんだなあと思ってグッときました。どう見ても運動神経がいい。本領発揮するのは歌。

【安藤 誠明(Ando Tomoaki)】推しカメラ|東方神起♬Why? (Keep Your Head Down)@グループバトル|PRODUCE 101 JAPAN

エッ?なぜここにチェガンチャンミン……?って思ったら安藤くんじゃん?

そして彼のまっすぐに前向きで努力を惜しまないという性格がすごく尊敬できるので、普段の私は安藤誠明先生とフルで呼んでいます。

そしてついでに貴重な女装もご覧ください。シックスパックスいい仕事する。

急に借りてきた猫にはなりますが、圧倒的美貌で全て解決してしまう……。


【安藤 誠明(Ando Tomoaki)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

いきなり体幹の強さ見せつけてくる安藤誠明先生、愛おしい。中身は5歳児。

 

 

7位 上原潤 23歳

上原潤

韓国でプエクにも出ていた斜め上原潤~~~~。

流暢に韓国語を操ったり英語も操ったりしているグローバル原潤。かの名言「えーまじー?」を生み出していたのも記憶に新しいところです。

希望ポジションはラップ。そして、今更だけど彼ものすごく耳が良いのでは……?ラップだけじゃなくて普通に歌もうまい。色んなアーティストの楽曲たくさん聞いてしっかり勉強してそう。

PRODUCE 101 JAPAN|1組|101オリジナル@#4 ポジションバトル

これはどう見てもセンスある原潤ですわ。自分を客観視して需要を分かってる。

にわかでも分かるラップスキル。

【上原 潤(Uehara Jun)】推しカメラ|♬クンチキタ@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

改めて見てもダンスと共にしっかりビート聞いてラップができるのはすごい。耳が良いだけじゃなくてリズム感も抜群でした。そして何かとふとした瞬間に名言メーカーになるので目が離せません。上原潤のやんちゃも止まらねえ!!!!!!!


【上原 潤(Uehara Jun)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

予想の~??\斜め上原潤~~!!!/って掛け声めっちゃ言いたい。

 

8位 木全翔也 19歳

木全翔也

正直言いまして、木全くんつかみどころがなくてよく分からなかったんですけど、私遅ればせながらこのHIGHLIGHTを見て分かった。

【木全 翔也(Kimata Syoya)】推しカメラ|SEVENTEEN♬HIGHLIGHT@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

いや化ける……ものすごく化けるんだね木全くん……なんか色気を急に出すよね……。

この表情管理といいダンスの緩急といい、色気を急に出してくる木全くん。控えめそうに見えてものすごい。

おそらく曲の雰囲気を掴むのがとっても上手いし、セルフプロデュースなんかもうまそう。ボーカル志望だそうですが、どう見てもダンスのセンスもあるので人気の理由がわかりました。
【木全 翔也(Kimata Syoya)】推しカメラ|♬クンチキタ@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

そんな色気ぶん投げてくる木全くんですが、普段喋ると秒で分かる独特の世界観。ヤバい木全ワールド(いい意味)

たしかこの順位発表の時に驚きすぎて吐きそうになった話から食べた3つのお弁当の種類を詳しく教えてくれたりします。よっぽどおいしかったんでしょうか。すくすく育とう木全翔也。せっかくだからもっと歌が聞いてみたい。


【木全 翔也(Kimata Syoya)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

ちらっとマイケルジャクソン放り込むところが好き。

 

9位 大平祥生 19歳

大平祥生

いや〜彼は全てがエモいと言っても過言ではない大平くん。最初から追っていくと胸がいっぱいになってエモ死しそう!!!!!ってなります。私だけかもしれない。

【大平 祥生(Ohira Shosei)】推しカメラ|SEVENTEEN♬HIGHLIGHT@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

彼もまた川尻くんのようにめちゃくちゃ繊細で、感受性の強い一面があるなと思う。だからちょっと浮き沈みが激しかったりしますけど、パフォーマンスを見ると、いやあなたいけるよ!!!いい線までいけてるよ!!俯かないで!!とか思っちゃう。母親のマインド。

紆余曲折あっても折れたままにならずに前を向ける大平くん。そもそもの顔が儚げなところもあって表情がきれいです。はんなり。

【大平 祥生(Ohira Shosei)】推しカメラ|♬やんちゃBOY やんちゃGIRL@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

私はここの大平くんが好きです。まさかこれ、色々あって3日で仕上げたステージだなんて言われなきゃ気づかないと思う。ここでの大平くんの中の心の成長がすごく大きくて死ぬほどエモかった!!!


【大平 祥生(Ohira Shosei)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

折れない心も手に入れた、はんなり系大平くん頑張れ~~~!!!

 

10位  與那城奨 24歳

與那城奨

はいさい!から始まる自己紹介の時に自分の名字を説明する際「沖縄の那」というトリッキーな説明してしまう沖縄出身の與那城さん。混乱しました。

あの安藤誠明先生同様、私が布教されて推してる筋トレ歌うま集団シックスパックスの一員(長男坊)。 
【與那城 奨(Yonashiro Sho)】沖縄l~ツカメ It's Coming~l推しカメラ

……まあその……脱ぐのよ……やっぱり筋肉の関係上脱ぎます。年も上の方ですので自らアダルトを担当してくれるという存在です。

クラス分けの時はどう見てもネタ枠じゃね?と思って蓋開けたら全然そんなことなかったです。未経験という割にはそこそこ踊れている印象があって、最後の脱ぎ以外に印象は特になかったんですけど、見せどころはやっぱり歌。
【與那城 奨(Yonashiro Sho)】推しカメラ|米津玄師♬Lemon@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

喋っている時から既に声の響きに特徴がある感じですが、歌うとそれが増幅する。

聞きやすいだけじゃなくてインパクトがあるのがすごくいいなと思います。聞いてる人の脳を刺しにくる。短いパートでも爪痕を残せるという強み。
【與那城 奨(Yonashiro Sho)】推しカメラ|東方神起♬Why? (Keep Your Head Down)@グループバトル|PRODUCE 101 JAPAN


【與那城 奨(Yonashiro Sho)】推しカメラ|♬Black Out@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

他の練習生と比べた時の腕の逞しさがすごい。そして筋肉を鍛えている人の精神の安定具合はすごい。安定感を尊敬して與那城パイセンと呼んでいます。

努力を惜しまぬストイックなところもあり、とっても沖縄みのあるおおらかで包容力のある母のような父のような感じもあり。安藤誠明先生をトモと呼び、大変人気のあるケミが出来上がっています。(安藤誠明先生は奨くんと呼ぶ)よなともシンメでキンキ歌うの見たすぎるよな………。


【與那城 奨(Yonashiro Sho)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

……な、なんだ???あなたもう脱げばいいと思ってる????そんな分かりやすい罠にハマるわけないんですけど??まあでもとりあえず感謝の意を表しておきます。ありがとうございます(投票完了)

最後突然の沖縄県へのメッセージ笑った……。ちなみに私の1pickのため、気持ち長めにご紹介しました。よろしければ與那城奨パイセンに投票お願いしま~~す!!

 

11位 河野純喜 21歳

河野純喜

一応ここまでがデビュー圏内。安藤誠明先生と與那城パイセンと共に、私が布教されて推してる筋トレ歌うま集団シックスパックスの一員(三男坊)のピュアハッピーさん。

自己紹介で急なマジックと目薬差し芸が地味にツボだった奈良県出身の鹿ピョンピョン。あ~~~推せるな~~~推せちゃうんだよなピョンピョン~~~。
【河野 純喜(Kono Junki)】推しカメラ|ONE OK ROCK♬Wherever you are@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

歌う直前のスイッチ入るまで結構ガチガチに緊張してるところは観てると手に汗握るんですけど、歌わせたらもうぐっと引き付けて離さない。ヤバイ声質。


【河野 純喜(Kono Junki)】推しカメラ|♬DOMINO@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

とんでもねえ川尻蓮をはじめとしたダンスの実力者に囲まれて頑張った未経験の純喜くん……客観的に見ると大丈夫かな?と思いつつも、レッスンでどうとでもなる。ダンスも歌も自信もっていこ。何よりもこの貴重な声質を失うの勿体なすぎるからマジで……シックスパックスの伸びしろエグい。やっぱり筋肉を鍛えてるからか良い要素しかないのがいいな。ポジティブだし。

ちなみに純喜ピョンピョンは12位の井上港人くんとのケミが話題です。本人曰く「俺の港人っす!」。みんな推せちゃうからやめて………。


【河野 純喜(Kono Junki)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

いい筋肉アピールありがとう……大好きだぜ……。

 

12位 井上港人 19歳

井上港人

本人曰く、3710でミナトの井上くん。最初の自己紹介のファッションが強すぎ案件だったりしたんですけど、クランプが得意で力強いダンスがいいです。見ているこっちをガンガンねじ伏せに来るので油断できない。

人からの見られ方、アピールの仕方も分かってるから表情管理といい、見ていて不安にならないし。
【井上 港人(Inoue Minato)】推しカメラ|EXILE THE SECOND♬WILD WILD WILD@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

しかも彼は歌えます。歌が下手とか言っておきながら余裕で歌える……。
【井上 港人(Inoue Minato)】推しカメラ|♬クンチキタ@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

あっ、ラップもイケたし……。

すごく努力家です。いい子が丸出してる。「投票してくれないと港人泣いちゃう><」だそうですので気になった方はぜひ投票。

あとは滋賀というか琵琶湖の水がそうさせるのか、笑いを取りに行きたいのも愛せる。琵琶湖の水って最高だよね。あの西川貴教と鶴房汐恩のこと育ててると思ったらすごいよね琵琶湖。


【井上 港人(Inoue Minato)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

琵琶湖を愛する滋賀県民。軽率にリア恋の危険。

 

13位 佐藤景瑚 21歳

佐藤景瑚

白岩くんと共に名前めっちゃオシャレの勢。ケイゴなんて跡部以外に似合う人いなくない?って感じだけど佐藤くんはバッチリ。顔もオシャレだな、と思ってたら自己紹介で怖い話をして1分使っちゃうという。

しかもそれがモノホンの怖い話だったので私の中でより謎を深めました。すでに雰囲気がある。
【佐藤 景瑚(Sato Keigo)】推しカメラ|防弾少年団♬DNA@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

ダンスいいですよね~~~~身長あるからすごく映えるし。歌はいいし。バランス。

あとはとにかくビジュアルの強さ。めちゃくちゃ目を引く見た目。表情を見ていて飽きないのはすごい重要です。
【佐藤 景瑚(Sato Keigo)】推しカメラ|♬クンチキタ@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

ば、映える~~~~。歩くインスタか?

あとなんか時々独特なネタに走るところが面白い。ネタのチョイスが独特なのマジで草。絶対ちゅうえい好きだよね?ねえ?怪奇!YesどんぐりRPGとかコウテイとか好きじゃない?どう????……突然の私信、大変失礼いたしました。


【佐藤 景瑚(Sato Keigo)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

小ネタに強いローランド。

 

14位 金城碧海 19歳

金城碧海

 また名前めっちゃオシャレの勢。下の名前をスカイと読みます。海という漢字をいれてスカイと読ませるセンス!!!!海も空もモノにしてやるぞ感。

見るからにシュッとした彼ですが、特技がお母さんモノマネ。見せて欲しい、その身内ネタ。
【金城 碧海(Kinjo Sukai)】推しカメラ|Superfly♬タマシイレボリューション@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

かの有名な「されどポーカーフェイス」。マジで声が抜群です。聞いてると耳に引っかかるすごくいい声をもっています。宝。
【金城 碧海(Kinjo Sukai)】推しカメラ|♬Black Out@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

ああ、ラップパートと親和性がある声。宝。 

あとは他人の目をあんまり気にしないというか、常に自分と闘っていくみたいなところがいいんですよね。しかし他人に興味ないわけじゃなく、とっても仲間思いで、チームの中で不安な子がいたら嫌だとか、仲間のために涙を流したりする。心がアツい。

個人的に安藤誠明先生との絡みめっちゃ好き……海の人とスカイの人……平和……。


【金城 碧海(Kinjo Sukai)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

ジャケットプレイでオラオラからのはっちゃけかわいい……え?ゴールデンスカイキャッスルって……何それ……ゴールデンスカイキャッスルって……ゴールデンキャッスルスカイじゃなくてゴールデンキャッスルスカイ……(頭を抱える)

 

15位 大澤駿弥 22歳

大澤駿弥

自己紹介では、エッ待って?なにこの急な吉本興業との親和性?体張る系ユーチューバー引っ張ってきた?と思わざるを得なかった大澤くん。
【大澤 駿弥(Osawa Shunya)】東京l~ツカメ It's Coming~l推しカメラ

そんなクセ強めのキャラに惑わされがちですが、さらっと踊れるんですよね。あと顔も整ってるよな……と思って観てたら最後一芸放り込んでまた混乱させられてしまう。

めっちゃ振り回してくるじゃん……。
 

【池本 正義(Ikemoto Masayoshi)VS大澤 駿弥(Osawa Shunya)】歩数計ダンスバトル|PRODUCE 101 JAPAN

やりにくすぎる!!!という池本くんに思わず同情してしまう、鬼ほど仕上がった大澤くん。

多分だけど吉本興業も逸材見つけてビビりまくってる気がする。アイドル目指して22年。内定先を蹴ってアイドル目指す男は伊達じゃない。

【大澤 駿弥(Osawa Shunya)】推しカメラ|EXILE THE SECOND♬WILD WILD WILD@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

ええ……ヤダ……分かんない……私分かんないよ大澤……表情管理もすごくいいし……歌えるし……怖いよ……。

そして、彼は好き勝手散らかしていきがちけど、すごく周りに気を遣うタイプだとお見受けします。空気を読みます。大丈夫!!!大澤は大澤の道突き進も!!!!!


【大澤 駿弥(Osawa Shunya)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

大澤~~~!!!小さくまとまらないで大澤~~~!!!

 

16位 本田康祐 24歳

本田康祐

ホンダのアニキとして親しまれる本田くん。バイクのCM来そう。

正直言って私は最初はあんまり気にしてなかったんですけど、場数踏んでるだけあって経験の浅い子たちへの教え方とか、心を鬼にしたチームの持っていき方とか学ぶところが多くてすごい。
【本田 康祐(Honda Kosuke)】福島l~ツカメ It's Coming~l推しカメラ

本田くんのパネエパフォーマンスは色々あるけど、何だかんだでこのツカメが一番好きかもしれない。

不思議な事に全員が同じ振り付けのはずなのに、本田くんのツカメだけは動きにバチバチに強く色が付いて見えるのですごくエンタメを感じます。


【本田 康祐(Honda Kosuke)】推しカメラ|♬Black Out@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

BlackOutでは色々と葛藤もあったんですけど、しっかり自分の中に落とし込んで、佐野くんとの絆感じさせるエモエモ振付まで盛り込んでとんでもいいパフォーマンスになりました。よくできた人間だなアニキ……燃えて突き進んでいこう……。


【本田 康祐(Honda Kosuke)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

世界のホンダへの信頼感。

 

17位 床波志音 19歳

床波志音

普段は控えめですごく大人しい印象の床波くん。

パフォーマンス後のコメントもなんかふんわりしてて場慣れしてない感じ。それで今改めてプロフィールを見たら歌は習ったことないらしい……自己紹介でも特に歌ってなかったしな……。
【床波 志音(Tokonami Shion)】推しカメラ|back number♬HAPPY BIRTHDAY@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

えっ、な、習ってない……?一周回ってbacknumberの人に聞いて欲しい。

習わずにこの歌唱力だとして、習ったらどうなるんでしょうか……ねえ菅井ちゃん……ちょっと菅井マジックかけてみてほしい……。

菅井ちゃん(もいつの間にかちゃっかり志音呼びしてた)が言うように床波くんはステージになると人が変わるタイプです。
【床波 志音(Tokonami Shion)】推しカメラ|DA PUMP♬if...@グループバトル|PRODUCE 101 JAPAN

う~~~ん……やっぱ音を志してんなとしか……。

床波くんは水泳経験者で身長や肩幅に恵まれた体格をしてるので、ダンスの時の体の使い方が分かったら爆伸びするのでは。これだけ歌えるとめっちゃ強いぞ。


【床波 志音(Tokonami Shion)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

なんか面白いところ出てきたぞ……???

 

18位 今西正彦 18歳

今西正彦

イエ~~~イ!ヒコ~~~~~!!ヒコが出てきたら無条件に盛り上がっちゃうよね。最初からあの蝶ネクタイ、麦わら帽子で爪痕バチバチ系。タレント性が抜群。他に類を見ない個性の強さで自ら光を放っていくタイプ。

ダンスがすごく上手い……見せ方というより魅せ方まで知っているダンスができる。エンタメの才能。冷静に客観視できるのもヒコの強みです。
【今西 正彦(Imanishi Masahiko)】推しカメラ|EXILE THE SECOND♬WILD WILD WILD@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

振付やフォーメーションを考えたりすることが多いんですけども、そのコレオグラフィーのセンスが光り過ぎなのよね。唯一無二のセンスですよ。個人を生かしながらグループとしての見え方までコントロールできる一般人いる……?
【今西 正彦(Imanishi Masahiko)】推しカメラ|♬やんちゃBOY やんちゃGIRL@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

やんちゃは多分今までの中で一番ヒコの良さを思いっきり出せたステージなのでは。

エンターテイナーだな……グループの雰囲気もヒコがいるとぐっと良くなるもんな……。あの伝説のやんちゃにやってきた大平くんのためにウェルカムボードを描くアイデアには恐れ入りました。天才。


【今西 正彦(Imanishi Masahiko)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

はい、みんな一緒に\らぶ~~~~!!!!/

 

19位 佐藤來良 19歳

佐藤來良

ユンドンとヨンフンの辞退により、繰り上げでデビュー評価に進むことになった佐藤くんです。

いや~~~~タッチの差で脱落したのを純喜ぴょんぴょんと港人くんがギャン泣きしてたところからの繰り上げだったので嬉しいやら恥ずかしいやらですごい可愛かったな……奈良と滋賀の絆……。
【佐藤 來良(Sato Raira)】推しカメラ|三浦大知♬ (RE)PLAY@グループバトル|PRODUCE 101 JAPAN

ボーカル志望、ダンス初心者というにはあまりにも勘が良いのでポテンシャル期待。マジでオールラウンダー狙える。
【佐藤 來良(Sato Raira)】推しカメラ|♬Happy Merry Christmas@コンセプトバトル|PRODUCE 101 JAPAN

どんなテイストの曲にも対応していけるのはすごい。変なクセがなくて全部見やすい。ていうかマジでもっとフォーカスして分量が欲しすぎる……マジで……もっと君が知りたい……ふとした時にイケ散らかしていくけどさ……。


【佐藤 來良(Sato Raira)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

これさては国民のリア恋枠……。

 

20位 宮島優心 18歳

宮島 優心

繰り上げの二人目、宮島くんです。可愛がられやすいタイプで、年下でもみーんな100人お兄ちゃん!みたいなぶっ飛び発言もありました。分かる。

ふわふわのぬいぐるみかトイプードル系の見た目で、表情もくるくる変わるのでとってもキャッチー。
【宮島 優心(Miyajima Yugo)】埼玉l~ツカメ It's Coming~l推しカメラ

やっぱり身長が小さいところをカバーしようと思ってなのか、動きも表情も大きいので結果的に遠くから見つけやすいという。アイドルです。
【宮島 優心(Miyajima Yugo)】推しカメラ|EXO♬LOVE ME RIGHT@グループバトル|PRODUCE 101 JAPAN

見た目に反したラップもいい感じのギャップで落とせそうなやつだ……。

あとはとにかく愛嬌が得意なのはポイント高いですよね。シャイな子が多いなかで臆せず愛嬌アピできるのは強い。なんか海外でめちゃくちゃウケそうな予感……それで蓋開けてみたら結構気合入ってるっていう、またグッときてしまうポイント。


【宮島 優心(Miyajima Yugo)】ファイナリストPICK ME動画|PRODUCE 101 JAPAN

愛嬌の詰め合わせパック優心宅配便……定期便ありますか……。

 

 

以上、私の独断と偏見と贔屓目大盛りのデビュー評価に臨む20名、大おさらい祭りでした!気付いたら1万字。

みんな見れば見るほど良い所がたくさん見えてきて、どの子がデビューしてもおかしくないなと思いました……断腸の思いで頭抱えるわ……。

推しをみつけた時は推せる時に全力で推す。

そして、できる限り悔いのないように数少ない残りの国プ生活を楽しんでいきたいです。

最後に、改めて私の1pickの與那城奨パイセンによろしければ投票よろしくお願いします!!

長々とお付き合いいただきありがとうございました〜!

ブログの下書き飛んでもヒプマイがある

最近、すごく個人的にメンタルをボッコボコにされるようなことが多すぎて人生やってられない感じなんですけど、ま~~~たブログの下書きが飛びました!!!!!クソ!!!

下書き飛ばす前科アリアリの丸の助左衛門なのに、なんで過ちを繰り返すんだ?って感じですよね。私もそう思う。成長してほしい。

というわけで、なかなかの分量を書いてたおっさんずラブインザスカイの3話はさようなら………8000文字以上の下書きが一回飛ぶともう折れて書けなくなるタイプ……。

 

あと、この頃個人的にというか、私に向けてではなく、おっさんずラブに対する否定的かつやや攻撃的な内容のメッセージが度々飛んでくることがありまして、なんだか色々考えてるうちにすごく複雑な気持ちになってきたのでツイッターでリアタイしてウェイウェイ騒ぎ散らかすだけにしようかなと思います。

それを「え?そんなに嫌なら見なきゃいいのでは?」みたいな、単純に済ませられる話でもなくてですね……言葉にするのめっちゃ難しいんだけど、一緒に走ってたと思ったら自分だけ周回遅れだったみたいな……いつの間にか置き去りにされちゃったみたいな寂しさをひしひしと感じてつらいっていうか……限界語彙力のオタクですみません……。

なんというか、私の気持ちはそのコンテンツの並走者というより、愛はそれなりにあるけどあくまでも消費者という気持ちですので、このおっさんずラブの展開においてこれが悪!これは善!とか、そういうのは特にありません。消費者。

でも、お互いに想定されるよりも規模が大きくなり過ぎたコンテンツって、受け手側も難しいっすよね……そしてその好きという気持ちが捻じれていくのを見るのはとってもつらいしな……難しい……。

いやーとにもかくにも中途半端ですいません!所詮は個人ブログだよね!

 

 

話変わって、冒頭でも書きましたが最近はもうヒプマイかお笑い(どついたれ本舗の白膠木簓、怪奇!YesどんぐりRPG)を見なきゃさっぱり笑えない日々過ごしております。

まあでも、笑えてるんだからいいや!ハッピ~~~って言ってたらやってきたナゴヤディビジョン。

ア、アツ……。プロデュースnobodyknows+……レペゼン名古屋、アッツ……。

空劫さまバイブスいと上がりけり~~~!って感じだし、普通に十四くんのラップに愛おしさが止まらない。アマンダ元気?そして獄さん強めの元ヤンか?好きなんだが?あのライダースの白黒が天国と地獄なコントラストで気に入っちゃってるところも好きなんだが???

 

ふと、ヒプマイにおけるインテリ枠が昔は悪かったのでは?系が多くて大変刺さります。

マジであのわりとすぐ手が出がちな躑躅森先生、過去に予期せぬ番長的なことやっててほしい。

実はお金持ちの家の息子で、中高一貫温室育ちの坊やだったけど、うっかり友達の家で出会ったヤンキー漫画に影響され、かっこよくケンカするためにバキバキに体を鍛えはじめる躑躅森さんとかいいな……。

しかし、そこは躑躅森さん。なんとなく柄シャツを着てみたりとか髪を染めたりなど形から入るものの、中身的には急にグレるわけでもない。

近くで見ている親も「あの子、最近洋服とか見た目派手になってる気するんやけど……」「せやけど普通に勉強もしてるみたいやし、まあ体を鍛える分には健康になるしええんちゃう?」と、放っておいたら鍛えすぎてどんどん体が大きくなっちゃって、いつの間にか特に戦わずして恐れられそう。

しかも顔の作りが綺麗すぎて無表情で威圧感あるから余計に怖がられて……一方本人は「最近ふつーに道歩いてるだけやのに、めっちゃ人避けてく気するな……後ろになんかおるんか?」って時々振り返ってみるみたいな鈍感力。家ではニコニコして大好きなお母さんが作ったプリンを食べててください。

いつのまにかそれなりの規模で~躑躅森サンを囲む会~みたいなものが出来てて、「そろそろ大学受験の準備あるししばらく遊ばれへんわ。すまんな」ってなったら、子分が「えっ!盧笙さん大学行くんすか?めっちゃおもろいから芸人でも売れそうやのにもったいないな~!!」っていう話を真に受け、大学に行きながら養成所にも通っちゃうっていう。

躑躅森さんは勉強は好きだから大学には行くぞ。

親は「え?!急に養成所行くん?!」って驚くけど「でも聞いたら大学行かんって言うわけでもないし、盧笙がやりたいんやったらええんちゃう?頑張りや」とあっさり応援される。やさしい。

そしてあの、運命を変えるビッグバンのような出会い……稀代の面白芸人、白膠木簓と出会うのであった……………。

 

いや、ちょっと……私は急になんの話をした???

自分でも謎ですが、ヒプマイの新ディビジョンめっちゃ面白いっていう話でした。どつかれたい……。

あっ、あとコンビ名教えて……あの馬鹿よ、あなたはみたいにめっさ渋い名前だったらどうしよう……好きだな……。

ネタ打ちは毎回純喫茶でやってそう。

 ちなみに唐突に私の中に降りてきた関西弁ですが、知識は主におジャ魔女どれみのあいこちゃんとテニスの四天宝寺中です。あってるかどうかはさておき、テニスはうちなーぐちまで教えてくれます。強。

近々ナゴヤとオオサカに語学留学(旅行)しようかな……矢場とんっておいしいよね……。

 

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ!主にTwitterでお返事をさせていただいております~。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ

誰にも真似できない鬼ヤバイ売れ方したあなたへ

突然ですが私は、ミュージカルテニスの王子様、通称・テニミュが好きでした。
テニミュにとんでもないのめり込み方をしていた当時は、学生なのをいいことにこっそり学校をサボっては日本青年館に通い、歌詞とセリフを全て暗記するほどにDVDを見た。

今でも音楽がかかればどの曲もひと通り歌えてしまう恐ろしさ。氷帝のSeasonのイントロで涙ぐめる程度には飼いならされています。ポジティブに雌猫どもでした。跡部様以外に雌猫ども呼ばわりされて喜ぶことは今後ないです。そういう癖はないので。

 

2.5次元コンテンツの礎となったテニミュ若手俳優の登竜門となり、跳躍力ヤバヤバ声優?タレント?もはや何?宮野真守や、いつの間に加藤和樹を嫁にした勝ち組の城田優レミゼで帝劇に立つ相葉弘樹刀剣乱舞で舞いまくる荒木宏文、家売りまくる鈴木裕樹野性爆弾により余計な扉を開いた斎藤工ラーメン二郎を愛し城田優の嫁になっていた加藤和樹、常に震え声ツイッタラ桜田通、神出鬼没の桐山漣津田健次郎様と同じ事務所で頑張ってる大河元気、グレーテル瀬戸康史エリザベートでトート古川雄大、ポテンシャル強すぎるカヅキ先輩増田俊樹、ハイローザワで大化けした志尊淳……と今の私が思いつく限りテニミュ出身者を列挙してみると、こんな人も出てたのかとびっくりするような面々だなと思います。濃い。

 

そんな中でも1st初代から二代目と三代目青学にはめちゃくちゃ思い入れがある。一番学校をサボってたから………お母さんごめん……。
キャストたちはテニミュを卒業し、舞台、映画、ドラマ、バラエティとぐんぐん活動の幅を広げていくのはすごく嬉しいものです。進藤学のオチョダイエットはぶっ飛んでいた。さすが太田プロ
たまたま観に行った舞台のキャストの中に偶然テニミュで見知った名前を見つけたときなんて最高。

一昨年のアニーでルースターやってる青柳塁斗を見られたときとかテンション爆アゲだったな〜〜オールバックとかリーゼントみたいなの似合うよね。

 

そんな中、日テレで放送されていたバラエティ「得する人損する人」で、確かウル得ヒーローズ……?みたいなコーナーっていうのがあったんですけど、そこにウル得マンタロウとして三代目大石の滝口さんが出てて、こうしてどんどん色んな人へ知れ渡っていくんだなと思いながら、興味を持った母親に対して古参ぶったりもしました。

 

私の中の滝口幸広の印象は、生放送での仕切りの上手さ、周りからおっちょこちょいでポンコツとは言われていたけど、周りをよく見ている気配りお兄さん。そしてもっと思い起こすと大石をすごく大切にして大事に愛してくれて本当に全身全霊で大石になってくれていた。ふざけてたけど熱い男。本当にすごくふざけてたけど。

青学のサポーターズDVDってのがあるんですけど、大石から普段の髪型になった滝口さんの顔の作りがハンサム過ぎてちょっと引いたのを何となく覚えています。大石ってチャラいの似合うんだな……この人サーファーか……。
調理師免許を生かしてウル得マンタロウになったり、あさイチに出たり、仮面ライダードライブ、戦国鍋テレビ、ここには到底書ききれないほどの舞台に出ていたり、あと忘れてはいけないあの伝説のアメブロ発アイドルPure Boys(\乾杯ジュテーム/)になったりもしました。

 

あの一報から1日を過ごして、色んなところで滝口幸広の名前を聞いて、ニュースに取り上げられてるのを見てもなお実感できずにいる。
いやだって34歳なんて、まだまだじゃん。ねえ?
よくブレイクしたいって言ってたけど、小手伸也さんは44歳でブレイクしてるし、これからチャンスいっぱいあるよ。
あー、もしかして、もう普通のブレイクしたって面白くないからって、数段飛ばしで駆け上がっていってしまったんでしょうか。
はあ〜〜何やってんだよ。上に行き過ぎだよ。もうこれ以上の上ないじゃん。こんなことされたら誰も追いつけないよ。いきなり伝説作るなよ。
……でもまぁ、本人が一番びっくりしてるかも。あっヤッベー、ちょっと行き過ぎたか、って苦笑いしてるかもしれない。

 

私のオタクの原点となったテニミュは、色んなことを教えてくれました。あの劇場の中の空気感、客席から見上げる風景、初めて年や住むところが違う人と仲良くなったのも、初めてペンライト振ったのも多分ドリライだった。
色々あったけど楽しかった。私の世界を広げて、エンタメ超面白いって気付かせてくれたテニミュは最高。

ついこの前深イイ話で特集されて見たテニミュの運動会、ちょっと興味が出過ぎて次あったら行きそう……また沼じゃん……。

 

一方でテニミュが教えてくれるのは決して華やかなことばっかりじゃなく、事故に遭って重い障害を抱えた人がいたり、道を踏み外して罪を犯して逮捕されたり、ひっそりと芸能界から引退していたり、卒業したキャストが色んな道を歩んでいくところも見ました。
結局どこの世界にいても、いいことばっかりじゃない。
そして人間はいつ死ぬか分からない。

まだそんなことまで教えてくれなくていいのにね。

 

ここ最近、思考停止して何かに追われるように生きていた自分の人生を見つめなおすきっかけをくれたことに感謝します。テニミュすごいな。人生の教科書だ。

滝口幸広、あんたすげーよ。
こんな鬼ヤバな売れ方したら、他にかなうやついないよ。どうなってんのマジで。
今までこの世でいっぱい楽しくて面白いもの見せてくれてありがとう。
ベスアクのゴールデンスマイルみたいに辛い別れの時を笑顔絶やさず受け入れるのにはまだ時間かかりそうだけど、ご冥福をお祈りします。

滝口幸広作詞のゴールデンスマイル、もし機会があったらいい歌詞なのでぜひ聞いてください。

 

 

「おっさんずラブ in the sky」第2話の超個人的な感想

社会人、飲み食いを減らせど、歩きを増やせど、なお我が体重軽くならず。

とりあえずこのバランスディスク買ったんだけど使い方がよく分かっていません。

まず食べなくても動いても太るってどういうこと??私の体、代謝を諦めないで??

さて、そんな私は依然として頭の中がヒプマイのどついたれ本舗。はて?どついたれ本舗とは??という方はまず40分くらいのドラマトラックを聞いてください。

はあ?40分とか長……と思われそうですが、全然そんなことないので本当にお願いだから騙されたと思って一回聞いてください。お願いする。タイトルはaikata back again。死角ゼロ。

Drama Track[aikata back again]

Drama Track[aikata back again]

 

 

本題のおっさんずラブインザスカイ第2話の話。

リアタイしてるけどいきなり情報量多すぎて立ち上がれずに今に至ってるけど整理しながら超個人的な感想いきま~~~す。

怒涛の1話からヤバさが加速し続け、春田のメンタルが大変不安定です。

大量のデッサンを描いた四宮さんを見かければ「あぁああ……ねえシノさん、なんであんなに俺の絵を……?」

そして成瀬を見れば「あぁあ、つか成瀬、お前が揉めてたのって男だったの?つかあのキスは何……!!?」

ウワァア!!といきなりパニくる春田にビビる同僚CA。ちゃんとしてくれと窘められ、ハイ……と身を奮い立たせる春田。今回の春田に降りかかる苦難が……ちょっと重いよね……。

と思ったらものすごい目付きでガリガリ描いていく四宮さん。鬼気迫り過ぎている目。

 

ゆったり空港内を歩いている機長(57)、あの「月が綺麗ですね」の件以来、めちゃくちゃ春田が気になってしまっている。背景に流れるムーディーすぎるBGM合い過ぎ。

気になるあまりに思わず春田創一をググってしまう機長。そして謎の胸の高鳴り、突然の涙。「なんだ、この感情は?!一体何なんだ!?もしかして……もしかして……春田のことが、す……!!?!?!?」とロッカーの狭間で身悶える機長。なぜか階段も登れなくなる。「俺には家族がいるし……そもそも春田くんは男だ……苦しい……」

と思って歩いてたらバーンと荷物持ってた春田とぶつかる。早くも二回目の出会いがしら事故です。

あわあわしてたら荷物ぶちまける春田の頭に顎をぶつけ、ひっくり返る機長。状況にビビり過ぎて目が飛び出そうな春田。そして咄嗟にひっくり返る機長をがしっと受け止める。そしてうっかりスイッチ入れてシャボン玉が舞う。

f:id:flatfaces:20191113174457j:plain

社交ダンスみたいな芸術点高めの受け止め方に完全に恋が始まってる機長……。

~こちらコックピット、先ほどから心の警告音が鳴りやみません。これは一体どういうことなのでしょうか?~

……いやだから機長、それ恋です!!!!!遅咲きの狂い咲きコースです!!!!

 

出払ったオフィスにて、一人勉強している成瀬に、春田「お勉強中悪いんだけどさあ……いやプライベートで何しても勝手だけど、ああいう風に俺巻き込むのやめてくんないかな」「……何の話ですか?」

全然知らない顔の成瀬に「え?やっぱバカなの!?」と立て続けに文句をぶちまけると、周りを気にする成瀬がバン!と立ち上がり「このことは喋んなって言いましたよね」。……成瀬くん、どう見たって君に非があるのになんでここまで凄めるんだ……?逆に余裕がないのかな……???

気圧されて「ウン、ごめん……」と謝っちゃう春田。そこで掴みかかると「キス位誰とでもしますから」と、とんでもねえパンチライン……。

ちょっと待って、そんな顔してキス位誰とでもするとか言うの反則じゃない?成瀬、お前はそういう男なの……?

「……いや、説明になってねえな?」と冷静に気付いた春田ですが、完全にシカトされてしまう。

 

寮では、ありがとうオアシス四宮クッキングタイム。鮮やかな料理の手つき。

そこで帰ってくる春田、いつものように突進せずに「シノさん……あれは一体どういうこと……シノさんが描いたの……それとも持ってただけ……?」と悩んでいたところで、声を掛けられる。

オアシス四宮の夕食を食べつつ「絵のことをこっちから聞くのもな……まあシノさんから説明あるよね」と思っていたらシノさん「ちょっと味薄かったな」と完全にスルー。

衝撃。嘘みたいなスルー。春田「もしかしたら完全に無いことになっている……!!?!?」と顔がどんどん面白くなってくる。

苦難を背負えば背負うほど顔が面白くなっちゃう春田、大変愛おしい。伸びしろ感じる顔芸。

そしてサラリと紅ショウガにシフトされ、「もう別に普通に聞いちゃえばいっか」というクソ安易な考えを実行してしまいます。

あの絵のことを切り出され、「絵が趣味なんだよ」などと平静を装いながらも紅ショウガ爆食いしてしまう四宮さん。やだ、切な………。

すると「他のやつも見てくれよ」と春田にスケブを渡す。中には機長や成瀬やCAたちの絵が描かれており「俺だけじゃなくてみんなの絵をかいてたのお?!?春田勘違い~~~☆」

いや春田はどうかその野生の勘を信じてくれ……そっちが正解だよ……。

ああ、あの鬼気迫るスケッチはこのカモフラージュ工作のための……。しかし圧倒的に俺の絵が多いな??と気付いたものの「まあ一番近くにいるんだもんね……考えすぎだゾ☆春田☆」と分かりやすく安堵の顔。そして部屋で春田を誤魔化せたことにこっそり安堵する四宮さん……はあ、つら……つらすぎるこんな自己犠牲的な恋……。

 

翌日、お客様センターに「成瀬竜は誰とでも寝る泥棒猫だ。成瀬はパワハラ野郎だ」という死ぬほど物騒なメールが届く。

下の方には「加えて春田創一も許すまじ」とか書いてあってものすごい巻き込み事故を食らう。考えなくてもあのコーヒーぶっかけ女の仕業です。

ヒナが「はるちゃん何か心当たりあります?」と聞かれると「完全な貰い事故だから!」と関係を否定しまくる。

何やら春田の写真などもSNSで拡散(8981RT、6519いいね)されてしまい、会社のイメージに影響するとなれば黙っていられないというヤバイ展開に。新人なのにこんなバズる春田、ある種の才能である。コーヒーぶっかけ女の拡散力もすごいな。

CAの一人、アリスが「成瀬さんにパワハラされました(プンスコ)」と不穏な気配。

すると整備士のみっちーも同調し「あの人すごい整備士のこと下に見てくるし感じ悪いなって思ってました!」と日ごろの不満を吐き出しちゃう。そしてアリスは会社に相談します!と言ってオフィスを出て、ざわつきが止まらない。

 

成瀬くんは機長に呼び出され、物騒なメールを手に事情を聞かれるも、成瀬「私から話すことは何もありません……」と突き返す。

あの春田の時とは打って変わって「プライベートなことでご迷惑をおかけして申し訳ありません」と素直に謝る成瀬くん。

あっ……な、なんか分かったぞ……分かってきた……さては君、めちゃくちゃ素直な性格だな……?

しかし機長はあのキスがフラッシュバックしてるので気が気じゃない……のですが、そこは抑えて「いつでも相談してくれ」と超模範的上司な対応をしてくれます。優しい。

しかし成瀬くんが立ち去るや否や、「何もありませんって……春田くんとキスしてたじゃ~~~ん!!!」と懐疑的な目……。

そして機長は春田も呼び出し、パワハラについて聞くと「ないですよ!それに俺、一番下っ端ですし……」と返される。気になる。大変気になってしまう機長。そして胸が痛む。「この胸の痛みは、何……?!!!」いやだから恋ですって、恋。

 

一方、珍しくブチ切れ激怒するみっちー。なだめるオアシス四宮。

「成瀬さんからあんなに上から言われるのはちょっと……!!!」なにやら色々予定がぶつかってしまった様子。

「整備に対するリスペクトがないんですよ、あの人……」と愚痴るみっちーに「まあまあ、コーヒーでも飲もう」と包み込む四宮さん……オアシスすぎ……。

ヤバイ立ち位置に立たされ始めた成瀬くんを放っておけない春田、声をかける。

関係ないでしょとあしらう成瀬くんに「そんな敵ばっかり作ってさあ、パワハラって言われても仕方ねえんじゃねえの?」と言う春田。

「新入りに何が分かるんですか」と成瀬くんおこ。いやほんと顔が怒ってる顔っていうよりも「おこ」の顔してて、ああ~~~成瀬くん~~~すごい素直~~~~!!と、春田のように放っておけない気持ちにさせる。ばーちーすごいね……。

そして「お前も言いたいことあるんだろうけど、言い方考えないと伝わるもんも伝わんねえぞ」と、年上の新入りから刺さるアドバイスを受けて「俺、他人の領域にガツガツ入ってくる人、マジで嫌いなんですよ」

いや、分かる……すっごい分かる……このつっけんどんな感じは、自分を守るための棘でもありつつ、相手を傷つけるのが怖いみたいな臆病さがある、なんかそういうやつ……。

成瀬くんの繊細さがバッとむき出しになったんですけど、春田は「……いや、お前もな?」と全然棘が効いてなくてとっても春田。この良くも悪くもデリカシーの無さがどんどん人の領域に入っていって心の扉をぶっ壊しちゃうんですよね……成瀬くんみたいに誰にも壊されたことない心の扉を春田に壊されたりすると、反動がデカいっていう……あれ?

 

一方診療室で診察を受ける機長。数値は正常で体は元気なのに異変が起きている件について心配する機長に向かって医師「私が言うのもなんですが、あえて病名を付けるとしたら、恋の病ですね」「……ええ?」

……でしょうね!!!!そうでしょう。戸惑ってはいるけど目が始まっちゃってるもん。目が。

タイミングよく通りかかった春田を見て「ァアア!」と声を上げてしまう機長。

「具合悪いんですか…?」と聞かれ「いや、まったく大丈夫だ」と平静を装ったところでまさかの春田「今夜お時間いただけませんか」……つくづく春田ってやつはタイミングの神からの寵愛がすごい。

 

ヒナと四宮さん、仲良くケーキを食べるの巻。

イチゴを残してケーキを食べる四宮さん可愛すぎて死……。成瀬くんのパワハラの件が大事になりつつある件。ネットで拡散されているが、SNSに疎いオアシス四宮。おお、推せる……あ、あのブログ(「シノメシ」その3…柔らか簡単鶏チャーシュー|シノメシ|土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』|テレビ朝日)推せますよね。インスタでもTwitterでもなくブログから始めるところが推せる……そして常に美味しそう……。

話を戻しまして、巻き込まれまくりの春田を心配する四宮さん。「ああ、はるちゃんは多分とばっちりです(笑)」というヒナ。分かりやすく安堵する四宮さん……いちいちつらいな……と思っていたら「あ、イチゴ食べないんですか?いただき~!」とヒナに食べられてしまう。

「アアッ!それは最後にとっておいた……!」と思いのほか大声になる四宮さん。謝るヒナに「いやヒナちゃんは悪くない!こんなもの最後まで取っておく俺が……!いつもそうだよ!!」ここで悔しさを爆発させてくる四宮さん。

おそらく、ここのイチゴ=春田であって、一番近くでゆっくりと関係性を作っていってたんだけど、ヒナにスッと取られちゃったっていう暗喩。こうしていつも損をしてきた四宮さんが目に浮かんでめっちゃつらい。幸せになって。

焦ったヒナがもう一個頼もうとすると、「大丈夫!!!うん、ごめん、大丈夫、お騒がせしました」とものすごい強さで自分を押さえつける四宮さん……だからつらいって……それで押さえつけた後に「で、春田とは?」となぜか傷をえぐりに行ってしまう四宮さん……ねえ……。

「今度シノさんに教えてもらったおでん屋さんにいきますよ」「おお、デートにいいかどうかは分かんないけどな」「いやデートとかそういうんじゃないですから……」

「ええ?はるちゃん呼びになったのに?」

ちょっとさっきから四宮さんすごい自分から傷に塩塗りに行くじゃん?何で?つらすぎるんですけど??

ヒナが同僚に呼ばれて立ち去った後、おもむろに四宮さんがヒナがストローの袋で作った謎の人型を水につける。すると、水を吸って元に戻ろうと動き出す……。もがくようにも見える人型を見つめる四宮さん……なんとも四宮さんの心情が投影されていてしんどい。つらいとしんどいのダブルパンチ。あ~~~幸せになって~~~!!みんなのオアシスなのになぜ幸せになれないのか~~?!?

 

あの約束通り、深夜業務を終えて機長と二人で帰っている春田。

成瀬くんが気になって仕方ない春田。不器用だよなあという機長に「そうなんすよ、あいつ周りの事全然信用してないんすよ!それがホント腹立つっていうか……」

春田にとってはあの成瀬バリアが腹立つっていうところがすごいポイント。なんか始まっちゃいそうだけど。

そんな成瀬に対して何か自分にできることはないかともどかしい春田。成瀬には明日話してみる、という機長に「あいつ寮帰ってると思うので、今から一緒に話に言ってくれませんか」と持ち掛けます。

「えっ、おうち……?いやまだおうちは……」と突然の乙女モードが加速。引き返せなくなるぞ……と自問自答しつつ、いい上司と乙女を行ったり来たりする機長。ヤバイ。

「今日は、帰る……」「いや、寮ほんとすぐそこですよ」「……お疲れ」

機長的にはもう春田の方からぐいぐい来られてるくらいの気持ちなので、もう戸惑いが止まらないっていう……。

 

寮では四宮さんと成瀬くんのターン。この二人絶対なんかあるなと思ってたら先制パンチ成瀬「あれからどう言い訳したんですか?」「言い訳も何も、ただ絵の練習してるって言っただけだよ」「好きなんですよね?」「……え?」パンチが鬼重い成瀬くん……。

「ムカついてますか、俺の事。キスしたんですよ?春田さんと」「春田にはちゃんと相手がいるんだよ。これ以上あいつを弄ぶな」「俺あの人なんか全然タイプじゃないんで」

あの「好きなんですよね」に対して否定せず、弄ぶなっていう四宮さんが引っかかる。

これは結構お互いに中身を知られてる感じありますよね?ないか?

「四宮さんって自分の中で抑えて我慢して耐える系ですよね。それって結局楽してるだけなんじゃないですか?」「ほっとけよ」「それじゃあ幸せは掴めないと思いますよ」

成瀬くん……深いな……なんかややブーメランっぽいけど……。

「お前なあ」と言い返そうとすると、春田が帰宅する。空気を読まないタイミング。

四宮さんの前で成瀬に構い倒す春田。「いつもグラタン食べてない?グラタンの王様に脅されてんの?」「いや誰だよ」「……急に反応すんなよ」

成瀬くんの中にキレるツッコミの片鱗があって嬉しくなっちゃった最高。

そこで、四宮さんの発言により成瀬くんが整備士よりも中身に詳しいということが発覚。これは過去何かあったぞ……絶対にあった……。

春田「いやいやお前さ、ちゃんと説明すんのがダサいとか思ってんのかもしれないけど、パイロット辞めさせられたらシャレになんねえぞ」「……あんたに関係ないだろ」

立ち去る成瀬くんを追いかけようとするも四宮さんに止められる。

部屋に戻るがモヤモヤしすぎて落ち着かない春田は部屋を出るとそこには成瀬くんが一人で飛行機のおもちゃを持って空に向かって飛ばしてるという激エモタイム。飛行機への愛溢れすぎ。

 

社内調査が終わるまではシフトから外されてる成瀬くん。やるせない。

CAアリス、まだ成瀬くんのパワハラを根に持っている。春田が事情を聞いてみると、どう聞いてもアリスのミスで、別に成瀬くんは悪くないぞ……?

そして成瀬くんの懲戒委員会が始まり、ガンガン責められる。パイロットを続けたくないんですか?と聞かれたときの顔!!!!ばーちー天才。

 春田が「成瀬どうなっちゃうんですか??」と心配する。しばらく飛べなくなっちゃうかもしれないと聞き、いてもたってもいられずに機長の手を引っ張っていく。

責められまくるも何も言わない成瀬……と、そこに、四宮さん降臨!!!!かっこよすぎるだろ……王子様じゃん……。

「いち整備士の立場から言わせてもらいますが、我々は少なくとも彼からパワハラを受けたというトラブルは聞いたことがありません。彼は誤解されやすい性格かもしれませんが、飛行機に関しては人一倍熱い男です」

これまでの成瀬くんの功績を言ってくれたりしてめっちゃ庇ってくれる四宮さん。あんなに挑発されたのにすごい庇ってくれる。

懲戒委員会的にはいくら能力があってもパワハラは許されないと強めに言われてしまう。どうしたものか……というところで一度走り出したら止まらない弾丸の春田が登場。なんとパワハラを受けて泣いていたCAアリスを連れてきて、「すっごいムカついたけど私も悪かったんで、まあ許します。申し訳ありませんでした」と証言させたのでした。

そこで春田は成瀬くんの方も悪かったと思う、とすごい真っ当なことを言ってくれる。

「周りを全然信用しない、プライドだけ高いただの格好つけマンです」成瀬「はァ?」

「でも、めちゃくちゃ勉強家だし、空も大好きで、誰よりも安全のことを考えていて……頑固な職人さんみたいだなって……。要するにジジイなんすよ!」成瀬「はァ?」

なんだか春田と成瀬くんいいコンビになってきてて草。そして地味なジジイネタ(間宮祥太朗命名)。

「人付き合いとかは苦手だけど、仕事に対するハートはアツくて、もしかしたらすっごいパイロットになるんじゃないかな~!!って……」

密かに四宮さんの中の春田への好きが増してて切なさが襲う。ここで、機長が成瀬くんに「もし君に足りないものがあるとすれば人と向き合い、ぶつかって分かり合い、乗り越えて前に進む覚悟なんじゃないか」とすごい刺さること言ってくれる。

そんなわけで無事に成瀬くんはパワハラ疑惑を払しょく。よかったな~~!と春田に言われるもぶっきらぼうな態度をとる成瀬くん……。

ありがとうだろ!とかぶーぶー言ってると成瀬くん不意打ちの笑み。すごい。不器用強ツンデレの破壊力すごいぞ。

春田「……笑った、今?」「は?」「え、笑ったよね?」「笑ってないし」「いやもっかい笑って?え、なんで笑ったの?」「笑ってないっ!」走り出す成瀬くん………エッモ……。

 

そして屋上では四宮さんと機長のタイマンが繰り広げられていた……。

機長「一つ気になってることを聞いてもいいか」「「はい、なにか不具合が(メモを取り出す)」

「……そんなふうに春田くんを描いているんだね。君は春田くんにほの字なんだろ?!」久々にドラマでほの字ってワード聞いたわ。

春田のことはごまかせても俺の目はごまかせないぞと強めにいく機長に対し、四宮さんは「もしかして、春田のこと……」「何を言ってるんだ!!慎みなさい!!」「すいません……」「好きだ」「エエッ!?!?」

あの吉田鋼太郎と戸次重幸の技術の粋が詰まり過ぎてて笑いが止まらないよね。ガチのテンションなのに。

機長「自分が分からない……どうしようもないくらい好きになってしまったんだよ!!君は伝えないのか?君だって好きなんだろ!?どうして直接伝えないんだ。なぜだ!なぜだ!なぜだ!!!」

「私は……私は……これ以上の関係を望んでいません」「えっ」「安心してください、キャプテンの恋路の邪魔をするつもりはありません」

「……じゃあ、いっちゃうぞ……いいんだな!?いっちゃって、いいんだな!!!?」

よ、よくな~~~~い!!!よくないよ四宮!!!何をそんな諦めてるんだ!!!いけよ!!!そこは思いを押し殺すなよ!!!あのイチゴを食べに行ってよ!!!……取り乱しました。

 

一方、四宮チョイスのおでんやにデートしに行くヒナと春田。東京おでんラブストーリー……?

成瀬くんが無事疑いが晴れたことについて話している二人。

「あいつマジで不器用だよな」「ん?それはるちゃんが言えます?」「そういわれたらそうだけど……つかヒナ、もう敬語禁止な」「エッ何でですかあ」「はいそれ~~」

まさかあんな屋上でタイマンが行われていたとは知らない春田はヒナと大変いい感じです。

「明後日って休み、だよね?」「うん、休み」「どっか、いく?」「うん……デート?」「デート……かなあ」「どこいくー……」「水族館とか」「俺魚苦手ー……」

「じゃあ遊園地!」

肩を寄せ合いデートの予定を立てる二人。いいぞ。すごい微笑ましいぞ春田。

 

次の日、出勤するとロッカーに一枚の紙が。「21時、展望デッキで待つなり 黒澤拝」

何の用だろ……?と行く春田。めっちゃムードあるイルミネーションの中、機長が立っている。

「あの、ぶっちゃけ、春田君のことが気になって仕方ありません。春田くんのこと、好きになってもいいですかーーーーー!!!!」まさかの学校へ行こう状態。

えええ?!!?と悶えながら混乱している春田を見た機長は、てっきり〇を作ってるんだと思って「ヤッターーーー!!!!!」鐘を鳴らしまくる。

 

次の日にはヒナとデートしながらも「もしかして俺、キャプテンに告白された?オッケーしちゃったってこと?ええ?!」と大困惑大会。そこへ頭にボール。泣きっ面に蜂。急きょヒナの自宅で応急処置をしてもらって、なんか沈黙していい感じの空気感が流れる。手を取ってキ……ス………と思ったら機長~~~~~~~~????

機長「何で?」ヒナ「私のお父さん!」エーーーーーー!!!!!私の娘の隣に私の好きな人がいて???!エーーーーーー!!!!?

 

いやあ……面白くなってまいりました……。カオスがカオスを呼ぶおっさんずラブインザスカイ。面白い。スピードぶっ飛ばしていくのめっちゃ面白いな……。

脳が疲れ切った一週間の最後にぶっ飛ばしてもらえると何でもよくなっちゃっていいですよね。来週も楽しみ。

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ!主にTwitterでお返事をさせていただいております。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ

「おっさんずラブ in the sky」第1話の超個人的な感想

本題に入る前に、今、私には次元問わずお笑い芸人ブームが来ています。

いや~~~まさかのヒルナンデスで結果を残す宮下草薙の大躍進はさすがに胸熱だった。そして現在テレビライフで連載してる不毛なやりとりが本になるので、結果的に3冊くらい買うと思う。

宮下草薙の不毛なやりとり

宮下草薙の不毛なやりとり

 

しかしお笑いに推しがいる今年のM-1、精神に異常をきたす……。

そして新たにGパンパンダも応援しはじめたら、めちゃくちゃ税に詳しくなりました。軽減税率に惑わされない。

さて次元が変わりまして、ヒプマイのオオサカディビジョンどついたれ本舗のぬるさらローションに人生を狂わされています。なんか急激にいかがわしい響きですが、どついたれ本舗はいかがわしくないです。多分。

あゝオオサカdreamin'night

あゝオオサカdreamin'night

最高のアルバム。ドラマパートもソロもいい。オタク貢ぎ倒す血が騒ぐ、今はSuicaよりピングーin the city!アトミックモンキーから始まる新時代。

 

そんなわけで私がお笑い芸人にワラワラと惑ってるうちに始まった、おっさんずラブin the sky。

この前ドラマ始まって終わって映画が盛り上がってるなと思ったら、体感秒で帰ってきた。

配役と設定が変えられたりとか、その件に関してはあらゆるところで大変に物議が醸されていたようで、最初はキワモノイロモノっぽい感じだったけど今やいろんな人に深く愛されるコンテンツになったんだなァと無駄にしみじみしました。……勝手に生みの親みたいな目線なの草。

この熱冷めやらぬ間にこのおっさんずラブというコンテンツの確固たる地位築いてやるわよ!!!っていうテレ朝の気合がすごいですよね。いいんだか悪いんだかはさておき。

私としては、基本面白ければオールオッケー派です。一旦見て肌に合わなかったらリタイア。

そういえば以前、インザスカイに肯定的な感じでいたら「ブログを読んでましたが、あなたは作品に愛がないんですね。残念です」的なメッセージをいただきました。

なんというか、逆の立場で考えると「ウワ、この人愛がないな」と思われるのは当然かと思います。この軽薄で面白さ重視の私が、慈悲深いあなた様の山よりも高く海よりも深い愛に到底及ぶはずがありません……ここはただの薄暗い沼でして……次元が低くてすいま千利休……。

いきなり真面目な話になりますが、全ての変化をすぐさま受け入れろと言うのは到底無理な話だし、受け入れられないことは全く悪いことではないと思います。しょうがないっすよ。正直、なんかちょっと公式のやり方は手荒なことをやってる感はある。世の中やっぱり世知辛いよね。

さっぱり上手い言葉が見つかりませんが、このメッセージを送ってくださった方は新しいおっさんずラブを受け入れられないことを余計に悩んだり余計に煮詰めず、できれば楽しい感じでいてくださったらいいなと勝手に思います。

生きてると何が起こるかわかんないし、なるべく楽しい気持ちで……とにかく無理なものからは距離を取るといいです……。

 

はい、そんなこんなでさっそく内容に触れてまいりますが、冒頭からキムタク先輩のGOODLUCKの権利スレスレのアレンジを聞いている感じで笑った。月9を目指しているだけあるぞ。

ちなみに今回の月9シャーロック結構好きです。ブログは書き損ねましたが、毎週見ててディーン・フジオカ様の良さを浴びられる素敵な月曜日だった。そして見るたびに実感する佐々木蔵之介への愛。

寝坊しちゃう春田が相変わらずめちゃくちゃ良かったけど、カメラワークの躍動感がぶっ飛ばしすぎて弱い人は酔いそう。

インザスカイの世界にいる春田はスポーツシューズの営業をリストラされてからの天空ピーチエアラインにCAとして就職し、ついに初フライトをキメるわけです。空港で美人CAたちに鼻を伸ばしつつ挨拶をしていると、機長とぶつかってすってんころりん。

手を差し伸べてくれる優しい機長を見ながら「キャプテンかっけーな~~~」と呟く春田に、大パニックのお客様。なんとトイレに婚約指輪を落とすというとんでもねえドジをかます。時間がないと迫られた春田、指輪を取ってあげてたらブリーフィングに遅刻し、残念ながらフライト出来ず。

副操縦士の成瀬(千葉雄大)(ばーちー)が「初日から遅刻してくるようなCAをチームの一員として認めるわけにはいきません」と突き放し、飛行機は離陸。

呆然とふらつく春田のもとに、整備士の四宮(戸次重幸)がやってきて「春田?お前何してんだよ。今日初フライトじゃないのか?」と声をかけてくれる。ここでもう既に四宮さんの良さが爆発しています。あまりにも良すぎて不安です。

そんな四宮さんに「しのさ~~~~~ん!!!」と泣きつく春田。よく分からないんだけど2か月のうちにつくり出される距離感じゃなくない????

「やっちまった……」「エッ!?!!?寝坊か?」「寝坊もあるんですけど……」

「まったく情けないな、空飛ぶだけがCAの仕事じゃないだろ。スタンバイ中もほら、いろいろ仕事がある」……四宮さんに好感しかない。

そんなところにやってきためっちゃ若い後輩の道端くんに春田を紹介する四宮さん。何やら春田と四宮さんは寮で隣の部屋だそうです。

紹介された春田「道端さん……」道端「あっさんは大丈夫なんで、あの僕みっちーで」四宮「友達か?!」

四宮さんのツッコミと春田の「ああ、みっちー(嬉しそう)」っていうのゆるくて笑った。

するとディスパッチャーからロッカーの整理を頼まれる。春田がロッカーを開くと大量の資料の中から謎のデッサン。デッサンを見るに熱量が……すごい…………。

ここでのデッサンの中に半裸の春田が描かれているものがあって、これは寮内の犯行だなということが何となく匂わされていました。あとパラパラ漫画まで出来てる。

ここでオープニングがちょっと挟まれるんですけどめっちゃかわいい。手作り感は損なわれていない。

動揺しまくる春田、そこにはるちゃん先輩!と元気いっぱい女子のヒナの登場。

ヒナは春田がリストラされて路頭に迷っていたところを、天空ピーチエアラインを紹介してくれた恩人であります。ちなみに高校時代のバスケ部の先輩と後輩の関係。

自分の代わりに補欠の子を試合に出してたというお人好しエピを披露し、春田の人間性を分かりやすく表現してくれる、ドラマ的にできる女。実質先輩なのでヒナからはるちゃんって呼ばれて満更でもない春田。

そんな中、椅子に座っているあの指輪落下大パニックの男性を見つけて声をかける春田。初めてだからプロポーズに踏み切れないという男性に頑張って思いを伝えましょうよ!!と熱血なアドバイス

 

一方フライトを終えた機長と成瀬がティアドロップサングラス(GOODLUCK仕様)で空港に戻ってくる。そこに四宮さんが点検で出発が遅れてしまったことを謝罪している。そこにちょうど通りかかる春田。

すると成瀬が四宮さん「時間内にできないならリーダーのあなたがフォローするべきだったんじゃないですか?俺、雑な仕事する人間は許せないんで」とツンツンしつつも責めてるんだか責めてないんだか分からないコメント。そして何かちょっと意味深な態度……。

機長からスタンバイ中は何をしていたかと聞かれる春田。「次はああいう失敗は許されないぞ」と言われて気を引き締めます。そして長めに余韻を残す機長。

すると、道にはクロッキー・デッサン用の鉛筆が落ちている。急に見慣れた懐かしいやつ出てきてビビった。 使いやすいのでおすすめです。特に3B。

パイロット クロッキー 3B HA-CR4-3B

パイロット クロッキー 3B HA-CR4-3B

 

 も、もしかして……?!!?と機長を見る春田……。

ディスパッチャーから直前でキャンセルする人がいると聞き、あの大パニック男性を思い浮かべます。

 

休憩中の春田、成瀬の修羅場に遭遇。分かりやすい痴情の縺れです。

他に好きなヤツ出来たらしい成瀬に食い下がる女性。

そこで身を顰めていた春田があの鉛筆を落としちゃって二人に見つかる。タイミングが最高に最悪。愛すべきタイミング。

白々しく口笛を吹く春田をぐいぐい引っ張り出し、しっかりキスをしていく成瀬。「そういうことだよ」

……どういうこと?エッ、なに、どういうことなの?おい成瀬、どういうことなの???キスの仕方がすごい積極的だったよ???唇をしっかり食んでいったけど???春田は春田で完全に迎えに行ってたけど。

「ひどい……ちょっとなんなのよあんた!」ブチ切れアイスコーヒーぶちまけ女。

成瀬「お疲れ様でした」春田「おおーい!!!色々とおーーーい!!!」

春田本当に心の底からお疲れだよ……と思ったら機長めっちゃ見てた。めちゃくちゃ険しい顔の機長。

機長のモノローグ「吾輩は機長である……それなりに経験を積んできたつもりだが、それでもまだ予想外のことが起きるものだ……」

キスシーンみて度肝抜かれる機長、声が出てないのにめちゃくちゃ表現力強くてさすがの吉田鋼太郎様。

「春田と成瀬がキス……どういうことだ……」

この時の機長の顔がブレ玉みたいなカメラワーク面白すぎて汎用性の高さを感じました。動揺しすぎてクリックが全部ダブルクリックになるのもめっちゃ面白かったな。

「たかがキス……どうしてこの私が動揺しているのだろうか……」

いやまぁあれはみんな動揺すると思うから……動揺しないのは無理だから……。

 

一方その頃、CA3人組と春田の歓迎会が行われている。

とは言っても食べたいもの食べてキャキャしてるだけの先輩CA様方。何か聞きたいことある?と聞かれた春田、あの謎の熱量デッサンを見せて絵心がある人がいるかを聞きこむ。デッサンを見るなり、思いが強い、絶対春田のことが好き、ヤベエヤツ、などと言いたい放題の先輩CA陣。

不安になる春田に、絵心ある人というところに機長の名前が上がる。

春田「黒澤機長……いやいや……ナイナイ……もしそうだとしたら……」

 

資料を見ているオアシス四宮さん。真面目な姿勢が好感。そこにやってくるヒナ。

「春田のやつ、今日大変だったみたいだぞ」「聞きました。もうほんと心配になるくらいポンコツですよねえ」「まあでもあいつは何でも一生懸命だし、真剣に向き合うやつだからいいCAになるよ」「そうだといいんですけどね~」

いや~~四宮さんの癒し効果すご~~い!!!!オアシス四宮~~~!

「きれいなCAに目移りしないか心配なんだろ?」「そんなんじゃないですよお!はるちゃんとはそんなんじゃないんで!」

なんかつつき合ってじゃれる二人。いやらしさがゼロ。

デスクでは居眠りする春田。そこへ機長がやってきてブランケットを掛けてあげる。そのあと頭を撫でようとする……これは何やら特別な思いが芽生え………????と思ったら起きる春田。

そこで春田にちょっと風にあたろうと言う機長。温かいのと冷たいのと微糖と無糖を取りそろえているホスピタリティが鬼の機長。

「俺、頑張ります!キャプテンみたいにかっこよくなって、グレートCAになるって決めてるんで」「グレートCA……?」「ハイ。キャプテンの話を聞いてそう思ったんです」

説明会で淡々と語っている機長に感銘を受けまくった春田。

「ああ、あの時の君か!」と思い出す機長。航空会社で働く極意、チームの大切さを語ってくれ……たところで寝る春田。春田ってやつはタイミングに何かしたの?ねえ?タイミングさんめちゃくちゃ怒ってるよ?良きところで謝んな??多分今後えらい目みるよ??

まさかの機長の肩ですやすや眠る春田。機長の心「えっ寝てる?寝ているのか?おい春田、それはあんまり無防備すぎやしないか?!!」ともう一人の機長が出てきて「ああ!なんだこの気持ちは!かき乱すのはやめろ!!春田ァアアアア!!!!!!!」

春田起きる。逆にタイミングさんに好かれてるのか?

そして迂闊な春田「あっキャプテン!月が綺麗ですね」

いやこの迂闊さで今までよくご無事で……よりによって月が綺麗ですね……って……。

と思ったんですけど、私も普通に月が綺麗な時に言っちゃったときがあって、ロマンチックな人にどえらい勘違いされてしまった経験があるのであんまり強くは言えない。改めましてポンコツです。

 

寮に戻った春田、飄々としている成瀬に詰め寄る。

「なんですか?」「なんだよ今日のアレ」「え?分かんないの?キスだよ」「意味なんかないですよ」

激おこの春田をさらりとかわして去る成瀬。ちょっと闇が深そうだな推せるぞ。

そこでオアシス四宮クッキングタイム。我々に向けた完全なサービスショット。

慣れた手つきで作っているところに帰ってきた春田。

「春田、おかえり」「し~~~~の~~~さ~~~~ん!!!」マジの大型犬のじゃれ方する春田と料理する手を止めないオアシス四宮。

めちゃくちゃうまそう!と味見する春田に、どう?とオアシスの微笑み。絶対おいしいだろと思われたところですが、見る見るうちに歪む春田の顔……。

「マジか……」と絶望したオアシス四宮が「作り直す!!!」と言いながら料理を捨てようとするのを必死に止める春田。なにこのオアシス四宮の勢い。怖い。急に怖いんだけど。

「おいしかった!」「……いややっぱり作り直す!!」いや、どっちなの?オアシス四宮は味音痴なのに料理がうまいの?それとも付き合いたてみたいなダル絡みなの!?!?

結局テーブルでむしゃむしゃ食べる二人。

四宮「キスされたァ!!?」春田「初日からぐしゃぐしゃですよ。キスされるし、俺の似顔絵いっぱい出てくるし」

このモテ男(笑)というオアシス四宮に対していやモテるとかそういうんじゃない……とぐったりしている。

四宮「キスって誰に?」春田「誰っていうか、本気じゃない奴っぽいんですけど……まあよく好きでもない相手とキスできるなあとは思いますよね」

四宮「まあそうだな」春田「だってしのさん今俺にキスしろって言われたらできます?」

四宮「できるよ」春田「えっ」

……できるの?えっ……なんかちょっと一瞬オアシスが急に濁っ……。

呆然とする春田に「ふふふ」と笑って「なんてな。いや、ないないない!」と濁り四宮からオアシス四宮に戻る。ああ……怖かった……なんかすごい本音を見たのかと思って……カムバック・オアシス……。

「あんまりヒナちゃんに心配かけんなよ」と正真正銘のオアシス四宮からの助言。

 

部屋に戻った春田のもとにヒナから「明日、起こしましょうか?」というメッセージ。

あの満月の間接照明が春田の部屋にあって一瞬ウッ!ってなりました。

歩いているヒナに春田から電話。こう、友達以上恋人未満特有の初々しくて甘酸っぱい感じの会話がいいですね。トレンディ月9トレンディ月9~~!!

 

寝坊対策に目覚まし5個セットした春田だったんですが、なぜか一切鳴らずに?寝坊。

めっちゃギリで間に合う春田。あの大パニック男性の予約があり、キャンセル疑惑で対応に困る。春田は5分で戻ると言って空港に飛び出していき、その男性を探す。

しっかり不信感募らせる成瀬に対し、「俺は春田を信じる」とバチバチの説得力を見せる機長。

春田は男性を見つけ、手作りのお守り(裏には大大大)を渡し、男性のプロポーズの後押しをする。「だから一人じゃないです!!」「え?」

「あっそれ、大丈夫って縫ったつもりだったんですけど」「ああ、ハハハ…春田さんって面白い方ですね、ハハハ。じゃあ後ほど、機内で」「機内で!!?」

やりました。春田の力技でやってやりました。先輩からフォローを受けて、無事初フライトデビュー。

フルムーンフライトですね、というディスパッチャーに「この前月が綺麗ですねって言っていた人がいて」「ああ、夏目漱石じゃないですか。昔アイラブユーを訳したとかしてないとか」……アイラブユー??????OMG!!!!!な機長。OMG。

 

そして、あの大パニックからの無事婚約したという男性からの手紙に嬉しそうな春田。

からの「信じられないんだけど!!!マサキのこと本当にもう何とも思ってないの!?」という女性の声。修羅場再び。

しかしおかしいのが男性と女性対成瀬という構図で、なぜか女性がマサキと別れてくれと成瀬に詰め寄っている。おっ?成瀬?

成瀬「いや、だからそもそも付き合ってないし」マサキ「成瀬、それはないだろ」

すると風で跳んでいく春田の手紙。タイミング(ドS)に愛された男、春田創一。

去ろうとするも女性に捕まり「マサキ、諦めなよ。成瀬はもうこの人が好きなんだって」成瀬「ねっ」ねっ……??????

女性「マサキ、もういいじゃん。私のとこに戻ってきなよ」

マサキ「お前は何なんだよ!成瀬のなんなんだよ!!」激おこのマサキですが、「な」が多すぎてちょっとぬるっとした音なの草。

成瀬「一回寝たくらいで本気にしてんじゃねーよ」

……えっ。一回寝てるんかい。言いがかりかと思ったら寝てるんかい成瀬。

マサキ「俺は遊びだったのかよ……」とんでもない板挟みにあう春田。

再びアイスコーヒーぶっかけられ「この泥棒猫が!!」とビンタもされる。踏んだり蹴ったり。かわいそうすぎる……。

「お前がああなってたのは女の人じゃなくてあの男の人?!」と詰め寄ってきた春田を網に叩きつける成瀬。「今の喋ったらぶっころすゾ☆」こ……怖……ゾ☆が怖……。

そこにオアシス四宮降臨。「成瀬なにやってんだ!」というと、成瀬がダッシュで四宮さんを突き飛ばしたところで空に舞うデッサン。

「これ書いたのしのさんだったんですか……!!!」

大焦りのオアシス四宮、絶望して叫び倒してたら機長も居合わせて恋の乱気流エマージェンシー……というところで、詰め込み倒した1話終わり。

 

いや~……オアシス四宮がやっぱりオアシスではなく沼だったんじゃないか疑惑。

成瀬はばーちーに任せたら間違いないよね。ばーちーのANNを聞いて以来、私はばーちーを信頼しています。春田と機長だけじゃなく、成瀬の心の成長も見守っていけそう。あとみっちー激アツ。大化けする。最近のメンズノンノは強い。メンズノンノといえば今週ゼロワン無くて激萎えでした……大和田伸也……。

さて、インザスカイでもあの「おっさんずラブのエンタメ性」は保たれたまま、新しいフェーズへと進んでいる感じでした。今までのおっさんずラブと比べると、人間関係が最初から結構複雑になってるところは見ごたえあるなと思います。

土曜の深夜に一週間のご褒美的なエンタメな感じですごく好きです。特にオアシス四宮。我が道を信じて突き進んで欲しい!じゃ、また来週!

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ!主にTwitterでお返事をさせていただいております。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ

はいどーもー、どつかれたい本舗です

てやんでい。最近いろいろ上手く行ってなくてマジ白目剥きっぱなしでEVERYDAY。

やっぱり人間の中身ほぼ水だからマジで気圧次第なところあるじゃないですか?過去に類を見ないほどの台風とかバチバチ日本に来るもんだからそりゃうまくいかない。人生は誰のせいでもない、主に気圧と天気次第。イェ〜〜イ。

ここ最近を振り返ると右腕に轟洋介、左腕に鬼邪高ってタトゥー入れてもいいくらいのテンションでハイローを見たり、おっさんずラブ滑り込んだりしてハッピーインプット爆アゲ祭りではあったんですが、社会生活が調子悪すぎて滅亡迅雷.netに接続しそうだったりして上がるテンションも下がりに下がって、はい今私のテンション地球のマントルまで突破しました~~~~~~~!!!触るな危険アッツアツで~~~~~~~す!!!!!

 

……そんな私の脳内に直接アドレナリンを注入してくれるもの、それがヒプノシスマイク。

みなさんご存知のどついたれ本舗。

はいどうも、改めまして私どつかれたい本舗やらせてもらってます。

自己紹介も煽り方も超粋。今度粋について問われたらどついたれ本舗って答えます。

そして肝心なこの曲を誰が作ったのか、聞いたらわかるCreepy Nuts。こんなものは天下ですよ。ただシンプルに天下を獲りました。

あとフリースタイルダンジョンのファンとしてはアッ!これはあの時の!ってなる箇所が何個かあってそこもまた。R-指定先生ってなんであんな人のエモに刺さるツボ分かってんすかね?好きです。
何と言ってもリーダーのぬるぬるサラサラ白膠木簓、岩崎諒太さんの中のR-指定先生に対する理解がヤバイ。声のトーンも全部うまいこと馴染んでいてどう考えてもどつかれたい本舗で道頓堀。そりゃグリコもどつかれたすぎて両手上げるよね。

個人的にどつくよりは騙され転がされたい黒田崇矢さんの激渋具合に脳ビリビリいわされる思い。好きになるしか選択肢なくないですか?龍が如くやるタイミングって今ですか?

ガチめにリーサルウェポンっぽい躑躅森先生の河西健吾さん超良さそうですよね……死ぬほど攻撃力強そうだし一番コンプラ引っかかりそう……MCネームがWISDOM……さては英語……。

そんな躑躅森先生の補足情報、リーダー簓の元相方て……何その鬼エモ設定???

ちなみにこの動画の後半が新ディビジョンの名古屋、大阪パートなんですけど、初めて聞いてからもう心を奪われ、財布を握られる日々です。

どっからどう見てもラスボス丸出しの天谷奴さまが逆に面白くて好き。本当に何度聞いても全部いいもんな……全部が……タッパーで持ち帰ります……。

そして名古屋もすでに超良くないですか?僧侶の空劫さま、生み出すグルーヴバリえぐい。葉山さんは多分お初にお目にかかりましたけど才能……えぐ……。ラップで訳が必要な四十物くん、コーヒー命っぽい天国先生もいいですよね……こんなにも名前が読みにくいのに秒で覚えた。役に立たない難読漢字を勉強できるヒプマイ。

いちオタクが声優さんに対して活舌の良さを褒めるなんてどうかと思うんですけど、歌詞見なくても自然に聞いてて全部頭に入ってくるのがすごい。言葉が音と一体になってピンポン玉みたいにポンポン弾みながら入っていくみたいなイメージ。そりゃ億もスイスイ動くはずよ……。

なんかあと舞台化するそうでアカバネディビジョンというコアにも程があるし、なんかあのなんとも絶妙チョイスにヒヤヒヤ……いや、ヒェアヒェア!(©️EXIT)してます。ちなみに納言の薄幸名人によりますと「赤羽の女は喪服が明るい」との事でした。

 

いや〜〜何かとひっちゃかめっちゃかでもマジ私ってエンタメに支えられて今があると感じた日々でした。

やっぱり楽しく生きましょう。外野の言葉はシカトして人生を生きたいように生きる。所詮は外野。

ひとつ外野に向けて申し上げるなら、人を呪わば穴二つ。誰か人を呪うのであれば、その報いを受けて死ぬ覚悟をお持ちください。そして何気なく投げかけられた言葉一つが呪いとなり、その人の首を絞めて殺す事もあることを忘れてはいけない。

自分の思い通りにいかない人や物に対して、我を忘れてむやみやたらに攻撃するような人として底の知れる浅はかなことがこの世から無くなればいいのになと思いました。失ってから気付くなんてダサすぎ。

 

あとは、物議醸す日プが毎度2時間半超えでちょっと引き気味ながらも食らいついてみてたら、どうしても菅井先生picしたいのにできないというマジの憤りの話、鶴房くんの沼が深い話、月9のシャーロック今のところ最高な話とか、ふぉ〜ゆ〜がつ〜ゆ〜でM-1健闘が激アツな話とか、何度でも言うが宮下草薙はなぜ冠ラジオが始まらないのか?、ハイBiSHの推し見〜〜つけた!(それはリンリ〜〜ン!)など、他にも色々とあるんですがまたの機会に!

何かありましたらマシュマロ、コメントなどお気軽にどうぞ。

イチカにマシュマロを投げる | マシュマロ